食品のカラクリと暮らしの裏側

食品の安全・安心が総崩れ、また政治・社会の矛盾や理不尽さも増大
暮らしの裏側の酷さやまやかし、危険性・不健全さに迫る!

少数派シリーズ/分野別リンク表紙 [マイ学習レポート]

2019年07月18日 | マイ学習レポート・他
Ns170minoritytp
少数派シリーズ 分野別リンク表紙  ■マイ学習レポート

Indm19450200510021905361

いつも少数派シリーズにお越し頂き、誠にありがとうございます。
「マイ学習レポート」の内容を、最新投稿順に掲載しております。リ
ンクインデックスから記事にリンクされるか、このカテゴリをページ
ダウンするとご覧になれます。

Nindex

Sindm19book2 ■マイ学習レポート

アポロ11号月面着陸から50年「人類は大きな飛躍」をしたのだろうか
フォーク並びに続きフルーツフォーク並び(エスカレーター2列)も定着させよう
 *高齢者保護・事故防止のためエスカレータは2列に並ぶ・駆け上がり禁止を

Komono_0202 誠に勝手ながらコメントのやりとりは致しておりません

Ntopkeiji

アポロ11号月面着陸から50年「人類は大きな飛躍」をしたのだろうか/少数派

2019年07月17日 | マイ学習レポート・他
Ns170minoritytp 少数派シリーズ/マイ学習レポート
アポロ11号月面着陸から50年「人類は大きな飛躍」をしたのだろうか

Mind784470

日本時間1969(S44).7.21 午前11:56 アポロ11号の
アームストロング船長が、人類初の月面に降り立った  あれから50年経ったのか

投稿者は、当時、朝5時の着陸後から断続的にTVを見ていたが、中々、
船長が降りて来なくて 肝心な場面はリアルタイムで見逃した
宇宙ドラマの感覚で 着陸したらすぐ船外に出るものだと思っていた

「一人の人間にとっては小さな一歩だが 人類にとっては大きな飛躍である」
素晴らしい言葉だが その当時でも 地球にいた時に考えたのだろうと思った
それから50年 果たして「人類は大きな飛躍」をしたのか甚だ疑問である


人類は本当に月に降り立ったのだろうか
宇宙なのに星条旗がゆらゆらと風で揺らめいているように見える
あんな薄い宇宙服で、宇宙線(放射線)が防げたのだろうか
スタジオで撮られた録画説が今でも絶えない

投稿者が一番感動したのは、こうした宇宙ショーではない
初めて耳にした西山千(せん)氏の同時通訳
通訳は昔からあったが、同時通訳にびっくりした
今では当たり前になった 後で調べたら西山氏が先駆者だ(2007年没・95歳)

1970年大阪万博で「月の石」が展示されても
連日、5~6時間待ちの行列でアメリカ展示館さえ入れなかった


半世紀前には米ソ間の宇宙競争が激しかったが
まさか日本や中国が、今日、こんなに高度な技術を持つとは思わなかった

日本の宇宙技術は、長さ20cmぐらいのペンシルロケットを水平に打つ実験から始まった
それが今や 小惑星イトカワのへの「はやぶさ」  月周回衛星「かぐや」など

でもお金持ちの誰かさんと違い、月旅行へ行きたいとは思わない (先立つものもないが・・・)
地球から、ドビュッシー「月の光」やベートーベンの「月光」を聞きながら・・・
それではカッコ付け過ぎるので、菅原都々子の「月がとっても青いから」も加えて
“遠回り”して 青白き月をしみじみと眺めたい

Sankoub 映画バックトゥザフューチャーでは2015年10月・車が空を飛んだはずなのに

TOPページへ

フォーク並びに続きフルーツフォーク並び(エスカレーター2列)も定着させよう/少数派

2019年04月07日 | マイ学習レポート・他
Ns170minoritytp 少数派シリーズ/マイ学習レポート
フォーク並びに続きフルーツフォーク並び(エスカレーター2列)も定着させよう
高齢者保護・事故防止のためエスカレータは2列に並ぶ・駆け上がり禁止を

K131311773b

■フォーク並び/ATMなどまず1列に並び順番が来るそれぞれに分かれる様
「フォーク並び」というから、このオジサンはてっきり洋食フルコースのナイフ・フォークの使い方かなと思ったら、公共の場の並び方だったのですね(わざとらしいボケ)。ATM・コンビニ・トイレ・一般窓口からやや離れ1列に並んでいたものが、自分の番が来ると数か所の各機器や窓口に分岐する様から、食器の「フォーク並び」と呼ばれるようになりました。欧米ではかなり前から常識化されていたようでも、日本では1990年代ぐらいでしょうか。昔は窓口ごとに並ぶ(多重並び・パラレル並び)ので、隣の列が早く進むとイライラしました。またトイレ(小)でも、病気を患い尿が出にくい方がいる列に並んでしまい、漏らしそうになったことがあります(苦)。

ところでフォーク並びと、パラレル並びではどちらが効率的(早い)かご存じですか? 一見、フォーク並びに思えますが、フォーク並びは全体としては進行が遅れるのです。なぜなら1列の先頭から、各窓口へ行くまでに数歩・数秒掛かるので、その分だけ段々と遅延していきます。言わばフォーク並びは「全体として公平性を保つ」反面、「全員に時間超過を課す」ものです。時間が掛かっても、こちらのほうがよいでしょう。年代や地域によって、定着度は異なるようです。この並び方をご存じない高齢者がいきなり窓口に立ち、結果的に“割り込み”になって気の毒に注意されるケースがあります。逆に若い方は、昔のパラレル並びはご存じない方が多いようです。

ただフォーク並びは、お客が多いモールや大型店は向いていません。余りに行列が長いと、買わずに帰る心理が働くからです。スーパーの多くが、レジ前のパラレル並びなので苦痛を生じます。設置困難な理由が、スペースの余裕がない、カートや重いカゴを持って長い距離を進ませるのはお客に迷惑が掛かるとしていますが、何とか対策して欲しいものです。なおついでに、「小腸並び」も調べました。一定のスペースにロープを張って、ジグザグに進む並び方です。これなら割り込み防止、景色が変わるので飽き(待ち時間)を感じさせないメリットがあります。でも、まとまったスペースが必要です。

■フルーツフォーク並び/エスカレータは全体の安全と効率化を考え2列並びの習慣構築を
最後は、投稿者の造語ですが「フルーツフォーク(フルーツピック)並び」です。フルーツフォークとは、果物を刺して食べるあの細い二股のものです。二股と言えば、投稿者は「エスカレータの2列並び」の推進話に強引に持っていこうとしています(苦)。フォーク並びの1列から2列に分岐ではなく、この場合は最初から2列に並ぶものです。無理やり言葉を当てはめたもので、厳密には“箸並び”かも(苦)。現在、エスカレータは関東圏が左側に1列、関西圏は右側に並びます。空いたほうを駆け上がる・下がることで、並んでいた方が接触に巻き込まれ、死亡事故や大怪我が問題になっています。

東京駅では駅員が、盛んにエスカレータは「2列に並ぶ」 「走らないこと」を訴えていますが、中々、効き目がありません。東京オリンピックを控え来日外国人が急増、諸外国はエスカレータを駆け上がる習慣がないため、混乱や事故が予想されるからです。専門家は、そもそも1列並びは効率が悪く、当然2列並びのほうが早くさばけるとしています。2列並びは高齢者を含めた事故防止、また全体が早く上がれるのが最大のメリットです。月日を掛けながら、「フルーツフォーク並び」を定着化させたいものです。とは言え個人ベースの実行は無理、鉄道会社一丸の粘り強い姿勢・対策が求められます。

Ntopkeiji