斑尾の住人

斑尾の開発当時から居座っている人間の裏話。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

JAZZYの夜

 | Weblog

12月最後の土曜日になってしまいました。
  JAZZYで夕食をして頂き帰られ、その肩付けをし始めたとたん、
戦争でも始まったか・・・
   そとでドーン・・ドーン・・どどどーん 
          そうだ!!、斑尾高原スキー場、本日からナイターの開始。

そして、シーズン中土曜日には花火が、ナイター終了後あがるんです。

 21時にナイターが終了する時間
         JAZZYでは、食事はもちろんですがお酒の時間でもあります。

 そんな時間、お食事のスパイス、お酒のおつまみになるべく
      JAZZの音はもちろんですが、映像も流れます。
  お店の中の灯りも、ちょっとだけ暗くなったりします。

花火が終わった今夜は、
  原田 俊太郎(Ds)・あびる竜太(p)・斎藤 草平(b)三氏のODTのライブ映像がながれてます。

 三氏のトークがまた良い。
ライブハウスでバーボンでも飲みながら、三氏のおしゃべりが興味ぶかかったり
   こっちの話に邪魔だったり、そんな雰囲気がJAZZYで再現。

実は、この夏にひょっこりとコーヒーをのみにたちよって下さった
   おらっちと同じように髪が白くダンディー・・・・な人
  そうなんです、原田 俊太郎さんなんです。
とっても気さくに、お話をしてくださってJAZZYのまえで二人で写真まで
   撮ってくださり、ご自分のブログにも載せて下さったんです。

今夜ながれている映像は、原田さんが置いて行かれたものです。
    売りものではない・・・映像
 演奏の息が合った音はもちろんですが、それぞれの営業ほ含めたおしゃべりは
   何回見て聞いても楽しいです。
酒がすすみます。
      お客様も・・・・・いっぱ~い飲んでください。

   ODTのバド・パウエルが・・いい。

       明日は・・・・キャノンボール・アダレイで酒・・飲むか?


 
コメント

斑尾高原豊田スキー場再開

 | Weblog
今シーズンより斑尾高原に、もうひとつのスキー場がオープンします。

  ここ数年、不況やレジャーの多様化によりスキー産業が低迷があらわれ
各地でスキー場の閉鎖が伝えられています。

   スキー客の減少傾向は歯止めがかからないということは、売上の減少ということで、それがスキー場の閉鎖や休止、また事業の譲渡などになっています。
   これらに加え、暖冬傾向による雪不足も大きな要因です。

各スキー場は、生き残りをかけてスキー場を経営している事業者同士が連携したり新しい客層の掘り起こしをかけ、様々なイベントをはじめ試みを模索する動きになってると感じます。

斑尾高原には、斑尾高原スキー場・それに隣接するタングラムスキー場・斑尾高原サンパティックスキー場と三つのスキー場がありますが、
    12月25日より
          斑尾高原豊田スキー場が加わり四つになります。

斑尾高原内から豊田スキー場間の無料シャトルバスも運行されますし、食事券(800円分)がセットされたリフト券もあり、食事券はシーズン中有効で指定されているレストランで使用できます。
   レストラン・バー「JAZZY]も指定施設になっています。

  多彩なコースでスキーやボードを楽しんでいただきたいと思います。
コメント   トラックバック (1)

もうすぐ1500日

 | Weblog
JAZZYをオープンしてから2回目の冬を迎えました。
 2日まえから待望の雪がまとまって降り、スキー場もオープンしました。
18日にはスキー場開きが、降る雪の中で行われたので本当に良かったです。
雪が無いゲレンデを見ながらのオープン神事では様になりません。

ところでもうすぐ、ブログを始めてから1500日が近くなってきました。
  が、2008年の9月で休止状態。
     どうしたんでしょう・・・?

 おらっちが、言うことでなく訪問してくださる方が言うことですよね。

カッコよく言えば、仕事が忙しくそれどころでは無かったんです。
    うそです。

  何はともあれ、ちょっとした書きやすい条件が出来たので
        これからまた様々な「ひとりごと」
 つぶやきます。
コメント (3)