ブルーアガベ Blue Agave

健康エージの甘味料。9000年前からのメキシコの先住民からの贈り物。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アガベの女神Mayahuelの物語

2006-10-09 12:51:22 | ブルーアガベ入門
昔々、神々の住む天界に、それは若くて美しいお姫様が住んでいました。そのお姫様の名前は、Mayahuelでした。Mayahuel姫は、Quetzalcoatl天子と激しい恋に陥りました。二人の恋は禁じられた恋だったのですが、恋を禁じられれば禁じられるほど相手が愛おしい結果となり、離ればなれになっているよりは、人間界に逃げ隠れようとし、天界を離れました。怒ったMayahuelの祖母は魔法を使い二人の所在を突き詰めて、二人とも魔法をかけて木にしてしまいました。

それはそれはすばらしい木になりました。その木の気品なども元が天界のものだけに、人間界では見たことないすばらしいものになったのです。月日が経ち、ある日それらの木を見た木こりが、木を切り落とそうとしたました。Mayahuelを斧で切り落としていったのですが、木の破片が飛び散り、そこから血が出始めました。それを見た木こりはびっくりして、逃げてしまいました。それを見ていたMayahuelの祖母は、罪悪感にとらわれ、気の毒に思ったのか、二人を元の姿に変えました。人間の姿に戻ったQuetzalcoatlは必死になって恋するMayahuelを探しまわったのですが、彼女の体は小さな破片になり散りばめられてしまっていたので、それを丁寧に埋葬をして、彼は悲しさのあまり、その上で泣きに泣いてついに彼も死んでしまったのです。

Mayahuelの体の破片とQuetzalcoatlの涙が合わさって、そこにアガベの木が生えだしたのです。恋をしていたのに、一緒になれなかった二人の体が合わさってできたアガベ。この植物から採れる果汁を使い、作られる飲み物で、人は楽しくなり、悲しくなり、感情が沸き起こる飲み物ができたのです。Mayahuelは、だから恋人たちの感情を司るアガベの女神なのです。
コメント   この記事についてブログを書く
« メキシコ建国神話につながる... | トップ | 簡単な自家製トリュフル »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブルーアガベ入門」カテゴリの最新記事