岩田家のガラス芸術 BLOG 岩田の事

炎の贈り物 藤七・久利・糸子が織りなす岩田家のガラス芸術

「工芸の教科書」 栃木県立美術館

2018-11-05 11:54:34 | お知らせ

         

 上記の展覧会を開催中です。
 益子焼の故郷である栃木、当美術館では濱田庄司中心とする陶芸を始め、
 金工・漆芸・ガラス工芸・木竹工・染色の逸品の収蔵されております。

 今回はその70点余りの作品とそれぞれの素材・技法に焦点を当て
 「つくりかた」の紹介を試みております。 逸品作品の鑑賞とともに
 工芸全般の造形を深めるに大変興味深い展覧会となっております。
 
 岩田藤七、久利の作品も約10点の展示があります。
  ぜひ、お誘い合せ、ご来場下さい。

   会 場  栃木県立美術館 
       〒120-0043 宇都宮市桜4-2-7  TEL:028-621-3566
        
   会 期  2018年11月2日(金)~2018年2月24日(土) 9:30~17:00

 

   詳しくはこちら、美術館ホームページををご覧ください。
      http://www.art.pref.tochigi.lg.jp/
コメント

「四人の匠展」  銀座 工芸むら田

2018-09-28 11:03:52 | 鑑定・修理など
「四人の匠展」 銀座 工芸むら田 

 

 
 岩田藤七・岩田久利・岩田糸子・イワタルリ、
 岩田四人の作家の展示会です。
 4名合同の展示は珍しく、それぞれの代表作が展観されます。
 新橋に近い銀座ナインの工芸ギャラリーです。
 ぜひ、お誘い合せ、ご来場下さい。

 会 場  銀座 工芸 むら田  
       〒104-0061 東京都中央区銀座8-5 銀座ナイン1号館1階(首都高速高架下)
              TEL:03-3571-2505
              http://www.ginza9.com/shops/murata.html

 会 期  2018年9月28日(金)~10月6日(土) 11:00~18:00
            会期中 無休
コメント

「イワタルリ展」 六本木 サボア・ヴィーブル 2018

2018-06-19 15:01:57 | お知らせ
「イワタルリ展」 六本木 サボア・ヴイーブル 

 
     瓶 17×17×29.5cm                                                      撮影中村明彦

 6月15日より6月24日まで、六本木 サボア・ヴイーブルにて
 「イワタルリ展」が開催されております。

 迫力満点の花器をはじめ、今回は小さく可愛い一輪挿しも作りました。
 梅雨空を吹き飛ばす爽やかな器でいっぱいです。

 ぜひ、お誘い合せ、ご来場下さい。

 会 場  サボア・ヴイーブル  
       〒106-0032 東京都港区六本木5-17-1
             六本木 AXISビル3F TEL:03-3587-0318

 会 期  2018年6月15日(金)~6月24日(日) 11:00~19:00
 
 
*会場でイワタルリがお待ちしております。      

 詳しくは、下記ホームページをご覧ください。

      
サボア・ヴイーブル http://savoir-vivre.co.jp/exhibition/4218.html   

コメント

「色ガラス芸術の パイオニア 岩田藤七、久利」 展 新宿歴史博物館

2018-01-26 14:08:17 | お知らせ


「色ガラス芸術のパイオニア 岩田藤七、久利」展 新宿歴史博物館 

 上記の展覧会を開催中です。
 新宿歴史博物館には、新宿区弁天町に長年在住したご縁で
 岩田藤七、久利の作品が40数点所蔵されています。
 いずれも力こもった代表作で、ゆかりの品々や写真などと共に展示され、
 二人の仕事と生活を忍ばせる内容となっています。
 ぜひ、お誘い合せ、ご来場下さい。

   会 場  新宿歴史博物館 
       〒160-0008 新宿区三栄町22  TEL:03-3359-2131        
   会 期  2017年12月9日(土)~2018年2月25日(日) 9:30~17:30

  *2月25日(日)14~16時講演会もあります。

   詳しくはこちら、博物館ホームページををご覧ください。
   https://www.regasu-shinjuku.or.jp/rekihaku/news/95937/   



     

 四谷三丁目から少し四谷寄り、税務署のそばです。




  藤七作花器の大作。
 


  藤七代表作「貝」。



  逸品並ぶ久利作。
 


  包装紙や制作風景映像のコーナーも。



  弁天町宅の写真など。

コメント

謹賀新年 2018

2018-01-01 08:00:00 | お知らせ

 岩田藤七作  犬の瓶  11.5×19.5×20cm   1974年


明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。


本年が明るく輝く年となりますよう。


藤七作 「犬の瓶」について
この時期、日動画廊にて瓶の展覧会を開催。
数数の色彩、形状の瓶を制作しました。


岩田藤七の作家紹介と経歴はこちら
コメント