フォト&クラフト工房Gorou's (写真、カメラ、万年筆、腕時計、etc.)

写真、特に沖縄の・・・ カメラ、万年筆、腕時計など蒐集、修理復活などなど・・・写真と物の世界に嵌っています。

SWISS MADE のスモールセコンド 調整

2018-06-25 10:00:00 | 腕時計

SWISS MADE のスモールセコンド調整しました

 SWISS MADE の”UniversWatch"です。

1970年代でしょうか、SWISS MADE の手巻きスモールセコンドです。

 テンプが止まってしまいます。よく見ると、ガンギ車の先端にわずかに錆が出ていました。分解してベンジンに浸け、ヤスリで削り落とす必要があるのですが、錆の出方がわずかなのでシリコンスプレーを差してみることにしました。
 テンプは少し勢いが出て動き出したように見えたのですが、暫くするとまた止まってしまいました。シリコンスプレーは、溶剤はすぐに飛んでしまって、摩擦抵抗を減少させる粉末状の滑り粉が残ります。これを改めて洗浄剤で洗い流すと、動き出しました。


 錆とグリスの固化の両方が原因だったのかもしれません。分解してベンジンで洗浄すれば、一発で復活したかもしれません。面倒こいて、手抜きしました。でもまあ動き出したので、OKでしょう。
 しかし平置きだと元気なのに、縦置きにするとテンプの振れは緩慢になって来ます。天真の摩滅があるのでしょう。ヒゲゼンマイも弱っているのかもしれません。こうなると天真、ヒゲゼンマイを交換するしかありません。交換部品は無いと思うので、完全な修理は難しい状況ですね。荒療治で、テンプの受板を少し押さえつけて曲げる・・・のもありかもしれませんが・・・

 その荒療治をした”WALTHAM"懐中時計は、持ち歩いても順調に動いてます。

 

 左が”WALTHAM"、右は中国製?のクォーツです。

 

~~~~~~~~~~    ~~~~~~~~^

コメント

先端がセラミックのピンセット

2018-06-20 21:09:23 | 腕時計

先端がセラミックのピンセット

 先端がセラミック製のピンセットとプラピンセット、半円形で先端の尖ったピンセットです。

 

 左から3、4、5本目の先端がセラミックのピンセットは、最近手に入れました。ガスバーナーで熱しても大丈夫です。

 プラスチック製のピンセットです。ボタン電池を取り出す時などに使っています。軟らかいので、強い力を加えると、欠けてたり折れたりしてしまいます。

 

 先端が白いセラミック製のピンセットです。ストレートと曲がったものの3種類です。クォーツ製腕時計のステップモーター、マグネットのコマなどを扱うのに使います。プラ製のピンセットは、軟らかくて使えません。
 先端部が太いので、ヤスリで削って細くする必要があります。ただしセラミック製なので、細くし過ぎると欠けてしまうので注意が必要です。

 スチールの先の曲がったピンセットです。先端が非常に細いので、ヒゲゼンマイの調整などに使えそうです。精密に加工されています。多分、スイス製だと思います。ボディの部分も厚く、とても良いものです。

 カメラの修理でもそうですが、時計の修理で最も基本的かつ重要な工具がピンセットです。ピンセットの扱いに習熟できれば、修理の腕前も一流です。

 

~~~~~~~~~~~~    ~~~~~~~~~~~

コメント (2)

SWISS MADE プラ風防取替

2018-06-15 15:11:43 | 腕時計

SWISS MADE の OSTERN 17JEWELS プラ風防の取替

 SWISS MADE の OSTERN 17JEWELS のプラ風防が割れていたので、取り替えました。リュウズの大きな1950年~代の時計だと思います。(追伸:スクリュータイプの裏蓋だったので、もっと新しい、多分1960年代でしょう。)

 29.4mm径のドーム型プラ風防を付け替えます。

 古いプラ風防なので、剥離剤をピンセットの隙間に取り込んで、風防とベゼルの接着面に浸透させて接着剤を溶かします。

 剥がれました。文字盤は比較的きれいですが、針に錆が浮いています。ピンセットの先端で少し削り取りました。
 剣抜きで外して、しっかり磨いてもイイのですが、なにしろ古いものなので一旦針を外す穴が緩んでしまって再び取り付ける時に上手くいかなくなるかもしれません。なので止めておきます。針の中心部に塗られている蛍光塗料を剥がしてしまう恐れもありますので。

 ベゼルの縁にUVレジンを塗って、新しい風防をはめ込みます。風防が少し小さくて、29.6mm位がピッタリのサイズでしたがUVレジンは充填剤にもなるので、そのままUVライトで固化します。
 このときUVライトが文字盤に当たると、夜光塗料が蛍光を発して光りました。まだあまり劣化していないようです。で、例の放射能測定器で放射線を測ってみることにしました。

 左が時計の上の測定値です。右は、離れた位置での値。2倍強の差が出ました。やはり放射能が出ているようです。
 なにしろ夜光塗料の原料ラジウムの放射能半減期は、1622年なので。ラジウムは他の物質と反応しても、放射線は出し続けます。そのエネルギーを利用して塗料を発光させている訳です。

 文字盤も針も、まあまあ・・・きれいになりました。ムーブメントは快調です。秒針の先端部分には、赤い塗料が残っていました。この部分には、メタルカラーのコパー(銅色)を塗っても良かったかもしれません。シンプルですがクラシックな雰囲気の、よいデザインです。大きなリュウズもよいアクセントになっています。ラグ幅は、18mmです。こげ茶のエナメル系のベルトが合いそうです。

-追伸-
 上の写真で見られるように、剣ズレもかなりあるのでもう一度開けることにしました。風防は接着してしまったので、裏蓋を開けてムーブメントを取り出します。

 オープナーで開けます。

 

 

 ムーブメントはキレイな状態です。

 剣ズレを調整して、秒針も先の方を銅色のメタルカラーで塗りました。

きれいに仕上がりました。

 

~~~~~~~~~~~    ~~~~~~~~~~

コメント

エルジン・クォーツ遅れ調整

2018-06-11 15:04:57 | 腕時計

エルジンクォーツ(ELGIN QUARTZ) の遅れ調整

 エルジンのクォーツです。一日に1分程、コンスタント!? に遅れます。

 そもそもクォーツなのに、一定して遅れるとはどういうこと!?

 クォーツの遅れには、いくつかの原因が考えられます。

 ① 電池の電圧が落ちてきて、ステップモーターのコマが回転しきれないことがある。腕時計のリチウムや参加銀電池は消耗してくると急激に電圧が下がるので、基本的にはほとんど止まってしまいます。このエルジンは電池交換しているので、電圧の問題ではないようです。
 ② アナログ・クォーツはステップモーターの回転を歯車で秒針に伝えているので、歯車部分のグリスが固まるなどしてスムースに回転していない。
 ③ 回路のコンデンサーが劣化して、電圧が不安定になっている。

 でも、一定して遅れる原因としては、これらではないように思われるのですが。

 遅れ方の状況から回路の不良は考えられません。歯車の回転がスムースでないかもしれないので、とにかく洗浄することにしました。
 蓋を開けてムーブメントを見ると、中央やや左下に少し大きなネジがあります。回路のプリント配線が腐食していることも考えられるので様子を見ようと、このネジを回したのですが全く緩みません。横に”UNADJUATED”(補正)と刻印されています。時間合わせのための調整ネジでしょうか。
 洗浄と併せてこのネジもとりあえず右に2回転ほど回して様子を見ました。

 すると何と左の正確な”OBARU(DENMARK)”(遅れをチェックするためのクォーツ)とピッタリ一致しました。結局原因は歯車の回転不良か、あるいは回路が不安定なのか・・・洗浄が効いたのか時間合わせネジ?で調整できたのか・・・。多分ネジで調整できたのかもしれません。でもネジで補正できたのならば、どのような仕組みで時間、つまりクォーツの振動数をステップモーターに伝える回路のタイムスパンを調整するのか・・・電子回路なのに・・・解りません!
 まあとにかく遅れはなくなったので、これで好とします。でもこんな中途半端に遅れるクォーツって、今まで見たことありません。

-追伸-
 そういえば思い出しました。以前にも回路のプレートを止めているのではなく回しても緩まない、不自然に大きなネジのあるムーブメントを。何のためのネジだろう・・・と思った記憶があります。クォーツで時間が狂うことなんてほとんどないので気にしていなかったのですが、時間調整のためのネジだったのですね、多分。でもそのような機構のクォーツは、古いものだと思います。最近のムーブメントに、このようなネジは見られませんね。
 クォーツ(水晶)は、電圧をかけると非常に正確な振動を発生します。これを取り出してIC制御によりステップモーター(コイルの電磁石で永久磁石のコマを1秒単位で反転させる)を動かします。この処理は基本的にデジタル制御なので、アナログの時間制御はしていません。というかアナログ制御が入ると、時間が不正確になります。私の知識はここまでで、したがってネジを回すようなアナログ処理で、どのように水晶の固有振動数に基づく時間を制御するのか・・・。勉強不足ですね。調べてみます。

 

~~~~~~~~~~~~    ~~~~~~~~~~

コメント

クォーツ・スモールセコンドの修理(3)

2018-05-29 23:02:47 | 腕時計

クォーツ・スモールセコンドの文字盤外し

 輪列をくみ上げて電池を入れてみたのですが、まったくピクリとも動きません。時間合わせもできない状態なので、文字盤を外して時間合わせ部分の歯車の具合を見てみます。

 ムーブメントと文字盤を接続している突起を止めるクリップです。2か所あります。これを外して文字盤を抜き取ります。

 文字盤を外すため、事前に剣も抜きます。

 

 時間合わせの歯車の受け板も外して、状態を見ます。巻き芯の抜き差しでツツミ車(時間合わせの歯車に巻き芯の回転を伝える)を移動するクリップ、オシドリが2段引きでした。結局この箇所に不具合はありませんでした。文字盤を外したことで、構造を確認した・・・ということですね。日付ダイヤルはないので2段引きにする必要はないのですが・・・

 時間合わせはできるようになりました・・・が、やはり電池を入れても動きません。改めて、クォーツ発振子やプリント配線のボードをクリーニングしてテスターで通電も確認したのですが、どうしてもだめでした。いけると思ったのですがねぇ。
 ステップモーターのコマが、ピクリとも動きません。どうもクォーツ発振子がいかれているみたいです。水没して発振子の管に水が入り込んで、中が腐食したのかもしれません。ボードごと取り替えるか、クォーツ発振子の管のみを付け替えるか・・・ボードは手に入らないと思うので、クォーツ発振子のみを付け替えるのはありかも。細かい作業ですが、2か所のハンダ付けだけなので。
 ちょっと気に入っている時計なので、検討したいと思います。

 このクォーツの報告は、一応これまでとします。発振子取り換えの目途がついたら、また報告することにいたします。
 う~ん、結局だめだったなぁ・・・

 

~~~~~~~~~~~~~    ~~~~~~~~~~~

コメント