斑尾の住人

斑尾の開発当時から居座っている人間の裏話。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

斑尾山麓開発の成り立ち 16

 | Weblog
昭和47年9月 斑尾高原ホテル、ペンションの工事状況



昭和46年(1871)晩秋と昭和57年(1982)9月
      第二クワッド上部より



開発から10年を迎えた冬の斑尾高原



開発から20年(平成4年・1992)を迎えた冬の斑尾高原



ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 斑尾山麓開発の成り立ち 15 | トップ | 斑尾山麓開発の成り立ち 17 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これらの写真は (モリジ)
2015-07-09 09:05:03
凄い写真ですね!
30年前の斑尾へ何度か通っていたのですが、こんな感じだったのかなあ…と思い返しています。
この時代は国民こぞってスキーブームに沸いた頃でした者ねえ。
藤田観光の功罪が今になって語られているようですけど、私は本当によく頑張ってくれていたなあ…と感謝の気持ちでいっぱいです。
あの頃の斑尾はもう戻ってこないんでしょうか…寂しいなあ…

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事