斑尾の住人

斑尾の開発当時から居座っている人間の裏話。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

寺瀬のルーツ

 | Weblog
昭和45年(1970)に発行された「信濃の街道」という本があります。
  須坂市出身、吉原澄悦(よしはら すみよし)という人の著書で長野県を通る街道を1年間かけ自ら歩きながら、街道が持つ歴史を振りかえりながら、その風景を切り絵にしまとめた本であります。
  切り絵の数は、54にもおよびます。
街道は、中仙道・甲州街道・北国街道・善光寺西街道・三州街道となっており
    中仙道は、碓氷峠から塩尻峠を越え木曽路まで
    甲州街道は、蔦木宿(富士見町)から佐久街道の野辺山原
    北国街道は、海野宿から松代、須坂、善光寺(長野市)、柏原(信濃町)      谷街道(飯山)から越後へ
    などが描かれています。

  その中の、谷街道・飯山の文章の中に飯山のことを、お寺さんの多い町・仏壇屋さんの町・綱切橋のヨシズ・雪国特有の雁木などが紹介され、

 昔、戦国の世に、寺瀬某なる男が武田軍の従って飯山に来たが、戦争の悲惨さにいや気がさして、明昌寺裏の栗畑に隠れ、のち愛宕町に住みつき、彫刻や絵をものしていた。その子孫が正受老人(近世臨済禅の中興の祖といわれる白隠を導いた人)のすすめによって、京都からひな形を取り寄せ、仏壇を作り始めたという話を私は聞いた。これが飯山の仏壇作り発祥の一説であるが・・・

  という文章があります。
 
この寺瀬なにがしが、おらっちの家の先祖であります。
  甲斐の国、寺瀬の里の出身といわれ、寺瀬の屋号は「甲府屋」です。
   歴史をたどると、寺瀬なにがしは、寺瀬重高とあります。飯山に来た年はハッキリしませんが、1684年の正月に没となっています。
正受老人(1642~1722)の勧めを受け、仏壇を始めたのは3代目の吉太郎と思われます。
   戦国の世に正受庵は荒廃しましたが、それを再興したのが山岡鉄舟(1836~1888)です。年代は解りませんが正受庵との関わりから、山岡鉄舟が寺瀬の家に宿泊し、その礼として残したという書が残っています。

 江戸終期から明治・大正にかけては、祖は彫刻にて名を馳せていたようで、栄村箕作(さかえむらみつくり)にある常慶院という寺の山門前の仁王像は、祖の作で荷車にて2日かけ運んだと伝えられています。
 この寺の山門は見事なもので、北陸の陽明門とまでいわれるほどで、NHKの「行く年来る年」の中継にも使われたほどです。

 次の大河ドラマの主人公「山本勘助」も武田の間者としてこの寺に宿泊したという話もあります。弘治3年(1558)6月の末のことです。   

寺瀬の家は、おらっちの息子で19代目になり、380年ほどの家系になります。
    寺瀬の姓は少なく、全国でも75前後の世帯数のようです。

 寺瀬という姓の人、何かでこのグログ読んだら連絡ください。
    どこかでツナガリあるかも・・・・・

  
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 花と歴史の沼の原 | トップ | マウンテンバイク・ピクニック »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ほう~っ、由緒正しきお家柄! (なおっち)
2006-05-22 23:40:29
寺瀬家が「甲府屋」さんてーのがやっと解りました!

何で甲府屋さんなんだろう?と不思議でした。

おいらの同級生にも寺瀬君つーのがいたけど

飯山だから親戚だろうか?ナオアキっていいましたなー

思うけど・・・。 (あちゃ。)
2006-05-23 22:18:57
「本」出せそうですよね(笑)

このBLOGの内容って!!!



私の先祖はどんななんだろ~・・・
そうです。 (おらっち)
2006-05-24 21:18:27
なおっちは、「甲府屋」ってチイチャイ時から聞いてたと思うから・・・

  なんで・・?と

飯山には「寺瀬」は2軒です。

   遠い親戚になります。

由緒はないけど・・・ふるいだけ!

本・・・か? (おらっち)
2006-05-24 21:23:57
あちゃ・・・ひさしぶり!



  あれやら・・これやらしてるんか?

本、出すか?

   ネタはまだまだあるで~。

この間、ガイドの研修会あったんだけど

 おらっち講師。

  いつもと違った研修

評判良かった・・・・みたい。
今は~。 (あちゃ。)
2006-05-24 23:03:51
無職で

バカンス中です(笑)

6月上旬まで予定・・・。

その後は何かしら働く予定~~~

あくまでもすべて予定っす!!
箕作とは… (ごんちち)
2007-06-13 05:24:25
あの寺でスズメ蜂に刺されたっけなぁ…(┰_┰)
箕作の祭の時に青年団(なのか?)が歌う歌がアムール河の流血の節だったのと言う発見があり、歌詞を調べてたら辿りつきました。通りすがりですm(._.)m
寺瀬の子孫です (寺瀬光一郎)
2016-02-08 03:06:45
寺瀬黙山のおじ、寺瀬恒吉(雅号:三楽)の次男:経夫の孫です。
東京に住んでいます。この週末に法事があり、ルーツの話が少し出て検索したら、このページが出てきました。
何かのご縁がありましたら、よろしくお願いします。
fwrpy717@ybb.ne.jp

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事