斑尾の住人

斑尾の開発当時から居座っている人間の裏話。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

中秋の名月

 | Weblog
27日は「中秋の名月」(旧暦の8月15日)です。天候に恵まれた飯山では、普段より大きくて明るい月が、午後5時半過ぎに山から姿を見せ始めました。今夜は「お月見」が楽しめます。

 28日の満月が見かけ上、いつもより一回り大きくなる「スーパームーン」で、前夜の空に浮かぶ月も大きく見えるといいます。

 国立天文台によると、月は、地球の周りを楕円だえん形の軌道を描きながら回っていて、このため、地球と月の距離は平均で約38万4000キロ・メートルだが、月が地球に最も近づく時と最も遠く離れた時では約5万キロ・メートルもの差が生じる。

 月が地球に最も近づいて大きく見える満月は、スーパームーンと呼ばれる。28日の満月は、今年最も小さかった満月(3月6日)に比べて、大きさは直径の比較で1・14倍となり、3割ほど明るく見えるといいいます。




コメント

秋の色

 | Weblog
たわわに実った柿に色がついてきました。
    もうすぐ甘くなります。



この柿の木の下にミョウガがいっぱいあります。
   ミョウガは、茗荷と書きます。独特な香りが薬味などに使われますが、大きな葉の根元に小さな花をひっそり開きます。神秘的な一日花でもあります。

平安初期に記された「本草和名(ほんぞうわみょう)」に、漢名「蘘荷(みょうが)」、和名「女加(めか)」という記述があり
「和訓栞(わくんのしおり)・1777」には、「メカは、芽香の義なるべし、蘘荷(みょうが)の字音にはあらじ、俗に芽をミョウガタケと言い、花をミョウガのコと言えり」という記述がある

このことから、古くから、花と蕾(つぼみ)「鱗片(りんぺん)・花を包む筍状の葉」を食用にしていて、花が開く前の、蕾(つぼみ)の方が食べやすいので、蕾の形で摘み取った

名の由来は、強い香りがあり、芽(鱗片(りんぺん)が芽のように見える)と香りを食べることから、芽香(めか)で、それから、仮名を当てて、米加(めか)、女加(めか)になり、江戸時代ころには、メウガに転訛(てんか)して、その後、ミョウガになったといいます。






コメント

蕎麦の花が満開です。

 | Weblog
あちこちの蕎麦畑で今、花が満開です。



コメント

交通安全

 | Weblog
わき見運転は危険です。・・・・でも

近くの地域を走ってると・・




看板に偽りなし、美人が・・・注意しなくては。

コメント

秋の気配

 | Weblog
秋の気配を感じる代表のくりが日増しに大きくなってきました。



ヨツバヒヨドリ
  ヒヨドリが鳴くころに咲き始めるヒヨドリ花の仲間で、葉が4枚輪生するのでこの名がついたとされています。
    
  8月に入る前、アサギマダラが羽を休めたヨツバヒヨドリの花が秋になると、下の写真のように枯れます。

   ヒヨドリ花が枯れると良く燃えて、火熾し(ひおこし)の材料になることから、火熾し(ひおこし)から、
   火を取る(ひおとる)にてんかして、ヒヨドリの名になったとも言われています。



コメント

今年も咲き始めました。

 | Weblog
沼の原湿原のツルニンジン
   花の形とは違い、根が朝鮮人参に似ていて、つる性であることから
    このような名がついたとされています。
和名は、「蔓人参」



コメント

営業についてのお知らせ

 | Weblog
日頃レストランjazzyのご利用ありがとうございます。

 都合により、9月19日(土)~ 9月23日(水)
10月 3日(土)~10月 4日(日)

                     の期間を除く

  9月9日(水)より10月31日(土)の期間
       定休日(水曜日)の他、不定休となります。

 状況により、前日までの予約にて

  17時30分 ~ 21時  (20時ラストオーダー)で
       お受けできる場合があります。

 お電話にて営業の確認をお願い致します。

  勝手なお願いをお許しください。
コメント

雨上がりの沼の原湿原を歩く

 | Weblog
斑尾高原の沼の原湿原
  木道が始まる入り口からいきなり、シラヒゲソウが一面咲いています。
    その中に、サワギキョウの紫色が目立っています。

シラヒゲソウ






サワギキョウ

コメント

沼の原湿原は花盛り

 | Weblog
沼の原湿原は今、秋の花が咲き始めました。

アケボノソウ つぼみいっぱいです、これから色が鮮やかになります。
       和名は、曙草で緑の斑点を曙の空に見立てたことからこの名がついたと言われます。






ジャコウソウ 和名は麝香草で麝香のような良い香りすることからこの名がついたと言われます。



コメント