斑尾の住人

斑尾の開発当時から居座っている人間の裏話。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

逢える楽しみ

 | Weblog
19日の日曜日、madar abbit さんといつもの仲間、とそのお友達が
斑尾からのスキーからの帰る時、恒例の・・・? 餃子昼食・・・?に立ち寄って下さいました。
  この仲間の集まりは、斑尾高原の応援隊とも言うべき方々なのです。
週末になると斑尾人となり、斑尾高原をくまなく徘徊している・・との情報も・・・。
  とにかく、食べることが好き、飲むことが好き、・・・のようでありまして
とにかく嬉しいのは、”斑尾高原が好き”という方々なんです。

  ブログを拝見すると、食べ歩き・飲み歩きの日々が?・・・多いいような気がするのは、おらっちだけでしょうか・・・・?
 
冬のシーズンは、スノースポーツがとりあえずメインではあると思いますが
   餃子を食べながらの話題のなかに、スキーやボード・ゲレンデ状態等の話を
おらっち未だにしたことはありません。

   この間も、飲みすぎてませ~ん。の一言から・・・大笑い!!。
madar abbit さん曰く、そんなにのんでませんよ~ 週3日くらいですから・・・
     って
   ほんとに、そんなに飲んでない・・・間隔? と 言える私ではありませんが・・・

  一緒にいらしたトルコのお友達のおみやげ 「イエニ ラク」ご馳走様でした。
 ライオンのミルク はまりそうです。

  スノーシュートレッキングが楽しめる時期になりました。
美味しいパン・おいしいロゼワイン・おいしいハム、ソーセージ・おいしいチーズ
 持って、みんなでわいわい ちょっといつもと違った…
         
         「春を迎えに大人の遠足」
                         企画考えてま~す。
 もう一杯 ラク飲んで・・・・ です。
コメント (5)   トラックバック (1)

予想外

 | Weblog
今日、あることの打ち合わせで某協議会の会長さん家に向かう途中
        思わず車の中で "あッ・・ぶねえェ~”  と大声。

前方では、斜面に溜まった雪のカベが雪崩ないように
    斜面の雪を機械を使って除去する作業中
 道路から5mくらいの高さの所に、雪でステージを作り
    そこにバックホンを上げ、そこから上にある斜面の雪を除去する作業です。
  と  その時
    上の雪のカベ  幅10mくらい 縦2mくらい 雪の厚さ60~70cm
  が滑ったんです。
 バックホンに向かって!!
       勢いでバックホンもステージの上、2mくらい押されて
   ステージの端ぎりぎりで止まり、落下、横転は免れました。
バックホンのオぺレーターは、機転良く外に飛び出し事なきを得ました。

  作業の人に、あっぶなっかったな~ ッて話しかけたら
     去年は、バックひっくりかえっちゃったんだ~・・・いやなとこなんだ~
   だって・・・・・。
でも、去年のこと あるし、慎重に安全に気をつけて
     去年の経験を活かしての作業だったと思うけど
 何が起こるかわかんね~よな~。

   危険との中で、道路の安全確保・・・・・ごくろうさま・・です。

  でも、びっくらこいたで~。

 今年は、これからの時期斜面の雪ずれやすい・・・かも。

   今日はまた、気温高かったもんな~ 日中 15度くらいだったとちゃう~。
コメント

希望湖スノーシュートレッキング

 | Weblog
先週の雨交じりの天候の時は、週末をとっても心配してたけど
   最高の天候となりました。
  斑尾高原を訪れて下さったお客様は、とってもいい条件でスノースポーツを楽しまれたとおもいます。・・・・・いかった、いかった。

  観光協会が運営している”まだらお高原 山の家”のネイチャープログラムで
今日は、希望湖方面のスノーシュートレッキングの日です。
 朝、10時近く 10名ほどの参加者が期待にワク・ワクといった表情ででかけていきました。
  きっと、今まで見たことがなかった自然の中で、新しい発見してくれると思います。
  今だと、希望湖の上、歩けるんだよ~。
  氷が張って歩けると想像すると思うけど・・・
           本当は、雪がシャーベット状に固まり、その上に雪が積もり硬くなってるんだ。
 希望湖って書いて、「のぞみ湖」って呼んでます。
           本当は、「沼の池」という名前です。
むか~し・むか~し・その昔、この周辺には人が住んでいて、地名を「沼部落」って呼ばれていた そ~な。
   そして、その奥にある「沼の原湿原」にあった集落を「奥沼部落」と呼んでたそ~な。

  沼の池は、山の下にある飯山の地域の灌漑用水の池として、なが~い歴史があるんです。

  周りの自然や歴史にも想いを馳せてのトレッキング・・・たのしいよ~。

おらっちも、時間があればいきたかったよォ~。
  歴史の話、 ちょっと長いんじゃ~ないですか?  ってくらいしてあげるのに・・・。

おもしろい話、聞きながらのトレッキング・・・ガイド承ります。
                       おらっちのガイド名    ジョッシュ・T・寺瀬  
かっこよすぎる・・? 
実際逢ったら・・・・おじさ~んじゃぁ~ん。イメージ違うじゃぁ~ん    てか・・?       


沼の池の おはなし。
あるじの独り言 その8
コメント (5)

兄弟

 | Weblog
おらっちの兄貴、
  兄貴って言っても何の関係の兄弟分じゃ~ねえよ。
 血のつながった いわゆる”兄ちゃん” ここんとこ毎日ヘリコプターに乗ってたらしい。  NHKとかテレビのニュースにも顔が出たり、インタビューにも答えたり・・・・
  おらっちの兄ちゃん、結構有名人で・・・・ひょっとしたら芸能人・・・?

ちゃうちゃう、おらっちの兄ちゃん、八ヶ岳の遭難救助隊の隊長さん。

  ニュースで報道された遭難騒ぎ・・? なだれでの遭難。
連日の捜索作業とのことです。
    二重遭難とのニュースでは・・・・ドキッ    即連絡。

 兄ちゃんは根っからの山男・・?なんです。
でも、少しの期間ペンションなんかもしたんですよ。
       でも、山の上の方がいいらしく、現在は山の中腹で山小屋してます。
  蓼科山のふもと、大河原峠にて大河原ヒュッテってのをやってます。
キャッチフレーズは、
   古い山小屋ですが、心で対応、酒で対応、
      八ヶ岳最北端の小屋  
           大河原ヒュッテ
   一応、肩書きから言っても八ヶ岳は北から南まで、目をつむっていても歩けるらしい・・・・兄ちゃんは仙人か?

  兄ちゃんって言うくらいだから、おらっちより年は上だよね。
体に気をつけてがんばってほしい・・よ。
   自然をあなどるところは、絶対無い人なんで安心だけど。・・・でも一人でふら~とチベットなんかに行ちゃってヒマラヤなんかを歩いてくる人だから・・・姉さんは心配だよね。

  おらっちは早くから家から離れてしまったけど、兄ちゃんと姉さんにはいろいろ世話かけてます。もう空の上の人になっちゃった両親の事も・・・

  お互い好きなこと出来てるんで・・・いつまでもよろしく。

晴れてると兄ちゃんの小屋から、おらっちの住んでる斑尾山も見えるんだぜ・・!!
    直線距離にして、約82.5kmのところなんだな~。

斑尾山からも、根子岳(2128m)の西の裾野の向こうに蓼科山(2530m)は見えるんですよ。
       その左に北八ヶ岳がみえ、根子岳の左の四阿山(2354m)のはるかかなたに富士山があるんです。
     斑尾山から富士山までは、直線距離 約170kmです。
コメント (6)

平謝り

 | Weblog
天気予報 あたりです。
朝から昼くらいまでは暖かくとってもいい天気
 2時くらいから、5時くらいから、現在6時ちょっと前”どしゃぶり”

 とってもいいやつ”相方”からチョコ もらっちゃったも~ん。
     おらっち、その気持ちがうれしいで~。

 昨日の夜は、ちょっとちがった気分でJAZZ聴きながら考え事してたとき
10時くらいに、あちゃ さんから、
      今から飲みに行ってもいい~とTEL
 ごめん・・・・今日 もう閉めちゃった。
ほんとに、本当に、ゆるしてチョンマゲ

   今日はいいよォ~。
   酒でも飲んで・・・語ろうじゃん。   あれも、これも・・・! 
コメント (3)

斑尾高原の「スター・ダスト」

 | Weblog
2月13日の斑尾高原はで、夜は満月。
  おらっちの”JAZZY”は開店休業状態。  心は

こんな夜は、久しぶりにゆっくりJAZZでも・・・・聞くかって。
  満月の光で、星はすこし影が薄いけど空一杯。
スタンダードナンバーの
   ”スターダスト”なんかのんびり聴いちゃォ。
スターダストを10ものバージョンで・・・・どれも・・いいな~

   この曲、聴けば誰でもって言っていいくらい知ってると思うけど、曲のいろんなこと話せば、へェ~ そ~なんだ。 そ~いうことあったんでロマンチックな曲なんだ。などいろいろあって、それを含めて聴くと想いがその都度変わるんよ。

おらっち団塊世代の少年時代のテレビシリーズに、今ではまったく見られない西部劇で”ララミー牧場”という人気シリーズがありました。淀川 長治さんの解説が最後にあり、「来週またお会いしましょ、それではさよなら、さよなら」ってにぎにぎしてたんだよね。    (ガッツのOK牧場ではありません。)
  放送は、1960年6月23日から1963年3月14日までで、主演の「ジェス・ハーパー」役のロバート・フラーなんか日本で人気者になり来日もしてるんだよ。
  この牧場の「爺や」で出ていた人、覚えてる人いるかな~
     なんとなく記憶にあるな~   ってひと多いいと思うけど・・・・団塊世代の中だけど。

  この「爺や」を演じてた「ホーギー・カーマイケル」(1899~1981)って人が作曲者なんです。
ホーギー・カーマイケルは1899年11月11日インディアナ州ブルーミントン生まれで、大学で法律を学び、法律事務所を開く為にマイアミに恋人のドロシー・ケイトを残し旅だったんだよな~。久しぶりに帰郷してみるとドロシーはすでに別の人と結婚。母校のインディアナ大学の石垣に座って星空を見上げ恋人のことを思っているうちに心に美しいメロディーが生まれ、それを曲に仕上げようと、学生達が集まる”ブッフ・ヌック”というレストランにピアノを借りに行ったんす。
  そして、数時間後に「スター・ダスト」が完成されました。
曲が出版されたのが1927年、2年後の1929年にミッチェル・パリッシュによって詞が書かれたんですよ。

  曲の中では、彼が座った石垣はガーデンウォールとなっているが、その石垣の呼び名は、「ラバーズ・ウォール」というオシャレなネーミングになってます。

  おらっちだってロマンチックな気分になることだってあるんだよ~。

 おらっちが聴いたリスト と スターダスト物語
「あるじの独り言」 その7
コメント

春を想う

 | Weblog
雪だ! 雪だ!雪がどうした、こうした。
   なんていってるうちに春への変わり時期の2月の3週目に入ってしまいました。
   やはり、昔からの言伝えのように、明日は南からの暖かい風と共に
 午後からは、まとまった雨・・・とか
   今年は雪の降り方だけは良くあたった天気予報は 言ってます。

いつものシーズンだと・・おいおい、もう雨かよ・・まだ2月だぜ
        なんて言いますけど。
   今シーズンは・・・ちょっと雨でも、南風でも吹いてちょっと雪溶けてくんな~い
            なんて思ってしまいます。
  スキーやボード楽しむお客様の前では、決して言えない事ですけど

  と、言ってるんですが
もうすぐ春が来るんですよね。
  冬のシーズン、半分済んでしまってるんだから
冬が厳しいと春を待ち焦がれる、昔の人の気持ち・・・解るな~。

  白い自然を、ず~と見てると、あの新緑の自然が、違う世界のように思えるよね~。

  まだまだ雪一杯のこの時期でも、雪の下は確実に春に向かって植物は準備してるんですよ。

  飯山市の市の花は雪ツバキです。
          新潟県の県の花も雪ツバキ なんです。
斑尾高原の山の中にも雪ツバキはいっぱいあります。
  本来、暖かい地方の植物である「雪椿」がどうしてこの雪国で生き延びていられるんでしょうか。
  雪椿の木は柔らかく柔軟なんですよ。 ですから雪の重さに折れること無く雪の下で雪が溶けるまで冬眠してるんですね。

  雪の下は、暖かいんです。  雪の「かまくら」に入ってるんです。
斑尾高原には、いろんな樹木や草花が・・・いぱ~い あります。

  春はまだかと・・・その日を待ってるんだよね。
残雪の中に咲く、水芭蕉、萌黄色の芽を開くぶなの木やカラマツの木
  機会みつけて案内します。      おらっちネイチャーガイドだから。

           いろんな、話しながら・・・     でもいくらなんでもこの話はちょっと早いか・・・。

まだまだ  雪は降るでよ。

 「あるじの独り言」 その6
コメント

除雪と歴史

 | Weblog
本日、雪の晴れ・・?間をみて除雪機のオイル交換しました。
  考えてみると、今年はいつもの年の倍以上機械まわしてるよな~。

おらっちだって倍以上機械と共に歩き回ってるんだから・・・・えらい!!
  今日はよくやったって自分には毎日オイル継ぎ足していながら
  相棒には忘れていました。
が、本日気が付きやってやったことは、おらっちも機械思いだな~。
        (本当は無ければ困るから・・・・)       
  
もし相棒無かったらどうなっているんだろう
            考えると  ぞ~とするよね。

でも、
 おらっちが、斑尾に住み始めた頃は、こんな機械無かったし、あってもちいちゃくて、おまけに、値段も高かったし、性能も
今ほどではありませんでした。
  雪も今よりは平均的に多く、
では、その当時、家の周りの雪はどうしてたでしょう・・・・か。

  朝は4時頃に起床し、除雪車が来る前にスノーダンプ(決して雪を運ぶダンプカーではありません)
  手押しで雪を運ぶ…すぐれもの・・?    そんな説明要らんワイって言われそうですが・・・

  そのスノーダンプにて全て道路に出していたんだよな~。
それを、除雪車に持っていってもらってたんです。

では、何故、雪の日除雪車が来る前に起床し、毎回それが必ず出来たんでしょうか・・・?
  1  年齢が 20代   だった。
  2  斑尾高原に宿泊施設が少なく、お客様も少なく、他に仕事が無かった。
  3  当時の除雪車は、キャタピラのブルドーザーのために、除雪車の出動と共に、その振動が地震を思わせ、目がさめた。

  現在は、タイヤドーザーのため、振動が無く知らないうちに除雪が済んでしまいます。
   年齢も・・・・そうとう往ってます。
   仕事も増えてます・・・・?   (酒飲みすぎると起きれません)

ブルドーザーの振動は、考えられないほどすごかったんだよ~。
  当時、これのために家の壁にひびが入ったこともあったんだよ~。

  たまたま、おらっち設計した人が宿泊していて、この揺れに自分の設計したボイラー室が爆発した夢と重なり、いきなり地下まで夜中に飛び降りて行った事もあったっけ。

 それと、おらちの横だって、玄関の近くまでアーチェリーの谷が入り込んでいて雪かきには楽だたんだよ。
  今のタングラム方面への道路は、”85年におらっちの横を埋め立て造ったんだから・・・。
   いろいろあったな~。      ちょっと歴史。
    
コメント (2)

お願い。

 | Weblog
またまた、雪の話ですんません。
  昨日から今朝にかけての雪は、天気予報ほどではなっかったけど寒かったぜ。
 窓ガラスが、朝ガチガチに氷状態になってたんだから・・・。
この冬、一番の冷え込み・・・ってのは本当でした。
  今夜も、冷えてます。
 現在、外はマイナス7度になってます。
昨日からの、お客様、ありがたいお客様ですが、・・・・ちょっと疲れます。
  予定が、毎日決まっていません。
明日の朝食・・・・・なんと6時ですぜ~。    おらっち、5時起きだよな~  で  まだお客様の相手してるんだよ。
  でも
  こんな毎日だったら  おらっち、死んでしまいます。
商売だから・・・毎日でも・・・いいけど・・・

  そろそろ、時期的に天気も落ち着くころです。  この週の雪が・・さいごっぺかも。  希望的観測です。

    そろそろ、得意な分野  語り始めるかな~   明日早いんだから早く寝ようよ。
             お願い。

      
コメント (3)