ブルーアガベ Blue Agave

健康エージの甘味料。9000年前からのメキシコの先住民からの贈り物。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アボカードのアガベ和え

2006-09-01 15:53:14 | レシピー
文化のより、食材を塩で味付けして食べるのか、甘くするのかが違うことがあり、人によってなかなか馴染めないことがある。例えば、日本の甘い豆の味付けは欧米人には、豆は塩味でと云う考えが基礎にあるから甘いのは受けつけにくいことが多い。

だが、文化を超えた、食の国際化の中にあって新しい組み合わせが出てきてもおかしくない。実はウェブで、いろいろとブルーアガベのレシピーなどについて見ているのだが、ブルーアガベを、アボカードに和えることが出ていたので、どんな味になるだろうかと不思議でならなかった。早速自分で試したら、これがとても美味しかったので、日本においても提案をしたい。

今回の食材は、アボカード、ライム(あるいはレモン)、そうしてブルーアガベのレシピーだ。作り方はいとも簡単だ。アボカードを適用な大きさに切り、それにライムとブルーアガベ(大さじ一杯ずつ)を混ぜたドレッシングをかける。写真で見ると相当のライムとブルーアガベがかかっているようだがそれほどにする必要はない。軽くかき混ぜ、5分ほど浸しておいて、すぐに食べられる。すばらしい味になるのでお楽しみに。自分の見たレシピーでは、アボカードに加え、グレープフルーツを角切りにしていれたら良いとも書いてあった。これはまだ試していないが、とても新しいサラダの味付けが可能な気がする。

この味付けだったら、キュウリ、リンゴなどでもできそうだ。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 甘味料でも蜂蜜との違い | トップ | ブルーアガベ、アボカードデ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

レシピー」カテゴリの最新記事