斑尾の住人

斑尾の開発当時から居座っている人間の裏話。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

水戸黄門

 | Weblog
久しぶりにテレビの水戸黄門見ちゃいました。
   けっこう時代劇好きなんです。終りが解ってても最後まで見てしまう。

ところで水戸黄門って全国旅なんてしてないんだよね!。
  せいぜい、水戸と江戸の往復か鎌倉付近までで、もっとも遠くに行ったのは熱海の温泉くらいだったらしい。
   それも、歩いていったのではなく、すべて、かごに乗っての旅らしい。まっ少しくらいは歩いていると思うけど。
   その黄門さんのモデルになったのは、水戸光圀(1628~1701)で水戸藩の二代目藩主であり、徳川家康の孫にあたる人なんだ。

   そもそも、「大日本史」という歴史書の編さんのために、資料集めに家臣を全国に派遣したのが、自ら全国を歩く漫遊記になって行ったんだと考えられているそうです。

  この「大日本史」光圀によって執筆がはじまり、明治時代に完成したもので、光圀が死んでから250年もかかっています。
  これには、時間もさることながら、莫大な費用もかかったらしく、水戸の領民に負担が及んだらしく故郷を後にした領民もいたらしい。
  全てを助けるやさしい黄門様とは、ちょっと違った面もあったんだね。

 黄門様を助けるお供の「格さんと助さん」
   実際は剣術なんかまったく出来なかったらしい。
格さん(渥美格之進)は水戸藩士の安積覚兵衛という人のモデルで学者だったようで、助さん(佐々木助三郎)も、光圀の家臣で佐々十竹がモデルで、元々は僧侶だたらしく二人とも、大日本史の編さんにかかわった編集員であったということです。
  助さん、格さんの順で、編集長を務めたらしい。

  光圀は、学者風で好奇心が強く、日本で始めてラーメンや餃子・チーズ・牛乳・納豆などをたべたとあり、将軍綱吉の制定の「生類憐れみの令」をも無視して牛肉や豚肉・ヒツジなども食べ、ワインも飲んでたらしい。

 テレビの「水戸黄門」とはイメージだいぶかけ離れてしまうけど、江戸時代に講談や歌舞伎で諸国漫遊説が広まり人気があったというのには、時代背景が現在と共通するところがあったんだな~なんて思いながら、
     一時間を気楽に過ごしてしまいました。

   でも今回は、なんか学芸会みたいだったよ。・・・出演者の皆さん・・ごめんなさい。
コメント (2)   トラックバック (1)

子宝の松

 | Weblog
斑尾高原には多くのトレッキングトレイルが整備されています。その総延長は50kmにも及びます。
 その中のひとつに、湿原東トレイルがあります。
ペンションやレストランが立ち並ぶ高原の中心から沼の原湿原に向かうトレイルです。湿原手前から分かれるトレイルは、希望湖(のぞみこ)に続いています。

  この湿原東トレイルの入口からしばらくは、わりと平坦な森の中を歩きますが、左側が5mくらいの谷になっている斜面の切り土にさしかかる場所に、特に気にしないで歩いていると解りませんが、
  ご利益があるといいな・・・と思いあるいていると
そう言われれば・・とうなずける大きな唐松の木があります。
 トレイルの整備を始めた時に、おらっちが名付けました。
   「子宝の松」 です。
   斑尾高原のトレッキングマップ初版には載っていたんですが、現在発行されているものには記されていません。
   ある時期までは、しめ縄も巻かれていました。
斑尾高原でトレッキングガイドをしている人は、ほとんどの人が知っています。

  この唐松に手を合わせたかどうかは確かめていませんが、斑尾に住む人やその友人間では、今年ベビーラッシュです。
   その唐松の前は、全員が行ってたり、歩いているはずです。

   湿原東を歩くと、皆子宝に恵まれちゃったら・・・えらい事になりますが、

  斑尾高原は標高約1000m。 1000mの気圧は母の胎内の気圧と同じくらいといわれてます。

 斑尾高原に広がる森は、母の森とも呼ばれています。
         願い事が叶うかもしれない湿原東トレイル、子宝を望む人・・歩いてみませんか
 そして、「子宝の松」見つけましょう。
              お参りの仕方、お教えします。(お賽銭は必要ありません・・・念のため)

  
コメント (2)