斑尾の住人

斑尾の開発当時から居座っている人間の裏話。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

斑尾山麓開発の成り立ち 12

 | Weblog
菅平方式による提供予定地の現状について

 妙高村
  予定地の大半が官行及び公団造林地となっていて、この解除手続きを村において進めているが、
  官行造林地については、46年3月、林野庁が6月解除の方針を決め融雪をまって現地の細部調査を実施する旨連絡があった。
  また、公団造林地については、林野庁の方針に従うという事になっている。

 信濃町
  当初予定していた町有地が地形的にみて難点があるということで、古海地区の民地を提供する方針を固め地元調整を進めていたが、
  民地を町に寄付する方向が決まり近くその範囲を決定し、所有権移転の事務を早急に進め、
  5月に寄付の議決をしたいとの意思表示がなされている。

今後の方針

  42年度に着工した飯山地区について、45年度までに、この取り付け道路約10,5kmが完成し、
  地区内幹線の一部も実施されていて、その投資額も5億円に達している。このため効率投資の観点から、
  46年度に約333ha(10万坪)の分譲を行う計画になっているが、円滑な分譲業務を推進する意味からも、
  スキー場計画を含めた全体計画を早急に策定するとともに、基幹道路を早急に開設する必要がある。

  このため、6月県議会をめどに、妙高村、信濃町の寄付受納を進め、47年のシーズンには、
  1期計画のスキー場を完成させるよう強力に進めるべきと考えている。

    このように、報告されています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« リトマス花 ? | トップ | 斑尾山麓開発の成り立ち 13 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
斑尾が2スキー場であるわけ (モリジ)
2015-07-01 08:48:39
なるほど、それでこの立派な斑尾山と云う資源が2つのスキー場に分断されてしまったのですね!
今年はようやく(安価で)2スキー場のシーズン券が販売されるようですが、とにかく2つにわけられている事でのデメリットは計り知れないほど悪い影響を与えています。
もちろん経営母体の違いが両スキー場共存の弊害であるのでしょうが、「志賀高原」のように妥協する事は出来ないのでしょうか?

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事