ブルーアガベ Blue Agave

健康エージの甘味料。9000年前からのメキシコの先住民からの贈り物。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

300以上ものレシピー

2008-04-13 02:31:58 | レシピー
3月のFoodexではブルーアガベが大盛況だった。ブルーアガベあるいはただのアガベを販売しようとする会社が日本でボツボツ増えはじめており、すそ野の広がりを示している。日本市場における最大手のブルーアガベ輸入販売元のイデアプロモーションは、着実に市場に受け入れられており、今年の販売は急増することになりそうだ。4月の11日まで開かれていたFABEX食品原材料点などにも出店をするなど、業界関係者の目にするところに段々と入り込んできている。

アメリカにおいてどうかと云うと、販売は日本に比較にならないほど増えているが、それをもっとも端的に現しているのは、ブルーアガベを使ったレシピー集が出版されるに至り、もうすでに300種類以上ものレシピーが紹介されている。アメリカのユタ州のDVO社のCook'n Agaveがそのものだ。下記リンクを見ていただくと、レシピー集は多岐分野に渡っており、単にデザートなどのスウィート部門だけではない。それは、ブルーアガベが、完全に新たな甘味料としての位置付けを達成しているからに他ならない。

先月の日本一時帰国では、多くの企業がブルーアガベを食品の原材料として使いはじめているとのことだ。もちろん、ブルーアガベや通常のアガベなどを供給するところは現時点では北米にしかないが、品質管理や生産工程などがしっかりしているところが好まれるのは言うまでもない。食品の安全を求めるのは当然のことであり、しっかりした筋のものを買い付けることが重要だろう。その安心度の積み重ねが、日本におけるブルーアガベの発展に大きく寄与しそうだ。

DVO社のブルーアガベレシピー集

日本でもイデアプロモーション社のようにブルーアガベのレシピーを紹介しはじめてきているところがある。DVO社のものは販権があるので、勝手に紹介できないが、ご関心のある方は、リンクに行き、購入してダウンロードをすることをお奨めする。いずれは、和食、中華、イタリアン、フランス料理などの日本語版が出てくることだろう。そのような情報があれば、また紹介することにしたい。


イデア・プロモーション社のレシピーリンク
コメント   この記事についてブログを書く
« ブルーアガベ、飛躍する2008 | トップ | 拡大するアメリカのブルアガ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

レシピー」カテゴリの最新記事