斑尾の住人

斑尾の開発当時から居座っている人間の裏話。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本海で低気圧が発達

 | Weblog
斑尾高原は昨夜から台風並みの南風が吹いています。
  日本海で低気圧が発達し、湿った南風が吹き込んでいる為です。
午前中は、雨雲の流れの間に時折陽がさしたりで虹も見えました。


午後になるといよいよ雨雲が厚くなり、大荒れを予感させる空です。
コメント

解禁日から2日目の美味

 | Weblog
今年も11月6日に解禁されたズワイガニ。
 松葉ガニとか越前ガニとも地方や水揚げされる場所により呼び方は変わりますが、
6日の初セリでは、「極」と規格されたものが1匹6万円の値がついたそうです。
 親戚のご好意により、ズワイガニの雌、セコガニが届きました。これもまた地方によって呼び方が変わります。
セコガニが解禁されるのは2カ月間しかありません、貴重なカニです。
 ちょっと、贅沢に3杯もいただきです。

コメント

最高の秋晴れ

 | Weblog
11月4日・5日は最高の秋晴れになりました。
 斑尾山をいつもと違う方向、妙高山のふもとから見たり、斑尾山麓からの山。
それと、妙高山麓の紅葉も合わせ透き通るような青空の下晩秋を楽しみました。

信濃町古海からの斑尾山と妙高山




妙高山麓からの斑尾山と紅葉




斑尾山麓からの黒姫山と戸隠・飯綱山、間に北アルプスまで見えました。


コメント

津軽弁 JAZZ

 | Weblog
2007年にリリースされた「JAZZDAGA? JAZZDAJA!」
  ジャズヴォーカリスト伊藤 君子さんの「津軽弁JAZZ]

第2弾がリリースされ、さっそく手にしました。
   津軽弁JAZZ「JAZZ Dade! JAZZ Dasa!」

第1弾で伊藤さんは、津軽弁には、ふるさとへの想いを掻き立ててくれるものがある。
         JAZZには、遠く輝くものへの憧れを掻き立ててくれるものがある。
             そこに私の音楽の旅がある。
  とメッセージしてます。

第2弾では、 津軽弁は津軽の生まれではない私にとっても、魂の底にある・・・・
       何回生まれ変わっていたとしても動かない・・・望郷に響きます。

  このアルバムが皆様の心に響き、ふるさとの温かさに包まれますように。
   と記されています。

「斑尾の住人」からのお薦めの2枚です、是非いちど聴いてみてください。
コメント