試運転 ~TRIAL RUN~

初心者の拘りと見切りが激しい自己責任による鉄道模型軽加工記録

クモハ101-198[トタ冷房5F] 前面窓セル交換,ダミーカプラー取付 (クモハ101-1006[トタ5F-2] 窓セル相互交換)

2018-05-16 21:34:16 | 国鉄/JR101系
再編。

KATO製国鉄101系トタ冷房5Fの種車には当初トタ5F(レジェンドコレクション)を充当した。
トタ5Fは付属編成がクハ101-14+モハ101-4+クモハ100-4でありクハ101形第二次冷房改造車を登場させてしまった。
旧金型車体特有の前面見附も弱点となり旧ムコ3F入替を行い現在に至る。


国鉄101系クモハ101-198(トタ冷房5F)。

トタ冷房5Fの再改装では2両が対象から外れた。
そのうちの1両がクモハ101-78だった。
クモハ101-78は1960年3月製造で内嵌式尾灯車の最終グループに該当する。
※除:クモハ101-82。
一方クモハ101-198は1966年1月製造の外嵌式尾灯車である。
トタムコ3Fに含まれるクモハ101形はクモハ101-17とクモハ101-78で何れも内嵌式尾灯車だった。
編成内の移動が行えずセットバラし品のクモハ101-193(ムコ10F)を導入しクモハ101-198(トタ冷房5F)へ改番した。
ユニットを組むモハ100-252はモハ100-76(ムコ3F)の改装車で側面窓セルにLOT差が生まれた。
Hゴム色温度統一はクハ101-79(トタ冷房5F←クハ100-67:ムコ3F)との相互交換で対応している。


クモハ101-1006(トタ5F-2)。

交換入場では何故か前面窓セルが対象から外れてしまった。
そのためクモハ100-81(ムコ3F)を改装したクモハ100-184(トタ冷房5F)とは前面見附が若干異なる。
内嵌式尾灯に目を瞑り竣工させたクモハ101-197(トタ冷房5F←クモハ101-17)も101系800番代LOTへ車体更新済だった。
クモハ100-184との差異解消で目に止まった車両はクモハ101-1006(トタ5F-2)である。
トタ冷房5Fに組成されなかったクモハ101-78はクモハ101-1006へ改番しトタ5Fの波動用(トタ5F-2)へ充てられていた。
中間組込車のため前面窓セルを振替えても影響は無くクモハ101-198との相互交換を行う。


入工中のクモハ101-1006,クモハ101-198 (トタ5F-2,トタ冷房5F)。

両車を分解し前面窓セルを入れ替えるだけのはずだった。
入場前にクモハ101-198の外観点検を行ったところ1-3位側の側面窓セル窓サッシ印刷が劣化していた。
斑点状剥離が各所で見られる。
2-4位側の修正時には異常が無く比較的短期間で発症したらしい。
クモハ100-198で施工したばかりの窓サッシ補修が工程に加わった。
取り敢えず本題の前面窓セル交換を先行させその後側面窓セルの改修へ移行する。


Hゴム色温度が異なる前面窓セル (101系0番代LOT,101系800番代LOT)。

KATO製101系800番代はHゴム色が濃灰色に変更された。
今のところ中央線快速仕様の最新製品になっている。
濃灰色Hゴムはその後リリースされた鶴見線仕様,総武線仕様に引き継がれなかった。
よって新金型へ改められた後の製品では異端と言える。
Hゴム支持は黄色5号より朱色1号の方が映える。
部品単体同士の差は小さく見えるものの車体に組み込むと意外な印象差に繋がってしまう。
車体色がクモハ101-198とクモハ100-184の前面差異を必要以上に大きく感じさせたと思う。
101系800番代LOT前面窓セルに振り替えられたクモハ101-1006は先に組立て竣工させた。


斑点状剥離が多発していた側面窓セル窓サッシ印刷(1-3位側)。

側面窓セル窓サッシ印刷の補修には時間を要した。
修正はクモハ100-184と同じく油性ペイントマーカーのインクを爪楊枝で塗布する方法である。
但し補修箇所が散在し一気に作業を進められなかった。
角度次第で剥離が判り難くなる箇所も存在した。
作業を終えたと思った矢先に剥離部が目に入るなど効率が極端に下がっている。
インク抽出を複数回繰り返したが外観を見窄らしくさせる要素は潰せたと思う。


クモハ101-198に初装着したダミーカプラー。

現在KATO製101系武蔵小金井区,豊田区仕様はムコ予備00F,ムコ3F(ムコ10F-2),トタ5F-1(トタ5F-2),トタ冷房5Fの4編成が在籍している。
トタムコ3F以降から東京寄,高尾寄先頭車のダミーカプラーが廃止されてしまった。
KATOカプラーのまま先頭に立たせる気にはなれず全編成へマウントレスTNダミーカプラーを採用した。
各車両への施工から時間が経過したせいかマウントレスTNダミーカプラーの老朽化が目立ち始めている。
予備品都合で4編成全ての交換は行えないが順次101系用ダミーカプラーへの交換する。
101系用Assyダミーカプラー自体が設定されておらず準再用ダミーカプラーを起用した。
ATS-B形車上子胴受への交換で捻出された純正胴受にクハ481形300番代用カプラーを組合せている。


改修が完了したクモハ101-198(1-3位側)。

クモハ101-198は101系800番代LOTであり初めて純正ダミーカプラーが装着された。
傾きが著しかったマウントレスTNダミーカプラーは車体と床板の嵌合に気を使わせた。
準再用品とは言え台枠に取り付けたダミーカプラーは剛性が高い。
以後は製品仕様同等に取り扱える。
斑点状剥離が激しかった1-3位側の側面窓セル窓サッシ印刷補修結果はクモハ100-184より上出来だと思う。
少なくとも俯瞰での波打ちは入場前より気にならなくなった。




クモハ101-198 [51T 東京]:前面窓セル交換,ダミーカプラー取付。

101系0番代LOT前面窓セルへ交換され前面見附の印象も変わった。
明らかにHゴム支持の存在感が強まった様に見える。
波動用車両を除き編成単位で揃ってさえいれば101系800番代LOT前面窓セルでも悪くないと思う。
実際にクモハ101-195,クモハ100-805(ツヌ110F:武蔵小金井区借入編成)では気にならなかった。
クモハ100-184を101系800番代LOT前面窓セルに交換し前面見附の差異を解消する方策も採れた。
しかしKATO製101系の初導入編成がトタ5Fだったため明灰色Hゴム支持の印象が強い。
よってトタ冷房5Fには101系0番代LOT前面窓セルを採用している。


クモハ101-198 点灯試験[51T 東京]:前照灯(布幕風点灯化施工車)。


クモハ101-198 点灯試験[51T 東京]:尾灯(布幕風点灯化施工車)。

トタ冷房5Fは表示器用プリズムへ色挿しを施す布幕風点灯化施工編成である。
色挿しはオレンジ色の水性マッキーを用いた。
作業中プリズム先端に触れてしまったため点灯試験を行った。
油性より擦過性の劣る水性インクながら特に影響は無く見える。
白色LEDライト基板装着車の全てに採用しているが耐久性だけは不安要素として残っていた。
施工からかなり時間が経過した状態でも被膜強度はそれなりに保てると判った。
点灯試験に合格しクモハ101-198は竣工を迎えている。




クモハ101-1006 [31E 府中本町西船橋]:前面窓セル交換。

一方クモハ101-1006は101系800番代LOT前面窓セルに改められた。
このまま旧金型車体のトタ5Fへ組み込む組成では勿体ない。
今後全波動用車両(朱色1号)を集約し新たな編成が組成出来るか判断を行う。
当然クモハ101-1006も車両異動対象車である。
一応[府中本町西船橋]幕のまま存置したが転配次第では先頭に立つ可能性も残る。
目立たない存在で終始してきたが前面窓セルの交換が転機になるかもしれない。
ジャンル:
模型
Comment   この記事についてブログを書く
« クモハ100-184[トタ冷房5F] ... | TOP | クモハ101-197[トタ冷房5F] 1... »

post a comment

Recent Entries | 国鉄/JR101系