どBlog

日々の暮らしをここに記録して未来に役立てよう。

オンライン英会話用のタブレットはどれが良い?

2024-07-09 14:49:28 | What's up?
決める前に確認すべきはお気に入りのスクールがiPad/Android両方アプリを提供しているかどうか。



どどふか研究所Plus

なんとバルミューダ製扇風機「Green Fan」がふるさと納税返礼品に!

2024-07-07 14:51:59 | What's up?
10年前に買ったバルミューダ製の扇風機、音が静かで気に入っていましたが、最近首を振るときに「カクン」と音がするようになりました。

買い替えようとググったところ、なんとふるさと納税の返礼品であるじゃないの!


群馬県昭和村はバルミューダの扇風機を受託生産しているキャノンの工場があるんだって。

さっそくポチって昨日届きました。

機械音も送風音も全く聞こえずとても快適です。



日立ドラム式洗濯乾燥機 BD-SV110CR ドアロックできない

2024-07-07 11:09:44 | What's up?
2019年3月に買った日立製洗濯乾燥機「ビッグドラム」ですが、2024年1月にドアロックが解除できない問題が出たあと、今度は6月にドアがロックできなくなりました。

ロックがかからないと洗濯できません。


購入先のケーズデンキに問い合わせたところ、今回は延長保証期間5年を過ぎているため有償修理とのことでした。

日立のメンテナンス関連会社の人が家に来て調べたら、ドアのヒンジが変形しているため、ロック部分がかみ合わず破損しているとのことでした。

修理代2万5千円と言われましたが、前回も似たような場所でトラブルに見舞われたことから修理の人が社内に掛け合ってくれて無料になりました。

とてもありがたかったです。




【言いたいことがさっと出てくる】自分だけのオリジナル英語フレーズ集の作り方

2024-07-01 08:08:18 | What's up?
Chat GPTと音読さんを使った英語フレーズ集の作り方をまとめました。
この方法だと自分の言いたい事から先に覚えられるので英語を早く習得できます。


もし興味があったらのぞいて見てください。



【誰でも2000万円じゃないでしょ】老後資金の見積もりに必要なこと

2024-06-28 08:50:06 | What's up?
ネットやマスコミに惑わされずに、自分で老後資金の必要額を出す方法を紹介します。



1.自分の余命に見通しを立てる
自分の今の年齢+平均余命+5年で仮置きする

平均余命は「現在xx歳の平均余命」でググれば出てきます。

+5年は長生きリスクです。

「人生100年時代」はマーケティング用語であって、誰もが100歳まで生きる世の中が実現したわけではありません。

2.自分のリタイア年を仮置きする
いつ仕事を辞めることになるか見込みを立てる

3.将来のインフ率を予想する
BEIが将来のインフレ率の先行指標になるのでその値を確認する。
現時点で年率1.5%です。

政府は2%を目指していますが、先行指標が既にそうなっているわけではありません。

4.過去の家計簿を参考に年間の家計費を見積もる
<家計費の分類>
生活費:日々の暮らしに必要なお金
耐久消費財費:車や大型家電の買い替え、家のリフォームにかかるお金
特別支出:親の介護や自分の医療費介護、葬儀、墓じまいなど

総支出=(年間家計費*その年までの累計インフレ率)を余命年+5年まで合算

2025年の累計インフレ率は1.5%
2026年の累計インフレ率は1.5%*1.5%=2.25%
2027年の累計インフレ率は1.5%*1.5%*1.5%=3.375%

総収入=リタイアまでの総手取り見込み+余命年までの年金受給見込額

総収入ー総支出がマイナスにならなければとりあえずOKということです。マイナスになる場合は、家計費を削ります。

削った家計費で暮らせないなら、あといくら必要か?
それが老後資金として年金とは別に必要なお金です。

これが一発で答えが出るわけありません。だっていつ死ぬかわからないんですから。

だから毎年試算を繰り返しながらこの先5年、10年の見通しを立てることが大事だと思います。

一方で、年金を補完する「自分セーフティーネット」を構築しておくこと。
例えば投資とか、副業とかですね。
それと助け合える仲間、家族。ですかね。