itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

岡嶋裕史『ウチのシステムはなぜ使えない SEとユーザの失敗学』

2009年03月21日 19時29分37秒 | 書評(新書)
ウチのシステムはなぜ使えない SEとユーザの失敗学
岡嶋 裕史
光文社

このアイテムの詳細を見る


今回は、岡嶋裕史『ウチのシステムはなぜ使えない SEとユーザの失敗学』を紹介します。本書のテーマは発注側であるユーザと受注側であるSier(SE,プログラマー)とコミュニケーションを通して歩み寄りましょうといっているように思う。ユーザ側は、もっとシステム開発のことであり、SEやプログラマーのことを知る必要がある。また、SEやプログラマーは、何も特別なひつでなく普通のビジネスマンと同じです。SEやプログラマーは御用聞きでも魔法使いでもない。あくまでユーザとSEやプログラマーは対等な関係からスタートすべきなのであろう。

私もSEでありプログラマーなので、はっきりいって読んでいてむかついたなあという風に思いました。大部分の人はまともな人だと思います。

本書は、あくまでSEがどういう風に仕事を進めているか、どういう業界構造になっているかを紹介しているに過ぎなく、なぜ、ウチのシステムはなぜ使えないかといえば、コミュニケーション不足ということで片付けているように思える。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 日本、韓国を振り切る!決勝... | トップ | 猪熊建夫『新聞・TVが消える日』 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

書評(新書)」カテゴリの最新記事