伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

口の伝えは真実

2009-01-18 09:41:56 | Weblog
『通りゃんせ』 作詞・不詳   本居長世 編・作曲

通りゃんせ 通りゃんせ
ここはどこの 細通じゃ
天神様の 細道じゃ
ちっと通して 下しゃんせ
御用のないもの 通しゃせぬ
この子の七つの お祝いに
お札を納めに 参ります
行きはよいよい 帰りはこわい
こわいながらも
通りゃんせ 通りゃんせ

本居宣長は、江戸時代を代表する国学者であり、隠れた面では稀代の
霊学者であり、優秀な伊勢神道家でもあります。
この童謡に曲を付けて広めたのが、本居宣長から6代目の
子孫です。 作者をワザと不明にして、自分の実家に伝わる
宣長が残した遺稿から歌詞を見つけて作曲したと感じます。
童謡や民間伝承には意外と霊的に深いものが多いです。

行きはよいよい 帰りはこわい」とは、私たちの魂が生まれ出る過程その
ものだと感じます。
生まれたくて、生まれ出たくて魂は現実界に誕生し、そして死に向かって
心配しながら歩いて行きます。
この歌は、神様が魂をこの世に降ろす過程そのものを表現したと感じます。
生まれた魂には、全員に神様からの御用があることを意味しています。

民間伝承と言えば、民族学者の折口信夫は日本全国をくまな
く歩き研究した結果、歴史の本当の真実は口伝による先祖か
らの伝えに残存するとして、文書で残る物は疑うべきだとの
示唆を残しています。
その折口が残した印象深い見解が有ります。
芸能史、国文学を主な研究分野とするその研究は「折口学」といわれる。その業績はマレビトヨリシロに集約されうる。すなわち、国文学の起源を祝詞呪言に求め、さらにそれらがマレビト信仰に基づくものとした。また聖なる霊魂をヨリシロによって呼び寄せることによって、人間は神秘的な力を身につけられるとし、天皇は天皇霊を身につけた人物であると読み解いた。」 Wikipediaより。

民族学を極めた結果、
マレビト=神霊の概念。
ヨリシロ=実践的オカルト霊学の奥義。
を導き出しました。 これは私が神霊から伝えられた秘儀の
基本表面と一致します。
折口が学問の立場から究めて霊的世界を正しく捉えたとは、
私には稀有なる事だと思います。
真実が一つならば、当然の道理なのでしょうか。

生かして頂いて ありがとう御座位ます

人類の 5% 運動を広めたいです。
     

応援して下さる方は、この4箇所をクリックして下さい。
クリックして現れるランク一覧の中から伊勢白山道を押してね。
初めての人は、左側の「
真客検索システム
」を利用して下さい。
読者のコメント欄には、大いなる学びが有りますので必読です。

クリックは毎日してね!
コメント (262)   この記事についてブログを書く
« 梅の花 | トップ | 愛情ある俗物王に成れ! »

262 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2009-01-18 09:48:40
毎日ありがとうございます。
いつも心が揺れてばかりです。自信(自神)をもって進むために、先祖供養の日々ですが、たんたんって、どんな感覚なんでしょう。
今は、行動しか伴っていない状態ですが、これからも続けていきます。
生かしていただいて、ありがとうございます。

仕事に行ってきます。
おはようございます。 (シルフィ子)
2009-01-18 09:49:16
生かして頂いてありがとうございます。
Unknown (てつや)
2009-01-18 09:52:02
リーマンさん、朝から更新ありがとうございます。
どうも、通りゃんせのメロディーや歌は聞いているだけで、もの悲しくなっていました。2番の事は初めてしりました。真理的にも深い歌なんですね!

リーマンさんのこれからの活躍期待してます。
生かして頂いてありがとう御座居ます。
アマテラスオホミカミ
アマテラスオホミカミ
センター試験 (father)
2009-01-18 09:59:17
いつも良いお話をありがとうございます
おかげさまで、今日は娘が、健康で、センター試験会場に向かうことができました

生かしていただいてありがとうございます
民俗学ですね (吉)
2009-01-18 10:00:11
更新ありがとうございます。
こういった話は何故か大好きなので非常に興味深いです。

口伝と言えば、お天道様が見てるぞ と 悪いことすればバチがあたるぞ が
ばあちゃんの口癖でした 
生かして頂いてありがとうございます。
カゴメの歌 (しんのすけ)
2009-01-18 10:00:24
おはようございます。りーまんさん

童謡と言えば、カゴメの歌が解釈ができません。

籠の中の鳥は人間

鶴と亀がすべって 陰と陽の統一

後ろの正面だーれ ??????

これは徳川の埋蔵金ではなくてもっと

深い霊的な真実を教えていると思うのですが
Unknown (ひまわり)
2009-01-18 10:06:04
いつもありがとうございます!今日もがんばるぞ~!
生かして頂いてありがとうございます
ありがとうございます (木イチゴ)
2009-01-18 10:10:22
今日も興味深い記事をありがとうございます。
子どもの時から、歌詞やメロディが物悲しく、怖い感じのする曲だと思っていました。遊び歌としては楽しいゲームなのに、「この子の七つのお祝いにお参りするのに、行きはよいよい、帰りは怖いって・・・。どういうことだろう?」と不思議で、昔の日本の童謡はなんで暗い曲が多いのだろうと、あまり好きになれませんでした。少しわかってうれしいです。今度は「かごめうた」について、くわしく教えてくださいね。まだ早いかな?
生かして頂いてありがとうございます。
もののあはれ (うっち)
2009-01-18 10:16:46
本居宣長さんは「もののあはれ」を提唱された方です。
これも簡単に説明するには大変なことです。江戸時代の価値観が武や義に傾いていた頃、源氏物語のような平安文学の本質はモノ(森羅万象)に感じること、だと言われました。感じることはモノとその人の1対1の全身全霊での対話なので一問一答で答えることは出来ません。
でも言葉にすること文字に残すことも試みでトライアルでしょう。
白峰の水 (issa-origin)
2009-01-18 10:26:01
白峰の 雪解けの水 方円の        
  かたちに沿いて 命はぐくむ      
                     
 
 生かして頂いて            
  ありがとう御座位ます

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事