フォト&クラフト工房Gorou's (写真、カメラ、万年筆、腕時計、etc.)

写真、特に沖縄の・・・ カメラ、万年筆、腕時計など蒐集、修理復活などなど・・・写真と物の世界に嵌っています。

パイプのヤニ取りフィルター作成

2018-08-30 10:00:00 | 雑貨etc.

ブライヤーのパイプを手に入れました

 大航海時代の帆船に興味があって、関連した本を読み漁っています。竜ヶ崎の古書センターで、海賊の本を見つけて読んでいます。
 コロンブスが新大陸(北アメリカではなく、最初は西インド諸島、その後の航海で南米大陸)を発見し、そのほとんどがスペイン領となりました。南米ではヨーロッパには無い色々なものが発見されましたが、原住民のインディオが吸っていたタバコもその内の一つです。タバコは最初船乗り達が吸うようになり、その後ヨーロッパに持ち込まれ大流行しました。

 今日タバコは健康被害があるということで、あまり流行らないのですが・・・。大航海時代の本に刺激されちょっと吸ってみたくなって、パイプを手に入れた次第です。

 

 ブライヤー(灌木の根)のズル(ZULU)タイプのパイプです。

 メタル製(アルミニウムなど)ヤニ取りフィルターがありません。無くてもタバコは吸えると思いますが、作ることにしました。

 ビット(吸い口の部分)のダボ(ジョイント部)の径に合わせて、6mmの銅のパイプで作ることにしました。

 

 金ノコでカットし、切り口にヤスリをかけて滑らかにします。

 先は斜めにカットし、途中2箇所に上下から互い違いに切れ込みを入れてこれをつぶします。こうすることで煙が曲がって通るようになり、この部分にヤニが溜ります。時々このフィルターを抜き出してクリーニングします。
 ちょっとガタガタですが、一応これで完成。

 パイプタバコの葉は、今はなかなか手に入りません。私はタバコを止めてからもう何十年にもなりますが、昔は街角に必ずタバコ屋さんがありました。今はタバコ屋さんなど、全く見かけませんね。
 タバコはコンビニで売られているようですね。
それでコンビニでパイプタバコの葉を扱っているか探したのですが、どこにも置いていませんでした。ネット通販にはあるのですが、酒と一緒で身分証明が必要です。購入するのに身分登録しなければならず、面倒なので止めました。何とか扱っているお店を探し当てて、柏にありました。パイプタバコや葉巻などを置いているタバコ屋さんです。

 左の写真、買った葉はとても香りの良い”AMPHORA(アンフォーラ)”です。手前中央はコンパニオンで、パイプに葉を詰める時などに使います。ライターは、バーナータイプの物を使います。

 パイプタバコは昔吸っていたことがあるのですが、その時のことを思い出しました。今でも外国航路の船長さんが、パイプタバコを吸っている図を時々見かけますね。帆船時代の航海は長い船上生活を強いられて、タバコでも吸って気分転換しないとやってられなかったでしょうね。お酒、ラム酒やワイン、ビールなども大量に積まれていたようです。

 パイプを吹かしながらラム酒でも飲めば、すっかり海賊気分ですね。カティーサークでもイイなぁw…
 でも健康のことを考えて、吸うのは程々にしておきます。お酒も。

 

~~~~~~~~~~~~    ~~~~~~~~~~

コメント

昭和のゴム切り鋏

2018-08-06 22:57:19 | 雑貨etc.

昭和のゴム切り鋏

 特に理由はないのですが、刃の部分が反った昭和時代のゴム切り鋏(洋バサミ)を手に入れました。しいていえば、サクサクの切れ味のハサミが欲しかったということです。

 握りの輪が、大きいです。ゴムを切るのに一方の輪に親指と、もう一方に人差し指、中指、薬指、小指まで入れて力が入るようにしているのでしょう。

 2本とも同じ規格のものです。3つの双葉印と”SRG.Y"と刻印があります。

 刃の部分に反りがあります。2枚の刃の反りがぴったり一致して、抜群な切れ味です。このかみ合わせの精度で切れ味が決まります。
 ちなみに刃を研ぐときはかみ合っている面ではなく、刃の先端のコバの部分を面に合わせて研ぎます。かみ合っている面を研ぐと隙間ができて、切れなくなります。

 反りがあるので、紙など薄いものをまっすぐ切るのは難しいです。厚みがあって、少し硬いゴムなどを切ると、まっすぐに切れるのかもしれません。確かに厚いものを切るときは、右手で使う場合、上下の刃が右に曲がってかみ合っている方が切り易い、よく切れるのかもしれません。

 先端部分がわずかにクロスしています。精密な加工です。鋼が青光りしています。

 

~~~~~~~~~~~    ~~~~~~~~~

コメント

時計、カメラなどの部品をセットするバイス

2018-08-02 00:35:38 | 雑貨etc.

時計、カメラなどの部品をセット、固定するバイス

地元のホームセンターをうろうろしていて、ミニバイスを見つけました。

 プラスチック製のチープなバイスです。でも、軽い時計の部品などを加工するには、重宝しそうです。台湾製です。中国製では、ありません!

 

 ベースはゴム製でサイドのレバーを回すことにより、テーブルのビニールシートなどに密着、固定できます。腕時計の部品など軽いものの作業には、これで十分です。

 逆作用のピンセット(左写真の右)や大きな重いバイス(左写真の左上)も、それぞれの使い道で必要です。
 右の写真、小さな逆作用のピンセットです。これはちょっと軽すぎて、あまり使い道がありませんでした。

 

~~~~~~~~~~~~    ~~~~~~~~~~~

コメント

平和島骨董まつり 中国茶聞香杯と茶壺

2018-06-23 15:16:07 | 雑貨etc.

平和島骨董まつり

 平和島骨董まつりに行ってきました。

 中国茶の茶壺(急須)と聞香杯を買ってきました。以前から中国茶には興味があって、たまたま目について、朱泥の茶器を手に入れました。

 それぞれ別の店で選んだので、朱泥の色が違っています。

 茶壺(急須)はちょっと古いもののようです。蓋のつまみに小さな穴が開いています。茶海に載せて継ぐときに中のお茶がうまく流れ出るようにするための空気穴です。

 

 このように茶海(一旦お茶を注ぎ入れる器)にお茶を注ぎます。こうすることで、お茶の濃さが均一になります。

 はじめに茶海から細長い杯、聞香杯にお茶を継いで、左の茶碗、品茗杯をかぶせて蓋にします。それをひっくり返して、お茶を品茗杯に移します。聞香杯を取り上げて杯の香りを嗅ぎます。品茗杯のお茶をいただきます。

 呉須の草模様の瀬戸焼?・・・の平盃も手に入れました。半磁器の粘土で作ろうと思っていたのですが、気に入った物があったので手に入れました。

 

 瀬戸赤津か信楽の土だと思います。透明釉がかかっています。縁が二か所欠けています。窯印はありませんが、けっこう古いものだと思います。

 呉須の草文様(アシ?)が描かれていて、細かな貫入があります。盃にちょうど良い大きさです。
さてこの盃で、地元の酒「君萬代」の冷酒でも飲みますか。徳利は青い切子が合いそうです。

 

~~~~~~~~~~~~~~    ~~~~~~~~~~~~

コメント

フォールディングナイフ(made in Japan)

2018-02-03 00:16:06 | 雑貨etc.

フォールディングナイフ(Japan made)とアーミーナイフ

 アーミーナイフは、VICTORINOX(ヴィクトリノックス)です。以前から持っていました。
 下2本はフォールディングナイフ(ブレードをグリップにたたみ込むことが出来る)で、ブレードの形はドロップポイント(上)とクリップポイント(下)です。こちらは、最近手に入れました。

ブレードの素材は、二本とも440STAINLESS です。

 特に上のドロップポイントの切れ味は、抜群です。軟らかいティッシュも、スーッと切れ込みが入ってしまいます。

 ブレードの大きさは、6.5cm程度です。ハンドル(グリップ)は、象牙風のプラスチックでしょう。

 by BST BASIC-TOOLS とあります。
日本製です。誤って刃を握らないようヒルトと呼ばれるストッパーがあります。

 

 こちらのクリップポイントが使い心地が良くて、気に入っています。ハンドル(グリップ)とブレードの大きさ、バランスがとても良いです。ブレードは、9cmあります。

 フォールディングナイフなのでハンドルの下に、ロックリリース(ブレードをハンドルに収める時にロックを外す)が付いています。ハンドルは、紫檀?製でしょうか。

 ”MAXAM JAPAN-S”とあります。
 ナイフには全く詳しくないのでどの様なメーカーなのか、分かりません。
 実は昨年の12月号だったか「暮しの手帖」にこのハンドルが木製のクリップポイント型ナイフで、柿の革をむいて、シェラカップに盛っている写真が載っていて、それに参った次第です。
 柿やリンゴをカットして皮をむくのに、誠に良さそうなナイフです。シェラカップに盛るのが、ナイフと相まってワイルドでイイですねぇ。
 べつに、果物ナイフを使えばいいのに・・・

 アーミーナイフはもう一本、HENCKEL製があります。これはアーミーナイフというのかどうか。ワインのコルク抜きが付いているのが気に入っています。

 

 ヴィクトリノックスには、ハサミが付いています。山型のバネが入っているのですが、これが折れてしまって付け替えました。下の金属片は、ハサミのバネの折れた根元のカケラです。新しいバネをはめ込むのに、苦労しました。

 ピンセットが付いてます。これも紛失していたので、手に入れました。とげぬき用です。ハードなアウトドア環境で使うナイフにしては、何か芸が細かいですね。
 スイスのアーミーナイフは、他にウェンガ-があります。ほとんど同じデザインのナイフを出しています。どちらかというと、ビクトリノックスの方がクラシックな感じかな。今も正規のスイス軍が本当にこのナイフを使っているのかは、???です。

 ここで一つ注意です。刃渡り5.5cm以上のナイフは、常時携帯することは法律で禁止されています。目的なしに持ち歩くことは法律違反になりますので、注意が必要です。アーミーナイフなども、機内持ち込みは禁止です。

 

 突然・・・Tennessee WHISKEY  JACK DANIEL'S

 ノベルティの瓶と同じ形のロックグラスです。ブレードランナーのデッカード警部が使っていた四角いグラスに似ています。ジャックダニエルは、チャコールで濾して作られたウィスキーです。イメージとしては香ばしい味を想像しますが、香りはトウモロコシなどを原料とするバーボン、アメリカウィスキーです。味は香ばしい辛口ではなく、甘くソフトでマイルドな口当たりです。今、結構気に入って1L瓶を買って、このノベルティグラスで飲んでます。
 フォールディングナイフで、今の時期だとリンゴかな、皮をむいた果物とジャックダニエルのロック、合うかなあ・・・

 

~~~~~~~~~~~~    ~~~~~~~~~~~

コメント