孫とおじいちゃん,と古希過ぎのダイエット考

初孫が九歳、
二人目が満八歳になりました。

ドブログのブログと統合しました(2009-03-23)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

30日 △0.4kg

2009-11-30 07:29:44 | Weblog
昨日は完全休養日、1609kcalでした。

十一月も今日まで、間食止めて体重が前日比マイナスを示す「日」が多くなってきました。

円高対策、政府の姿勢は少し遅いかなぁ。
総理の相続対策は生前贈与にして税金を払っておけば良いものを。。。

しかしお母さんの出身家、石橋さんは創業者だけあってスケールが違うなぁ。。。
コメント

番外 モールス通信。。。

2009-11-29 14:49:53 | Weblog
先日本ブログで無線のことを書いたら、かつての同僚からメールをいただきました。

彼は戦後まもなく無線電信を専門に仕事に従事し、南極越冬隊員でもありました。
この時の故福島隊員の遭難事故に纏わる話は胸が詰まるものがありました。

ここに彼のメールの全文を彼の了解を頂き、アップします。

この度は無線会の会長ご就任おめでとうございます。
ご苦労様です。
 マルコ二ーの話から、私のトンツー人生を振り返りました。

 ①昭和23年、大阪普通逓信講習所京都太秦支所入所。
  (満13歳)他は復員兵。いやいや大変な時代。

 ②全国で不足している電信要員の早期育成。教養科目の
  ほかは通信実習。教官が4段抜きの新聞記事を30行ほど
  送信し、それを暗記受信、正解しないとトウモロコシのパン
  が食べられない。これこそ必死。おかげさまでいつも食事にあ
  りつく。 動物の本能かも。

 ③昭和23年12月から中舞鶴郵便局に配属。
   昭和26年~28年まで、東舞鶴電報電話局でナホトカか
   らの引き揚げ者の名簿受信(高砂丸から長崎無線へ無
   線で乗船者名簿の送信)陸線で長崎無線から東舞鶴電
   報局へ転送、それを受信。報道各社へ配信。全国紙に
   引揚者の名簿掲載。 ここが「岸壁の母」(故人、端野せい
   様)の舞台。

 ④大阪中央電報局(有線トンツーマン約3千名)で数十万通
   の電報を送受信、小生、北浜の証券会社との担当課に配
   属され、印刷電信(テレタイプ)で送信側は1日中送信、受
   信側も同じ。30分に1度、異常なしとの合図、電鍵でトント
   ンと知らすのみ。
   トチルと即交替の指示。意地でもそうされないように。
 
 ⑤1969年、11次隊として南極へ。トンツーが全ての連絡手段。  
   担当2名で12時間交替。
   一人が調査旅行に出ると、一人が24時間ワッチ。
   併せて、2KW~5KWの短波送信機3台(特注で日本に1台し
   かない)の整備保守。 28波自動切換え。 
   これがトラブルの連続、異常発熱で架内配線火災、予備機な 
   しの日々。胃潰瘍気味の連続。通信運用では、外国基地と
   のデータ交換通信、銚子無線を介し文部省へ定期データの送
   信、家族への電報送受信など、南極活動の生命線。
 
 ⑥現在、第51次隊が南極へ向かっています。インタネットの進展 
   で越冬生活は激変。トンツーもなく、夕食後の一家団欒の時
   間もなく各隊員自室に篭るとの事。隔世の感があります。
  
   一体感の欠如と、ある隊長が一言。

以上

モールス通信は今や商業通信から一線を退きました。
1991年にはFGMDSS(遭難通信、SOS)でモールス信号の受信義務が海上通信からなくなったからです。

今、アマチュア無線でモールス通信を楽しむ人がいる程度になりました。

かつて彼と千葉県銚子無線局周辺を歩いている途中、「美空ひばりさんが亡くなった。」と彼が言いました。
不思議に思った私が聞くと、アンテナ碍子からでる火花が、モールス信号で南極昭和基地向けに新聞伝送している中身が聞こえたから、と言ったのです。

子供の時に鍛錬した「耳」の能力には驚きました。
テレックスの機械音でも字が見えると言うのです。
流石全国モールス通信競技会の上位入賞者はいくつになっても忘れないのだな、と思った。

プロの耳、とつくづく思ったものです。

コメント

29日 △0.8kg

2009-11-29 07:28:22 | Weblog
昨日はゴルフ、2060kcalでした。

暖かく絶好のゴルフ日和でした。
が、三ホール目で左に引っ掛けてからスイングできなくなりました。
お師匠さんのY氏によれば、ハンドファースト過ぎるとのこと。

修正を図ろうとするが改善できず。
ティーショットだけが調子よく、救いでした。

ふてくされて帰宅した自分を反省しました。
コメント

28日 +0.1kg

2009-11-28 04:45:26 | Weblog
昨日はウォーキング、1900kcalでした。

政府の事業仕分けも最終日。
私の目には民主党の自画自賛のスタンドプレーに見えました。

可視化されたことは良かったが、判断が稚拙だ。
今後は政府が判断するそうだが、数字合わせに終始しそうな予感がする。


今日はゴルフ。
行ってきます。
コメント

27日 △1.2kg

2009-11-27 07:09:20 | Weblog
昨日は会議で都心へ、電車ではつい座ってしまう。
1769kcal。

昼食はホテルのラム料理、コンテストで優勝とのお店のお薦めで注文した。
ここはお坊さん達が多いホテルなのに。。。

精進料理の昼食弁当が正解だったかなぁ。。。
久し振りにH先輩父子、後輩のT君との会食。

話題は老人の健康問題が中心、だが最後にH氏から本音の話がT氏に。
T氏、即答しない。
流石にみな老獪になったなぁ。。。
もうこの付き合いも半世紀近いなぁ。。。

コメント

26日 △0.8kg

2009-11-26 09:47:29 | Weblog
昨日は完全ダウンの一日でした。それでも三食1719kcalでした。

やはりスパコンは学者を怒らせましたね。
あの女性議員、来期は落選させねば。。。

日本人の見識が問われる。
テレビに出ていたら特権階級なのか。。。
新しい電波貴族の出現のようです。

昼に都心で会議です。
暗い話で終始しそうな予感が。。。
コメント

25日 +2.4kg

2009-11-25 09:58:03 | Weblog
昨日は仕事が無線だった元会社の集まり、カロリー不明です。

この集まりは、若い頃事務方をし、おじいさん達の集まりと思っていました。
が、ついに会長を引き受けました。

あんな爺さんになったんだ。。。
と指名された途端思いました。

マルコニー、トポフらが電波の存在と利用技術を確立して100有余年。
コモディティ化したものです。
我々の時代は移動通信の大衆利用の黎明期、准ミリ波の実用化の時代でした。

大阪万博で裏方で働いたのが懐かしい。
世界に先駆けて大衆利用の道を開いた、と思っています。

今や電話機はコードレスが当たり前、携帯電話は子供でも持て居る。
金持ち向けの商品開発をしていると会社から、組合からも非難されたこともあった。

昨日の百人を越す参加者も傘寿を過ぎた先輩諸氏も数十人居られた。
マイクロ波を浴びると女の子が生まれると言われていた。

お前は息子達ばかりだから仕事をしていないんじゃないかと、先輩諸兄から言われたものだ。

昔の若さに戻ってしまい二次会まで痛飲してしまった。
アルコール分解のため多量の水分が身体に残っているらしく、記録的な体重ジャンプだ。

後輩の方が心配して家までタクシーで送ってくれた。
「毎度すみません。」

案の定風呂の口火を消し忘れ、窓の閉め忘れ、早速義妹のお小言のメモが食卓にあった。

コメント (2)

24日 △0.8kg

2009-11-24 06:37:58 | Weblog
昨日はウォーキング、1656kcalでした。

大相撲の中継、空席が目立ち過ぎますね。
なぜか暗い年末を想像してしまいます。

スパコン研究費カット、理系総理・戦略相が見直し発言。
仕分け作業担当者たちの科学音痴ぶりに少々情けなくなりました。
特に女性議員。
性格悪そう。。。

今夜は無線の職場を経験した人達との年一回の会合。
呑み過ぎないように注意しよう。。。

100人くらい集まるのかなぁ。
コメント

23日 +1.1kg

2009-11-23 06:46:40 | Weblog
昨日は雨、買出しだけで1648kcalでした。
鍋をしたので塩分多かったかなぁ。。。

体重ジャンプでした。

今日は結婚記念日。
仏壇にお参り、入念にするだけだなぁ。
コメント

22日 △0.8kg

2009-11-22 07:29:59 | Weblog
昨日はゴルフ、1742kcalでした。

間食を止めた効果がそろそろ出るかな。
昨日はプレーはいい方でした。

Y氏の一言がヒントになり飛距離も出てきました。
スイングアークの中でボールがある。
と言うモノです。


プレー後23日の41回目の結婚記念日を迎えるので、亡妻の墓参りを。
風呂にも入らず帰路につきましたが、八王子市内に入る所から渋滞。

「いちょう祭り」の日だったのです。
甲州街道は大勢の人。
野外に物売りの声が響く。

墓まで数珠繋ぎの車列。
いつもなら十数分のところを一時間半。

手洗いに飛び込み、お花と線香を求め、お墓を清掃しお参り。
「41回目なんだ。」

しばしの感慨。
八王子界隈の山の木々も紅葉して居る。

自分達の結婚式を思い出した。
あの日も快晴だった。

亡妻も22歳。
綺麗だった!!。
コメント