食品のカラクリと暮らしの裏側

食品の安全・安心が総崩れ、また政治・社会の矛盾や理不尽さも増大  暮らしの裏側の酷さやまやかし、危険性・不健全さに迫る!

黒川弘務検事長勤務延長の検察庁法改定案は撤回せよ!三権分立を揺るがす*赤旗だより/少数派

2020年05月15日 | 政治情勢2
Ns170minoritytp 少数派シリーズ/政治情勢(赤旗だより)
黒川弘務検事長勤務延長の検察庁法改定案は撤回せよ!三権分立を揺るがす

Akahatan01

■政府が検察官の人事に恒常的に介入できる仕組みを制度化するもの
投稿はしんぶん赤旗を活用しております/今回の検察庁法改定の動きは、安倍政権が定年目前の黒川弘務東京高検検事長の勤務延長を、国家公務員法(国公法)の定年延長規定を根拠に閣議決定したことが発端でした。これは検察庁法に違反し、政府が検察官に国公法は適用されないとしてきた解釈も覆すものでした。改定案は、黒川氏の違法な勤務延長を正当化し、政府が検察官の人事に恒常的に介入できる仕組みを制度化するものにほかなりません。安倍晋三政権が国会での審議入りを強行した検察庁法改定案への抗議が、インターネット上で空前の広がりを見せるなど、国民的な怒りの声として沸き上がっています。

同改定案は、検察の幹部人事に政府が干渉・介入できるようにするもので、ツイッター上の「#検察庁法改正案に抗議します」の投稿は数百万件に上りました。安倍政権は衆院通過を図り、今国会での成立を狙っています。新型コロナウイルスの感染収束のために与野党の違いを超えて力を合わせなければならない時に、火事場泥棒のようなやり方は断じて許されません。検察庁法改定案は、自民・公明の与党が野党の反対を無視し、衆院内閣委員会で審議入りを強行しました。安倍政権は、同改定案が憲法の基本原則である三権分立に関わる重要法案であるにもかかわらず、国公法等改定案の中に含めて一つの法案として国会に提出しました。

■「#検察庁法改正案に抗議します」著名俳優・歌手・演出家・漫画家ら次々抗議
これに対し野党は、法案の切り離しや、検察庁法を所管する森雅子法相の出席、法務委員会との連合審査を求めてきました。しかし、与党はこれらの要求をことごとく拒否し、野党欠席のまま衆院内閣委を開会しました。安倍政権のコロナ対応が後手後手に回る中で改定案の成立を急ぐ与党の姿勢に怒りが沸騰したのは当然です。ツイッター上の投稿は急速に拡大し、著名な俳優や歌手、演出家、漫画家らも次々と抗議の意思を表明しました。これを受け日本共産党、立憲民主党、国民民主党、社民党の野党4党首がそろって動画でメッセージを投稿し、三権分立と民主主義を守るために力を合わせようと呼びかけました。

法曹界からの反対の声も高まっています。日本弁護士連合会(日弁連)の荒中(あら・ただし)会長が先月に続き2回目の反対声明を発表しました。「法の支配の危機を憂う弁護士の会」が先月発表した反対アピールには、日弁連の会長・副会長経験者を含む2000人を超える弁護士が賛同しています。現行の検察庁法は、検察官の定年年齢を定め、その延長を認めていません。準司法官として首相をも逮捕できる強力な権限を持つ検察官には、定年になれば例外なく退職するルールを設け、政府が人事への恣意(しい)的な干渉をできないようにしています。

ところが、改定案は、高検検事長や地検検事正など役職者の勤務延長を認め、その判断を内閣や法相に委ねます。検察官に求められる政治的中立性や独立性を脅かす重大問題です。安倍首相は「内閣の恣意的な人事が行われるとの懸念は当たらない」とうそぶいていますが、国民の怒りをいっそう大きくするだけです。検察庁法改定案は撤回しかありません。

しんぶん赤旗の複製可能範囲内において、投稿者によって一部割愛や
それに伴う接続文章等の修正・タイトル付けを行いました。


投稿者からのひと言/一刻も早く新型コロナを終息すべきところ、安倍首相は後ろ向きな姿勢ばかり。一方で、火事場泥棒のような検察庁法改定案を提出してきた。改めて、安倍首相の恥知らずな行為に憤りを感ずる。こんな法律ができれば、行政権力にメスを入れられなくなる。かつては、故・田中元首相をも逮捕したことがあった。安倍首相は、森友・加計・桜疑惑などで、相当、後ろめたいことをやってきた。だから、こんなことをするのである。

Sankoub
3・松尾貴史コラム◇検察庁法改正案に抗議の声、安倍首相が壊そうとする三権分立
2・検察庁法改定案 「朕は国家なり」を彷彿とさせる安倍首相・強行許さぬの声さらに大きく

Akahatatop

この記事についてブログを書く
« 蚊による新型コロナの感染に... | トップ | コロナ対策117兆円規模と... »

政治情勢2」カテゴリの最新記事