おっさんのカメラで録する日記
千葉外房を拠点としカワセミ・野鳥を追い求めたおっさんが、今では、街並み、祭り/まつり、自然を主な被写体に・・・・・。
 




Exif情報

 ブログ更新のための写真が無いなと思っていたところ、虎ノ門パストラルの跡地を見渡す先日の写真からこの写真があったことを思い出しました。
 ドリーム夜さ来いが行われた丸の内会場(行幸通り/丸ビル・新丸ビル間)を見渡せる格好の場所でランチをしたお店から、Galaxy S7 edge SC-02H で撮ったものです。
 窓枠が額縁とまではいきませんが、気に入っているおっさんです。
  
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





Exif情報

いい写真がないなと思っていたところ、TV東京の移転を話題にした”モヤモヤさまーず”を見ました。おっさんの仕事場の窓から、虎ノ門パストラルの跡地での開発工事と移転前のTV東京を見ることできます。Galaxy S7 edgeのカメラで先月に撮影したことを思い出しましたので活用致します。
将来、ここは、 「東京ワールドゲート 虎ノ門トラストタワー」となるそうです。
  
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





Exif情報



にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ







にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

 月が変わる前に、丸の内ドリーム夜さ来いでの、 本場”濱長花神楽”の皆さんをアップします。
 
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

 今日、11月24日は当地でも積雪がありました。Galaxy S7 edgeのカメラで撮った我が家の生け垣に積もる雪です。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )








 17日の泉自然公園から紅葉の続編です。
 来月上旬、おっさん&おばさんは、京都に行く予定にしているのですが、紅葉の盛りは過ぎてしまうのが、少し残念です。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





Exif情報


Exif情報

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ







 17日に泉自然公園まで、紅葉を見に出かけました。いつもは静かな公園ですが、紅葉情報に惹かれた方々で駐車場もほぼ一杯。見所ではカメラを持った人がかなりいました。 ここはカワセミスポットでも有名で大砲持参の方も多くいたのですが、今日は紅葉観賞の人出のため、カワセミには会えないかもしれないなと思いつつ、おっさんばこのような写真を妻と撮っていました。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





Exif情報

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

 ”ドリーム夜さ来い”から連続してのアップです。いろいろな笑顔、良いですね! 今回は、本場地元、高知からお見えの”四万十町よさこい踊り子隊・四万夢多”の方々です。
 なお、おっさんは、今回■スナップ撮影の承諾を推定できる場合を参考に、写真をアップしています。参考にした文言を次に引用しました。
【抜粋引用】  それでは、「承諾を推定できる」とはどのような場合でしょうか。  これは、被写体自身が撮影を承諾する意思を表明しているような状況を指します。例えば、お祭り会場、運動会会場、観光地などの公共の場で、カメラやビデオの撮影者が大勢いるところに来ている人たちには、撮影の承諾を推定できます。  お祭りでは御神輿の担ぎ手も見物人両者とも、撮影を承諾していると推定できます。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ


にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ



 昨年も出かけた丸の内でのよさこい。今年は11月6日。弾ける笑顔に元気が出ました。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

 金沢旅行の写真を総覧したところ、この3枚がおっさんのお気に入りとなりました。兼六園、金沢城、21世紀美術館、迎賓館等の観光地での撮影よりもこの観光とビジネスの両方の顔を持つ金沢駅の写真が、金沢旅行の最後(とりあえずの最後ですが)を飾る(?)ことになりました。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )