斑尾の住人

斑尾の開発当時から居座っている人間の裏話。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

斑尾のあゆみ

 | Weblog
斑尾高原に住んでたり、お客様として何度もお越しになられたり、斑尾が好きでまた気に入ってくださり、余暇を斑尾にベースにしてしまったりの人たちが
 ブログの中で、好きでたまらない斑尾ってどんな成り立ちで
          どんな育ち方してきたの・・?
な~んて
     の書き込みご意見、要望がありました。

  と・・・なると・・おらっちの出番であります。

  今までも斑尾高原の歴史を・・それなりに紹介してきましたが
         とにかく・・筆不精ってやつ・・・でも何とかしなくっちゃ・・記憶が問題になります。
    おらっちの場合、アルチュー(アルコール中毒)ハイマー・・・が偲び寄ってますので・・・。

  何から始めるかって・・・・どんな感じで作るのがおもしろいか・・・
     単なる斑尾高原または斑尾高原スキー場の年表で・・いいのか~。

 そもそも、斑尾山山麓の開発計画が浮上したのは、昭和39年 1964年12月のことであります。
    昭和39年といえば、
             第18回東京オリンピック・ 東海道新幹線開業・ 飯山市は市制10周年を8月に向かえていました。
    この年の6月には、新潟地震もあったんです。
 44年も前のことで
           今ブログに遊びに来てくれている方の何人かは、この世に誕生していなかったと思うんです。

  世の中は、みゆき族だのトップレスだので・・翌年にはアイビー族、原宿族などが出始めた時代です。

    こんなことまで知ってる・・おらっちはいったい本当の年齢は・・・幾つだ~。
コメント (2)

反省

 | Weblog
天の神様・・?は、私達の願いを正直にお聞きくださるようで
   恵みの雪を希望どうり・・? 下さいます。

  シーズン初め期間、斑尾人は
    もうちょっと寒くならなくちゃ・もう少し雪欲しいよね・これじゃ又4月のスキー大会は中止か?
    なんて、

   天の神様のことなど忘れ、

 いくら降っても、天のバケツの水がなくなりゃ・・・それまでさ!!
酒飲みながらいい加減なこと言ってたのを、今になって思い知らされてます。

 一昨日からの天気は何だったんでしょう。スキー場のリフトは全面運休
   おらっちは、朝から晩まで雪かき。

 おらっちはまだいいです、スキー目的に来られたお客様は、天候のせいとはいえ
   あんまりの天気。

  自分勝手なことを言わず、雨・雪・太陽・気温・風
       全ては成るがまま、自然は人間がどうする、こうするじゃなくて
  その、恵みに感謝するものだな~
       そして、自分のサイクルを合わせるものだな~  なんて思いました。
コメント (3)