エルシエナ・マンドリンアンサンブル

千葉市を中心に活動する、エルシエナ・マンドリンアンサンブルのブログです。練習・活動報告などをアップしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

イタリア協奏曲2楽章

2017-09-22 01:15:55 | 曲について
<イタリア協奏曲2楽章>

3楽章で構成されています、本曲。
とりわけ「2楽章」がムツカシイ・・と聞き及んでいました。

ま、微妙な「リズム」とる事だけでしたし、ファーストと
セカンドだけがキチンと弾ければ、何の問題もない訳で
スムーズに完成していました。

ただ、原曲には拘りましたので、「原曲スコア」だけは
さっさと購入していました。

●トリル

バッハのみならず「バロック音楽」をお勉強をした人なら
「上」からのトリル演奏と習ったはずです。
私自身もそうでしたが。。

が、が、が。。
いやいや、そんな底の浅い均一的な、バッハ奏法じゃなかった事が
合宿で判明ーー!!

原曲スコア見ながら、私はかなり叫んだーー!!

「誰がこれ書いた訳??」ってね。。
返事に困ったメンバーは

「多分、バッハだと思うけど。。」

原曲だって、それ誰が書いたか分かりませんからね。
まして、それをマンドリン用に編曲するとなれば、
どんだけお勉強しなければならないでしょうか???!

と言う訳で、エルシエナなりの解釈をせざるを得ませんでした。
バロックで、下から演奏する「トリル」もあり得たんだとは
もうビックリの世界でした。

勉強不足のコンマスで、かなり反省した合宿となりました。はぁ

by代表

この記事をはてなブックマークに追加