斑尾の住人

斑尾の開発当時から居座っている人間の裏話。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スキー100年史

 | Weblog
日本のスキー史を語ると1911年(明治44年です)までさかのぼります。
   現在の上越市高田に1905年、帝国陸軍の第13師団が置かれ、この軍人にスキー技術の伝授が行われたのがスキー普及の第一歩とされています。1911年1月12日のことです。
  その翌年、1912年(明治45年)1月23日、飯山の市川達譲という人が飯山で初めてスキー滑走をしています。
  この日が、長野県そして飯山のスキー史の始まりとなっています。

  ですから、来年2011年が日本のスキー史100年。2年後2012年が飯山スキー史100年目の年になります。

   飯山市では、これを記念に記念誌の編さんに取り掛かってます。
  斑尾から、おらっちが委員として出席してますが、スキー場の歴史ということで斑尾高原スキー場は、6ページを割り当てられていまして、スキー場担当者に伝えてたところ
   どういうことか、おらっちが、担当することに・・・・・
                    えらいこっちゃ!!
  とういことで、得意の歴史を調べ始めました。

斑尾がスキーに関して、名前が出始めたのは・・・・
      なんと・・市川さんが(なれなれしい・・)飯山で初滑走をした日に斑尾の一部ををスキーで滑って・・・?歩いて・・・?いる人たちがいるんです。
             それも、多人数で・・・・

  この続きは、また後で・・・・・
  ここで、全部書いちゃうと、記念誌の内容とダブっちゃうんで。

 明治45年約100年前、 スキーで滑ったり、歩いたりしたところを
   トレッキングする時、ガイドとしてはお話しちゃいます。

  歴史をたどるトレッキングも良いですよ。
    近いうちに計画しますので、こうご期待!!。

そうそう、高田の第13師団の4代目師団長には、あの「坂の上の雲」に出てくる騎馬隊を編成した、秋山好古が着任してるんです。

               話 おもしろそうでしょ。  

   
コメント

シューズショップ

 | Weblog
走りと歩きにはまってから、シューズの大切さに気付き
  そのたびに、自分の足に合うシューズがあると購入してしまいました。

 レストラン・バーJAZZYに入ると、これ何ってくらいシューズが並んでます。
   上の部屋に仲間が10人くらいが来てるかと勘違いされます。

 現在、ライケル3足、ラフマ3足、モントレイル2足、ナイキ3足、パタゴニア1足
    アディダス1足 が・・・・・

     足は2本しかないのに・・・
                   ムカデだったら結構履けるね。
コメント

トレッキング 2

 | Weblog
昨日もトレッキングです。
 この日のトレッキングは、信越トレイルの自然環境調査でした。

   動物調査班、植物調査班、トレイル調査班に分かれての、信越トレイル第一セクション10,4kmプラス頂上までの2kmです。
         2日続けての斑尾山上りは、さすがにちょっとペースが遅くなり気味。

  昔の大文字焼きの位置では、ヤグルマソウの満開の白い花にアサギマダラを見ました。
  一昨日と同様、天候は良く気温はやや高めでしたが、展望は良好。
  仮山頂から西の峰の途中、槍ヶ岳から穂高連峰がきれいに見え、参加者しばし目的を忘れ立ち止りでした。

    袴湿原から池までは、モリアオガエルの大合唱、周りの木の枝には産卵した白い泡がいっぱいでした。

  袴岳からの下り、林道に出て赤池までの1,4kmは2日目の疲労が来たらしく足がさすがに重く感じたのであります。

  今日の午前中も、ガイドの要請がありましたが小雨ということもあり中止、
                内心・・・・ほっとしたのであります。
2日で、約18kmの上り下りでしたので
               おまけに、ようしゃべりましたので。

  でも明日の朝、雨降っていなかったら
             いつものように8kmのノルディックウォーキングです。
                    中毒症状ですから!!
コメント

トレッキング

 | Weblog
jazzyのおやじは、トレッキングのガイドでもあります。
  てな訳で歩くことにハマっています。・・・・・ちょっと中毒気味!!


  昨日24日、地元JAの会員の皆さんの健康ウォーキングのガイド

     職員の方含めて48名。 ムトーちゃんと二人で約5,3km、距離的には大したことはありませんが、斑尾山の上り下り・・・・結構足にくるんです。
            特に膝には負担が・・・
天候に恵まれ、この日は梅雨の中休みといった日でした。
     頂上から300m下った、大明神岳からの展望は格別でした。
参加の皆さん・・おおはしゃぎ!!  というのも、40人くらいが女性だったからです。

  眼下に野尻湖、正面に右から、妙高山、黒姫山、戸隠山、飯綱山はもちろんこと、遠く戸隠山の左に、唐松岳、五龍、鹿島槍の山々。
    南には、左から根子岳の右に八ヶ岳と蓼科山、右の方にいって平らなところは美ヶ原、その上に南アルプスと中央アルプス少し離れて御嶽山。
               ここまで見えるのはめったにありません。

   我々の頭上には、ミヤマカラスアゲハやヒョウモンチョウが乱舞し、ぶな林の中ではミヤマはるゼミの大合唱、
    山頂へのトレイル脇にはゴゼンタチバナが満開、前の日まで雨が多かったせいか、あまり見ることができない、ギンリョウソウがいっぱい。
        これもまた、参加者おおよろこび!!。

  斑尾山からの下りでは、直江津方面の海を左に見て、正面に鳥甲山その左に苗場山。
志賀の山々を見ながら、ぐん平街道を終点まで。
          参加の皆さんはそこから、迎えのバスでまだらおの湯まで、そこで昼食と温泉だそうです。きっと景色をつまみに生ビールを、グィーだったでしょう。
           いつもと変わらず・・・声が枯れるほどのガイドでした。
コメント