斑尾の住人

斑尾の開発当時から居座っている人間の裏話。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

長野県歌・信濃の国

 | Weblog
この間、「信濃の国」の経緯を聞きかじった中で、どうして北信地方が詞の中に出てこなかったんだろうと漠然と考えたら・・・
  一つは作詞の浅井 列氏が松本(中信)の人だったことや
 信州(長野県)が廃藩置県で統合されてきて経過、県庁が松本でなく長野に置かれたことなど様々な経緯からが推測されておもしろい・・・・

 いずれにしても、多くの郡が再編され、一つの県になった事により、長野県を「信州合衆国」と呼ぶ人もいるくらいですから・・・。

 ところで、「信濃の国」の5番に・・(長野県出身の著名人)の歌詞
   旭将軍 義仲も  仁科の五郎 信盛も    とある
      信盛ですが、
   いろんな記事に出てくる仁科五郎盛信とどう違うの・・・?    ってことで・・・・

  仁科五郎盛信って誰。
     盛信は、今や話題の武田信玄の五男で、長野県の大町地方(白馬方面)の豪族「仁科」の姓を引き継いだ人なんだよね~。
   「風林火山」でも仁科の姫が出てくるけど・・・
        後に、高遠城主だった1582年に織田の軍勢に攻められ戦死しています。
 
 どうも、同一人物のようです。

  作詞家の浅井さんは・・ちょっとなれナレらしくてすんません。
      江戸時代の書物の研究家でもあったらしく、江戸時代に出来た書物「甲乱記」という書物などには「信盛」と書かれていることから、そのように詞にしたものと言われています。

  大町市やこの地域に残る古文書に残る自筆のサインには「盛信」とあるらしい。
  他にも多くの文書にもあることから
     現在では、「盛信」が一般的ということです。

  でも、長野県の武将といえば、真田幸村って人もいるのに・・・。

 この5番の、義仲ってのは平家を最初に破った「木曽義仲」のことで、
木曽義仲だって本当は、出生地は埼玉県なんですけど~。
        武蔵の国大蔵館って所、現在の埼玉県嵐山町で、幼年期に木曽に逃れて来たんです。
   最初に、越後の平氏の討伐時には、斑尾の西(妙高高原駅の東山)熊坂山に陣を張ったんですよ。(1183年平安時代終期)

他には飯田出身の江戸時代の経済学者「太宰春台」、松代出身の思想家「佐久間象山」が詠われています。
コメント

除雪機・・・が

 | Weblog
今朝外に出ると・・なんと積雪が・・腰まで・・・だから約80cm

  昨年のシーズン真っ最中の積雪と、お~なじくらい今の斑尾には雪が積もってます。

 早速の除雪に・・と雪を掻き分け除雪機に
              グローをかけスタート・・・・・ク~ク~ク~
   なんと、バッテリー・・あがってるじゃん。
 車からブースターケーブルで・・・・・
              だめだ・・遠すぎる・・届かない。
   車の向きが反対!!
      
結局、手で除雪。
         やっと車入れかえて・・・エンジンOK

   車を広いところまで移動して、さあ・・・除雪

  なぬ~・・・・走行ベルトすべって前にいかないじゃん・・・・おい、おい、おい、

   吹雪の中機械の横に寝っころがって・・・こごえる手でボルト回し・・なんとか・・・。

  いつもなら1時間で満足するほど綺麗に雪の方付けが終わるのに
    なんと、2時間半もかかって・・・なんとか方つけた程度。

  おまけに、はなみずまでたらして・・・

 除雪機をけっとばしてやろうと思ったけど
     こいつが無ければ冬は乗り越えられないし・・・・
  天気の合間を見つけて・・・・

             しっかりとメンテしてやろ!・・・・・でもまた出費!。
コメント (4)

信濃生まれ長野県育ち

 | Weblog
おらっちは、長野県生まれの長野県育ちで人生60年のほとんどが長野県。
    学生時代に4年間東京暮らしをしたくらいです。

 いろんな県出身者と友達付き合いをさせてもらってるけど、ほとんどの県には県の歌、いわゆる県歌ってのは無くて知ってることさえ聞いた事がありません。

 おらっちの長野県には、ちゃ~んとした県歌があるんです。
     ご存知の「信濃の国」です。
ほとんどの長野県人は、これが唄えるんですね。6番までもあるなが~ィ歌なんですが・・・・。
  歌詞の内容なんですが、
  1番には、長野県の地理に関することが詠われ
  2番には、長野県内の山や川
  3番には、長野県の産業
  4番には、名所旧跡
  5番には、長野県出身の著名人
  6番には、なぜか碓氷峠と信越本線で結ばれています。
今の時代にはそぐわない部分もありますが、作詞された時代の長野県全域の地理や歴史、文化、長野県に関係する人物が平均的に詠われていて、北信・東信・中信・南信とよばれる4つの地域の一体性を持たせるための歌とも思えます。

 しかし、北信地方でもこの地方、長野市から北の地方は1度も歌詞には出てきません。
     そのため、下高井郡(当時は飯山・野沢温泉・木島平・中野・山之内地方)は独自に群歌をつくったらしい。

 「信濃の国」が県歌に制定されたのは昭和43年(1968年)5月20日のことで、もともとは小学校唱歌として明治32年(1899)に発表されています。

 明治33年の秋には、師範学校の運動会で女子生徒の、いわゆる全体ダンス?として発表され、師範学校を卒業し教師となって県内に就任し、この曲を小学校で運動会では必ず演奏されたり、地域のお祭りなどでも紹介され歌われたことから全県民に知れ渡ったといいます。

 作詞は長野師範学校(今の信州大学教育学部)の舎監長を務めていて、松本市出身 坪井 列(1849~1938)って人。
  作曲は、最初は依田 弁之助って人が曲をつけたんですがあまり歌われず、依田の後任として師範学校に来た北村 季晴(すえはる)(1872~1930)という人、銀座生まれの江戸っ子とのこと。

  江戸っ子が長野県の県歌を作曲してたとは・・・・

 東京都いえば・・・もっとも親しまれてるのが東京音頭・・都歌ではないけど。
この東京音頭を作曲したのは、長野県人(おらっちが住んでる直ぐ近くの中野市出身)の中山 晋平 なんです。

  長野県と東京都はいろんなところで縁があります。
信州で生まれた「そば」を全国的に有名にしたのは江戸っ子で
         桜で有名な高遠藩の内藤家下屋敷跡は新宿御苑になってるし、信濃町の名の元にもなったとのことであります。

  信濃の国は~ 十州に 境連ぬる 国にして~・・・てか。
コメント

やっぱり!!降った・降った!

 | Weblog
昨日からの雪が、今朝までに約60cmくらいになりました。
   初雪としては久しぶりの積雪です。

  家の前の道路で、おらっちの太ももくらいまでありました。
あいつの太ももだったら・・普通の人は膝くらいだな・・・・って言ってる奴の声がきこえるようです・・・・が。

飯山の町もすっかり白くなり、20cmくらいの積雪でした。

  斑尾高原への道路わきの唐松やミズナラなどの木は、まだまだ葉っぱがついてるのに、そこに湿った雪が付きその重さにほとんどが弓なりになってました。
    重さに耐え切れず折れてしまった木も何本か・・・・

斑尾高原に36年、これで37回目の冬を迎えたおらっちの記憶の中では
   初雪として一番は、10月28日の80cmくらいが記憶にあります。昭和54年くらいだったと思いますが、日にちは忘れません。というのは
    10月28日と言えば・・・・おらっちの誕生日・・・・だからです。

 予報では、あさってくらいには雪マーク。
         ひょっとしたらこのまま根雪に・・・・

 でも、初雪が多いと12月が暖かになるのが今まで結構経験してるんで心配。

一昨年は大雪、昨年は少なくて3月下旬にはスキー場クローズ。今年はちょうどいいかも・・・・願いたい。・・・です。

   ちなみに、昨年は12月17日の夜から約80cmの雪でした。
その後、暖かくクリスマスのお客さんのために
    雪が充分でないため圧雪車でのゲレンデ整備が出来ず、スキー場、スキースクールのスタッフ、観光協会の会員など総勢80名くらいで第2クワッドリフト横ジャイアントバーンを、スキーをつけて踏みながら整備したんです。
コメント

初雪

 | Weblog
朝からの冷たい雨が天気予報どおり3時くらいより雪になりました。
やっぱり、妙高山に2回降り、3回目には斑尾にもが・・そのとうりになりました。
   予報では、明日朝までに30~40cmとのことですが

  ここはいわゆる山沿い。
            なんで・・・40~50cmかも。

そんな時期になっちゃって、あわてて午前中の小雨をねらって
  スタッドレスに履き替えました。

  雪かきのスコップ、プラスチックの雪はね、ソレルのブーツ、雪おとしのブラシ・・・すべて万全です。

   でも、体と気持ちが・・・雪かきモードにはなってません。

  ですが、いつでもスキーには行けるよう板の状態と体・気持ちは万全!

現時点(21:00)の積雪は25cmくらい
                  真冬並の降り方です・・・・ですが明日午後は晴れ・・・マーク!
コメント

能登半島ツアー

 | Weblog
秋の仕事の関係の慰安旅行・・・?で総勢6人で能登地方に旅行です。
 1泊2日なんですが、毎年とにかく旨いものを食べて、しっかりと酒を飲んで、ゆっくりと温泉につかって、仕事の疲れを癒やそうというものです。

 やはり、普段山にいると季節がら海の近くで美味しい魚ってことになる訳で
    今回は、泊まりは氷見の割烹民宿

 行く時から帰る時まで、食事は豪華!
 11時頃の出発ですが、お昼ごはんには焼肉。
     夜は魚を食べるんで、昼はやっぱり・・・肉ってことになってしまう。
            焼肉ってなると・・やっぱり・・ビール。
  となると、1人は飲めない奴が・・・今年はダレがドライバー・・・に

 宿泊地に行く途中にあるボーリング場では、ペアで対抗ボーリング大会
   今年は、手のこともあり最下位。病院にはボーリングをやったなんてとてもいえません。

  船盛りの新鮮な刺身を・・競争で?突っついて酒やビールをいっぱい飲んで、時には一言もしゃべらず・・・カニをつついて。
  あんこう入りの鍋をつっついて・・・のこりで雑炊まで・・・たらふくです。

 次の日は、能登島まで足をのばし、帰りに鮮魚市場でお土産を仕入れて
       ちょうどおなかが減り始めた7時過ぎ、今度は寿司屋で豪華に食べ放題。重ねたお皿が・・・67枚。
    寿司屋のおじさん曰く、氷見まで行ってたらふく魚食って、まだまだ魚か・・・だって。

  メンバーの中には、お土産にお刺身買った奴がいるんです。
   まさか、帰ってからあのお刺身でまたまた一杯やったかも。

 しばらく・・・生ものは遠慮しておきます。

      次の日体重計にのったら・・・2キロ・・・増でした。
コメント (1)

寒くなってきました。

 | Weblog
昨日からの冷たい雨が朝方に止んだので、いつもの予定で7キロほどのノルディックウォーク&ランニングに・・・・
  やっぱり寒い!
 雲が南から結構の速さで流れてる!
   雲の切れ目から見える妙高山が・・・・・白い!!

 やっぱり降ったんだ。火打山は真っ白!

  志賀の山はほとんど降ってません。
予報では、今夜も高い山は雪とのこと。

 妙高山は、これで2回目、3回降ると斑尾にも雪が・・・・。

降って欲しいような・・・まだ、降って欲しくないような。

  まだまだやり残した事が少々。
     家の周りも方着いてないし・・・・。
寒いと仕事もはかどりません。
コメント

全日本グラススキー大会

 | Weblog
9月の暑い中、ゲレンデは緑の芝生
   そんな中、スキーの大会が行なわれました。
その大会の実行委員会の解散式が、本日18時より飯山市役所にてありまして
   行ってきました。

  9月14日~17日まで、斑尾高原スキー場にて
   第23回 全日本グラススキー選手権大会
   第14回 高円宮牌グラススキージャパンオープン の2つの大会があったんです。
  競技規則は、FIS・JGSAに則り世界選手権もあります。

高円宮牌には高円宮妃もお越しになられ、17日の競技の間森林セラピーの癒やしの森体験として、おらっちがご案内役を務めました。
    16日の夕食会の際、15年前に斑尾で行なわれた大会時の、殿下ご自身が滑られた写真を妃殿下にお渡しした時、大変嬉しそうにご覧になられたのが印象的で、17日のお帰りのお見送りに行った時も、わざわざおらっちの所までいらして「ありがとう」のお言葉も頂きました。
        良い思い出になりました。

冬ばかりでなく、斑尾高原はオールシーズンスキーとして情報発信ができ、低迷しているスキー観光の一助にまた、スノーエリア飯山の状況解決に少しでも寄与できた大会であったと思います。
コメント (2)