斑尾の住人

斑尾の開発当時から居座っている人間の裏話。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

800年前

 | Weblog
ちょうど800年前、鎌倉時代の承元元年(1207年)浄土真宗の開祖親鸞が、専修念仏禁止の弾圧によって35歳で越後国府に流罪となり、居多ヶ浜(こたがはま、新潟県上越市直江津)にたどり着きました。

   それを記念して、上越市で、親鸞ゆかりの地を巡るバスツアーが企画されています。
 4月から7月までの日曜日を中心に19回予定されています。
上陸の地、居多ヶ浜や居多神社、配所だった竹之内草庵が境内にある五智国分寺、親鸞の妻恵信尼ゆかりの地である板倉町の「ゑしんの里記念館」、親鸞の頂骨や遺品が保存されている寺町の「淨興寺」などを見学するとのこと。また、5月26日~6月24日の間は、市立総合博物館で「寺宝展」も行なわれている。
    集合場所はJR直江津駅北口、問い合わせはマルケー旅行センター・025-543-4120 だそうです。

親鸞は、越後では藤井善信(ふじいよしざね)という俗名で暮らし、板倉町米増の豪族「前越後介三善為教」の娘「恵信尼」(えしんに)と結婚(三善一族は山寺薬師を拠点に山寺三千坊といわれるほどの一大勢力をもっていた)
  親鸞は、流罪になる前、京ですでに法然の弟子、照禅の娘「玉日」と結婚してたんです。

    越後に居る間に子供ももうけていて、その一人善鸞とは教えの違いから建長8年(1256年)5月29日付けの手紙にて親子の縁を切っています。親鸞84歳のことです。

建保2年(1214年)親鸞42歳のとき、関東への布教活動のために家族で常陸の国(茨城県)の向かいますが、その時関田峠(標高1111m)を越えたといわれています。
  関田峠は、関田山脈の中間ぐらいのところにあり、最も標高が高い峠で県境に位置します。飯山市から温井地区をぬけ、上越市関田地区を経て旧板倉町に通じる県道95号線上越飯山線です。歴史上に出てくるのは鎌倉時代になるんですが、平安時代から小路があったともされています。
      峠には大明神が祀られていて、別名大明神峠とも呼ばれ、戦国時代には上杉謙信が川中島に向かうのにこの峠を越え、飯山で軍を整え出陣していったのです。

親鸞が、関田峠を越える途中、野宿をされた処は「高僧の寝床」と呼ばれ、この時この地が光明で明るくなったともいわれ「光が原」と名付けられた伝わっています。

   恵信尼は、親鸞と20年ほど共に暮らした後、43歳の時の末娘「覚信尼」だけを京に残し、善鸞を除く二男二女と生まれ故郷越後に戻っています。
  1262年12月20日すぎ、越後に住む81歳の恵信尼のもとに、11月28日京にて90歳で息を引き取った父親鸞のことを伝える手紙が覚信尼より届いています。

  大正10年(1921年)に京都に居る覚信尼に宛てた恵信尼の手紙が西本願寺で見つかり、文面より恵信尼
が72歳の時にはすでに越後に住んでいたことが実証されたんですが、いまだに越後に戻った理由は明らかではないそうです。

  JAZZY HOUSE寺瀬ペンションから上越市の親鸞ゆかりの地までは、車で約40分くらいです。
そして、斑尾高原から居多ヶ浜までは直線距離にして40km。親鸞上人も浜に着いたとき、南に見える妙高山とその左の山並みに斑尾山を見たかもしれません。言伝えには斑尾山の近くにも飯山市にも親鸞が歩き通りすぎたというところがあるんです・・・よ。

  各ゆかりの地で聞ける案内とはちょっと違った、おらっちの話も聞きにお出かけ下さい。
コメント

4月16日

 | Weblog
4月16日は、おらっちの実父の命日です。
       という訳で13回忌の法要で15日から生まれ故郷に行ってきました。
  おらっちの生まれ故郷は長野県の諏訪。八ヶ岳の裾野なんです。
いろいろの都合でしばらくご無沙汰だったんで楽しみなこともあったんです。

  一族・・・?が久しぶりに逢って・・・良いものです。
 
  おらっちには実母もすでにこの世を去っています。
現在一緒に住んでいるのは、かみさんの両親です。

 15日が日曜日なんで15日に行なったわけで、兄夫婦が家を守り、全てを準備してくれました。
   実父の弟そして妹である叔父さん、叔母さん。叔父さんの奥さん。叔母さんの娘でおらっちの従姉妹は小学校、中学校同級生だったんだ。
 実父の生家を引き継いでいる叔父さん・・・ちょっと酒好き。
     おらっちの実姉とその旦さん・・・この義兄がやっぱり酒好き、そしておらっちと共通のものが歴史、話し始めたらどちらも喋りが止まらないんで、はたから見聞きしていると何を言ってるのか解らないらしい・・・

   兄貴夫婦の娘が2人、妹のほうの旦さんとその子供3人、これがまたかわいいんだ。男3人で、名前が上から、陸、陽、海(りく、よう、かい)って名前。
  この旦さん、おらっちの高校の後輩、って言っても離れすぎてて全然知らなかったんだけど・・・・

  こんな書き方しても読んだ人は関係が良くわからんと思うけど、おらっちが解ればいい事なんで・・・全員来ればあと20人くらいいるんです。
  それでも、こんなに大勢が集まったのは、やっぱりおやじが集めてくれたんだと思う。
それと、おやじやおふくろ、いろんな思い出で楽しく笑えると言う年月も経ってしまったんだとも思ったり・・・
   そして、あっという間の13年でもある訳だし・・

  そんなところに偶然、何時も兄貴が上京したとき寝泊りしてるという料理屋さん夫婦が・・・ほんの近くに、兄貴のかみさんの実家があるのに飲んで食べてそこに泊まっちゃうらしい・・・
  いつもお世話になるんで、お礼をしようと思ってた処に、たまたま休暇で諏訪に来たんで、きっとおやじがそうしてくれたんだと義姉さんが言ってたんだけど、そうかもしれないな・・・
   
親と言うのは向こうに行っても子供のことは心配なのかも・・・・・

  ゆっくり休んでくださいとか、残ったものは手を合わせるけど・・・

 何言ってるんだい、ゆっくりなんか休んでいられね~や

        なんて、おやじ、おふくろで見守ってくれてるんだろう。・・・な。

      とっても良い13回忌でした。
コメント

いよいよ春です。

 | Weblog
ようやく春らしくなった斑尾高原です。朝もようやく気温が7度くらいになったので、ノルディックウォーキング始めました。
  そしたら、ゲレンデ近くの湿地、毎年斑尾高原で真っ先に水芭蕉が咲く場所ですが・・・そこに咲き始めました。・・・・
       水芭蕉が・・・・
おらっちの家から歩いて10分足らず、車で2分くらいのところです。

 今年は、雪が少なく雪解けも早かったので、沼の原湿原の水芭蕉は早くから見られると思っていたのですが・・・
    やはり、時期と言うものはあるのです。
  時期が来なくては花たちも出ては来ないんですね。

   イタヤカエデの花やブナの芽吹きももうすぐだと思います。
これらの景色がみられる、赤池ブナ林トレイルの雪解けももう直ぐです。
5月の連休は、最高のトレッキング週間になるのでは・・・・

  赤池のブナ林トレイルからは、日本海・佐渡島・上杉謙信の城跡春日山・
山本管助(勘助ではない)の名が確認された市川文書、市川(河)氏の領地市川谷などが見渡せます。
  関田山脈を越える多くの峠道も想像でき、上杉の重要な峠「樽本越え」と呼ばれる峠は、直ぐ下にあります。
   そして、信濃の国と越後の国との境に位置する歴史ある集落「樽本」が眼下に「ふるさとの原風景」を今に残しています。
     
     樽本地区について

豊葦の地名由来

   独り言にあるように地区の歴史文献が残っていません。おらっちの独り言として、おらっちなりに調べ想像しこんなとこまできました。
ある意味では、歴史あるそして謎多き地域なんです。

  こんな、話しながらトレッキングのご案内しますので、お出かけ下さい。
コメント (2)

ホワイトシーズン・・終了

 | Weblog
今夜の斑尾高原の施設からは、光があまり見えません。
  そうなんです、今日でスキー場の営業が終了したんです。
 今夜は、シーズンの疲れをそれぞれのところで癒やす夜なのかも・・・しれません。
      おらっちのところも・・そんな状態。

昨年は、イヤと言うほどの雪のシーズン、今年はイヤと言うほど雪の少ないシーズン
   自然界の勝手気ままも、困ったものです。

 という条件の中、訪れていただいたお客様に感謝です、ありがとうございました。
    来シーズンは、きっと適度な雪で最高なゲレンデ状態になると思いますので、また斑尾高原にお越し下さい、お待ちしております。

  昨日は、春の嵐のような日で夕方からは雨、風、そのうえ雷、今朝になってようやく収まりかすかに日の光も見え隠れする天気でしたが、遠くの景色がちょっと違うじゃん。
   そうです、黄砂です。
      春霞のごとく煙ってます。
 おらっちは、外には出れません。デリケートな体質なんでしょうか、朝からくしゃみと、顔の中央の二本の穴からは絶え間なく水分が流れ出てくるのです。
  おまけに、悲しいことがあるわけじゃないんですが、潤んだなみだ目です。

 シーズン最後のお客様が帰られた後、ただただ家の中でJAZZに浸ってました。
  斑尾JAZZ 1985の映像に感激!斑尾のステージにあのミュージシャン達がいたんだ。
    
ジャムセッションでの、マイケル・ブレッカーとブランフォード・マルサリスのテナーバトル、斑尾JAZZの最高のステージだと思います。マイケル36才、ブランフォード24才・・・すごかった!!。
   11回ものグラミー賞を受賞している、そのマイケル・ブレッカーが57才の若さで今年1月13日ニューヨークの病院でこの世を去りました。白血病とのことです。1999年にも斑尾のステージですばらしいパフォーマンスを見せてくれたのに・・・
 36才の斑尾での写真とサインを見ながら、あのステージのビデオ見てます。

 感激と病魔というやるせなさの為、更に潤んだ涙目・・・です。

 
コメント