孫とおじいちゃん,と古希過ぎのダイエット考

初孫が九歳、
二人目が満八歳になりました。

ドブログのブログと統合しました(2009-03-23)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

9月29日(月)のつぶやき

2014-09-30 06:09:36 | Weblog
コメント

30日 +0.9kg

2014-09-30 03:51:06 | Weblog
昨日は1826kカロリーでした。

睡眠二時間で今朝は浮腫んでいます。
午後から血液検査です。どうなっているのやら。


香港で続く行政長官選挙の制度改革をめぐる学生のデモ。
第二の天安門事件になるのだろうか。

中国の言う「一国二制度」は嘘だということが明らかになった。
早速、台湾の馬総統が香港デモに理解を示している。

未解決であるがウクライナ、クリミアのロシアの介入、スコットランドの国民投票。
民主主義の本家と似非民主国家との差を我々に教えてくれている。

ウイグル独立運動を弾圧している中国。
頭の痛い問題だろうが、民族差別が実体化している。

かつての日韓併合が今でも尾を引いているが、ウイグル弾圧は当時の日本以下ではないのか。
漢民族中心の統治のゴリ押しは民主的ではない。
コメント

29日 +0.4kg

2014-09-29 08:20:53 | Weblog
昨日は1642kカロリーでした。

御嶽山の噴火から三日目。
被害の様子が遅々として入らないように感じる。

自衛隊の救助ヘリで搬出できた人数は4人。
多いのか少ないのか分からないが、隊列をなし救助に向かう人々を撮影している。

硫黄のガスで救助作業も中断、自然のチカラと人間の非力さを感じさせる。
下山者の灰まみれ、負傷しながら助けあって下りてくる姿も画面に出る。

なんとも機械力が投入できない山岳事故の悲しさが伝わってくる。
専門家の記者会見でも予知能力の限界を明言していた。

思えば、民主党政権下で事業見直しで火山噴火予知関連予算の大幅カットされたのを思い出した。
御嶽山の24時間監視体制は維持されていたようだが、今後見直し論議が出てくる気がする。

頂上付近で心肺停止で火山灰に埋もれて三十人が一晩放置された。
もう遺体になっているのかと思うと残念に思う。
コメント

9月28日(日)のつぶやき

2014-09-29 05:36:40 | Weblog
コメント

28日 △1.0kg

2014-09-28 08:30:24 | Weblog
昨日は1954kカロリーでした。

木曽の御嶽山の突然の噴火。
NHKは独占実況状態だった。

水蒸気爆発だったそうだが上空からの映像。噴煙は恐怖心を与えるに十分だった。
負傷者の情報も半日を経ても十分ではない。

救助も人力でしかできない。
ヘリコプターも粉塵。噴煙の中では飛べないのだろう。

自然の中での人間の非力さを感じているのは私だけだろうか。
安部首相の帰国直後に自衛隊の投入指示が出た。

瞬間大げさなと思った。
今朝の行方不明者、負傷者数を聞くと大惨事なのだなと思うが、かつてのJAL墜落事故時の自衛隊の貧弱な装備を思い出してしまう。

広い山腹に点として存在する負傷者を発見するツールを装備しているのだろうか。
隊員同士が離れていても情報交換できる通信手段を持っているのだろうか。

山岳専門救助隊は警察の方が強力なのではないだろうか。
首相の自衛隊万能主義に見える行動に疑問を感じている。
コメント

9月27日(土)のつぶやき

2014-09-28 04:57:19 | Weblog
コメント

27日 +0.1kg

2014-09-27 06:51:26 | Weblog
昨日は1759kカロリーでした。

また相撲について書かねばならない。
逸ノ城が新入幕で初の横綱戦で勝ってしまったのだ。

稀勢の里戦と同戦法だった。
場所前の稽古で歯がたたない鶴竜戦、当日の朝から変化を予定していたという。

極めて下位力士の思考としては健全な選択だ。
対戦相手の鶴竜は強い「あたり」を想定していたのだ。

また、相撲界では胸を借りるものは全力で「あたる」ことを常識化している
ここに逸ノ城は風穴を開けた頭脳プレーなのだ。

今日は白鵬戦だ。
今日も変化するのだろうか。

勝てば百年ぶりなのだそうだ。
逸ノ城を見ていると、自然児の言葉が浮かぶ。

人間の本来持っている自然に対する能力が発揮されているように思う。
コメント

9月26日(金)のつぶやき

2014-09-27 05:09:24 | Weblog
コメント

26日 +0.3kg

2014-09-26 06:58:58 | Weblog
昨日は1888kカロリーでした。

黙秘を続ける女児小学生殺人容疑者。
テレビ報道で、みな探偵気分にさせられる。

仕事もせず何年も酒浸りの人生、に見えてしまう。
性格異常者が誰にも咎められず生活できているのだと思ってしまう。

元自衛官の肩書だけがクローズアップされ、自衛隊関係者は苦々しく思っているだろう。
メディア編集者も芋版的見出しの言葉選択に意を配って欲しいものだ。

見出し、それだけである種の先入観が刷り込まれる。

コメント

9月25日(木)のつぶやき

2014-09-26 04:16:40 | Weblog
コメント