フォト&クラフト工房Gorou's (写真、カメラ、万年筆、腕時計、etc.)

写真、特に沖縄の・・・ カメラ、万年筆、腕時計など蒐集、修理復活などなど・・・写真と物の世界に嵌っています。

外付けファインダー

2017-11-23 00:10:00 | カメラ

外付けファインダー

 デジカメファインダーを探していて、いろいろ出て来ました。

 コンタックスG1にホロゴン16mmF8を着けています。絞りはF8の固定です。専用のファインダー(水準器付き)が付きます。
 本体ボディーに交換レンズに対応して見える範囲が変わる、ズームファインダーが内蔵されているのですが、ホロゴンは広角過ぎて対応していません。それで専用の外付けのファインダーが用意されています。

 

 ツァイスイコンにライカのファインダー(35mm)を付けています。

 ライカのメタルファインダーは、今でも人気があります。見えは抜群です。

 レンジファインダーカメラは、写る範囲を本体ファインダーのブライトフレームで確認します。レンズ交換をすると写る範囲が変わるので、これに対応して表示されているブライトフレームを選択して見るか、ライカM3などはフレームの表示自体を変えることができます。
 このような操作をせず、見たままの範囲が取り付けたレンズと同じにするため、焦点距離別の外付けファインダーがあります。その点、一眼レフは取り付けたレンズの画像をそのままミラーとペンタプリズムをとおして見ているので、外付けのファインダーは基本的にいりません。
 このツァイスイコンSWは、外付けのファインダーを前提としたタイプのカメラで、本体にファインダーがありません。それがまた、ちょっとかっこイイ訳です。
 スナップ撮影など動きのある被写体を撮るには、マニュアル焦点カメラでは、いちいち距離合わせをしている時間はありません。3mとか5mに合わせておいて、自分で近づいて行ってフレームだけでシャッターを押します。

 

~~~~~~~~~~~~~    ~~~~~~~~~~~~

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« デジカメ取付ファインダー | トップ | オリンパスペンのレンズをLマ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カメラ」カテゴリの最新記事