斑尾の住人

斑尾の開発当時から居座っている人間の裏話。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

野原の厄介者

 | Weblog
この時期、野原や道端で良く見る黄色いこの花、ひときは黄色が鮮やかできれいなんですが

    セイヨウタンポポとブタナです。

 どちらも、ヨーロッパ原産の帰化植物で繁殖力が強く野原の生態系を崩しています。
43年前の斑尾高原オープン時には、ブタナはありませんでした。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« フリージャズの巨人 訃報 | トップ | 今年も帰ってきました。 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
よく見かけます (モリジ)
2015-06-17 09:46:25
この「ブタナ」って云う花、トレランやってるとよく見かけます。
そうですか、確かに斑尾の山には似合わない感じですね。
でも外来種って云う事なら「希望湖」のバスの方がずっと危険ではないでしょうかね。
要は「現金収入」にプラスかどうかって云う観点でのみ導入されちゃったんですよね?
そんな「バカ」がいる限り斑尾はダメになっていくんじゃないでしょうか!

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事