ブルーアガベ Blue Agave

健康エージの甘味料。9000年前からのメキシコの先住民からの贈り物。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ミネラル分吸収を促進する研究進む、優れたブルーアガベのフルクタン

2016-05-03 15:21:52 | レビュー
ブルーアガベ(ウェバーテキラーナ)は、伝統的なメキシコの飲み物であるテキーラ酒の原料であるだけではなく、骨の健康に不可欠なミネルラル分であるカルシウムやマグネシウムの吸収を促進する成分があることが研究により実証され始めている。この研究を進めているのはCINVESTAV (Cinvestav), Irapuato unitの科学者たち。この研究を率いているのはMercedes López Pérez博士であり、同女史によれば、「アガベに含まれているフルクタン(フルク トースが重合 した多糖を総称 してフルクタンと呼ぶ)を摂取すると、健康な腸内細菌の存在と合わせると、骨粗鬆症の状況でも新たな骨の生成が促進される」という驚きの結果が出ているという。このような結果を引き出すために、研究チームは多種の動物実験を行ってきている。研究手法としてはまず、メスのネズミの卵巣を取り出し、人為的に骨粗鬆症を引き起こすことから始まっている。次のステップは、ネズミにブルーアガベのフルクタンを投与し、8週間後に大腿骨を取り出し、ミネラル分とオステオカルシンの吸収度合いを計測し、新骨の生成が示されるタンパク質の有無も測定した。「結果としては、フルクタンを投与されたネズミは、されなかったネズミと比較して約50%の新骨生成タンパクを合成し、大腿骨の直径も太くなっていた。」なぜ、そのような現象が生まれるかについては、研究者たちはフルクタンが大腸の腸内細菌と混ざる際に短鎖脂肪酸を合成させ、この短鎖脂肪酸が大腸を通過するミネラルを捕獲してくれるからだと見ている。
 
栄養素の捕獲

フルクタンと腸内細菌が手を合わせていくとこれまで摂取し損ねていた栄養素を無駄少なく捕獲することがわかってきた。ただし、ここで重要な点は、元気な腸内細菌がいることが前提であるということであり、その腸内細菌が活発であればフルクタンを発酵させることができるからだとロペス・ペレス博士は言う。この発見により、国際骨粗鬆症基金によれば、2億人以上の女性が影響を受けている骨粗鬆症の代替治療の道を切り開く可能性が出てきていることが見逃せない。ロペス・ペレス博士は、これから臨床実験を執り行うところであり、すでにメキシコでの特許申請も行っているという。ブルーアガベの効能は美味しい甘味料以上のものがあるようだ。



コメント