伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

梅の花

2009-01-17 09:26:55 | Weblog

年が明けてから私が身に着ける物や購入した品物の装飾
に、小さな梅の花のモチーフが隠れている事に気が付きまし
た。 去年は全く梅の花に関する物は有りませんでした。
この事に気が付いた時、大きな神意を感じました。

梅の花を辞書で調べると、
一節につき1個の花がなる。毎年2~4月に花を葉に先立っ
 て咲かせる。」 とありました。
一節につき1個の花とは、一人の人間ごとに内在神が花開
く。 と神霊は伝えます。
その時期は近い将来の春頃と・・・。
この「花を葉に先立つ」とは深いですね。
葉とは光合成を行う摂取と排泄の器官です。
葉は人間の肉体に相当します。
花は中身・人間の霊体・内在神とも言えます。
梅が葉よりも花を先に咲かせるとは、これから霊体が主体に
なる暗示を意味しています。

大本教の原典となる神示にも「梅の花」は頻出します。
「三千世界一度に開く梅の花」 が初発の神示にあり有名で
すが、特に「一度に開く」と「梅」は、セットで何度も出て来ま
す。 三千世界とは近年3000年間の現実界の様相、多数
の国々の今までの興亡、魂の輪廻転生の長い旅への1つの
区切りなどを意味し、新たな次元の世界が一挙に到来する
暗示です。

日常への感謝を通じて各人が内在神に目覚めると言う
「人類の5%運動」も、最初は時間が掛かりますが、ある
臨界点までのことです。 ある朝目覚めると、人類は本当の
自分を取り戻しているでしょう。
そうして良心が100%機能する社会の構築を始めるのです。
どうしても、他人の為に自分が出来る何かをしたく成るのです。
今の人類が自分の物欲に掛ける執念が、全体へのボランティア
に転化した時のエネルギーは大変なものです。
環境問題から社会構造、衣食住に至るまで激変します。
いずれ国境が無くなり、宗教も無くなります。

伊勢神宮伊雑宮の何時も優しい天照太御神が、
「縦の流れを、神の前に横一列へ」と静かに示した意味は、
幽界が構築した世界の終焉です。
これは、ある意味とても畏れ多い事です。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
     

応援して下さる方は、この4箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中から伊勢白山道を押してね。
初めての人は、左側の「
真客検索システム
」を利用して下さい。
読者のコメント欄には、大いなる学びが有りますので必読です。

クリックは毎日してね!

コメント (341)   この記事についてブログを書く
« 御知らせ | トップ | 口の伝えは真実 »

341 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます (さわさわ)
2009-01-17 09:38:24
昨日初めて散歩中にゴミを拾いました。
クニトコタチノカミが悲しまれるだろうと思いました。
恥ずかしがらず、続けたいです。
まさか私がこんなことをするなんてと驚き嬉しかったです。
Unknown (ここちよ。)
2009-01-17 09:40:14
生かして頂いてありがとう御座位ます
Unknown (出羽)
2009-01-17 09:42:21
今日もありがとうございます
おはようございます (セイイチ)
2009-01-17 09:42:36
その日を迎えられますように
生かして頂いて
ありがとうございます
ありがとうございます (せんべい)
2009-01-17 09:42:58
なんか有難いです。
近い将来の春頃に内在神の花開くこと嬉しくなりました!!
確実に精神の世界なのですね。
環境が色々あっても、感謝想起と先祖供養をしていたらいつの間にかそんな世界になっていた、というような感じなのでしょうか。
神の前に横一列!畏れ多いですがワクワクです。
まぶしい光に照らされてもちゃんと立って光を受けられる自分でありたいです。
垢落としがんばります。
生かして頂いてありがとう御座位ます。
感謝 (にこにこ子)
2009-01-17 09:44:31
待ち望んだ世の到来!ご先祖様一人々の壮絶なドラマのアンカーである自覚を持って、今を懸命に感謝して生き切る事ですね!
ウメー話? (SAKE)
2009-01-17 09:44:51
リーマンさん、今日の記事ありがとう御座います。
私が個人的以外に望んでいる内容が書かれていて嬉しいです。自分が望む世の中に近いものがありました。ところで、ミロクの世の人間の姿は気になるところです。リーマンさんはサナギが蝶になるような感じと書かれていたような気がします。みんなグレイみたいになるのでしょうか? もし、そのような形象になったら、私は人の顔で判断できません。違いますよね? 今日の内容は「梅」を例えているので、自分にとってはウメー話になりました。
今日も生かして頂いてありがとう御座います。
白山に (やすのり)
2009-01-17 09:45:22
ありがとうございます。感謝想起を日々行いながら人々が善くなる事を願い、今白山ー伊勢に感謝しに行く電車の中です。お蔭様で、お天気も晴天に恵まれ、アリガタヤ アリガタキカナ。下手くそですが、大祓詞をと考えております。
花一つにしても (みきみき)
2009-01-17 09:46:35
深い意味があるんですね…梅の花を 御紋にしている 関西にご本部のある 大きな宗教団体を思い出しました 本日も 生かして頂いて有難う御座います
いつの世も (柳五月雨)
2009-01-17 09:46:56
有り難しと言うことなのでしょう。科学崇高者は、突き詰めればその微粒子の形留まっての物質や肉体の儚さに、有り難さ、切なさを観るのでしょう。科学の計算式に拘りのない者は、何の疑いもなく、生活のふとしたかい間に、有り難さを見つけるのでしょう。其れが万民に知らしめられる神の行為とは。恐ろしい話ではあります。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事