エルシエナ・マンドリンアンサンブル

千葉市を中心に活動する、エルシエナ・マンドリンアンサンブルのブログです。練習・活動報告などをアップしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本の食文化をたどる旅(静岡・愛知編)パート4

2014-01-31 00:30:16 | その他
<2日目続き>

★関西風うなぎ

浜松は、鰻の産地です~!
鰻屋だらけでしたが、関西風のお店は数件だけしかありませんでした。



 関東風・・背開きにして蒸す
 関西風・・腹開きにして蒸さない

焼き方が全然違うので、お味も食感も全然違います~!
関東は、ふわふわ柔らかいんですよね。
それはそれで美味しいのですが。

しかしそれにしても、鰻の値段がうなぎのぼり。。

★長篠城史跡

歴史の教科書でしか習っていないので、訪れました。
しばし、昔を偲んだ時間を過ごせましたでしょうか。


★奥三河「湯谷温泉」



開湯1300年の歴史ある温泉です。
調べたところ、渓流沿いにありそうなので決めたわけです。

泉質は、ナトリウム・カルシウム塩化物泉。
源泉の温度が低い為、写真の露天風呂は、私の好きなヌル湯でした。
勿論、源泉かけながし、24時間風呂です!!笑

BY代表



この記事をはてなブックマークに追加

日本の食文化をたどる旅(静岡・愛知編)パート3

2014-01-30 01:33:33 | その他
旅の続きを・・

<2日目>

★中田島砂丘

日本3大砂丘と言う事なので訪れましたが。。
「風紋」などよくよく見なければ分からない状況。
何も聞かないで行けば、通常の海岸とあまり大差はありませんでした。
という訳で、写真撮影を断念~!

★龍譚寺(りょうたんじ)





湖北五山の一つで、お庭が素晴らしいという事なので
訪れることに。
京都有名お寺を彷彿とさせました。

お庭もですが、私の大好きな「襖絵」がありました。



それも、龍の絵です!!
何が好きかって、龍なんですよね。。

BY代表(ぼちぼち練習せねば・・・)


この記事をはてなブックマークに追加

日本の食文化をたどる旅(静岡・愛知編)パート2

2014-01-29 01:56:43 | その他
<1日目続き>

★竜ヶ岩洞(りゅうがしどう)



神秘的な場所の好きな私は、けっこう「鍾乳洞」へ
行っています。
ここは、東海地方最大規模という事なので、迷わず
選択しました。

ベトナムのハロン湾観光で訪れた鍾乳洞が、私の中では
今のところ最高ですが、ここにはベトナムで味わったことのない
感動を覚えました~!!

写真撮影はしていませんが(というか出来ないと思います、プロでない限り・・)
落差30メートルの「大滝」が見られたことです!!
素晴らしい!!の一言に尽きます。。

★すっぽん



一度も味わっていない、私の中でメチャ幻の料理でした。
ネットで調べたところ、浜松が産地とのことなんで、
この旅企画したわけです。。笑

食べる限りは、お店にかなり拘る私です。
選択は間違っていなかったようですね、あくまでも結果論ですが。

お味ですか???

それはそれは、淡泊で美味でしたよ。
コラーゲンたっぷりで、お肌がつるつる。。笑

※コースメニュー

1.すっぽんの生き血
2.すっぽんのから揚げ
3.お鍋
4.雑炊
5.すっぽんの卵
6.すっぽんもある刺身

ちなみに、生き血ですが、レモンティーで割っていて
美味でしたよ。。

何事もですが、ほんまものを味わわなければ、あいまいなままで
終わると考えています。
音楽も同じではないでしょうか???

BY代表






この記事をはてなブックマークに追加

日本の食文化をたどる旅(静岡・愛知編)

2014-01-27 22:32:46 | その他
少しご無沙汰です。

毎月、国内・海外旅企画の膨大な資料が某大手旅行社
から送られてきます。
国内旅に関しては、資料眺めても、チョッと行き尽くした感があるのは
否めませんでしょうか。
ちなみに、国内に関しては、日本語通づるのでツァー参加は、基本しません。。

という訳で、今回はブログタイトルにあるように、
「食べる!!」事に重点置き、企画しました。笑

★浜松城



徳川家康が「遠州攻略」の為に築いた城であり、
17年間居城。
出世城としても有名だそうです。

私が一番着目したのは、石垣でした!
「野づら積み」として堅固な石垣だそうですよ。

★浜松市楽器博物館



浜松に来て、音楽やる人なら興味持つ博物館だと思います。
探し回った挙句、見つけました!!マンドリンを。。笑

注釈には、

*************************************************************

「マンドリンは、マンドーラと呼ばれた糸蔵の曲がっていない
小型リュートが起源。
17C以降イタリアで発達。フィレンツェ型・ミラノ型・ナポリ型
など地域により構造がやや異なる。
今日のマンドリンはナポリ型が原型。
マンドリンの名称は「小さなマンドーラ」の意味。

*************************************************************

BY代表


この記事をはてなブックマークに追加

京懐石

2014-01-25 01:22:33 | その他
昨日、仕事仲間との新年会でした~!



落ち着いた雰囲気の、お座席部屋。
いつも感じますが、美味しいお店ご存じなんですよね。
という訳で楽しみにしていた私です。

★京懐石



一口食べた瞬間に、京都の味だっ!!
って思った私でした。

後で、お店に方に質問しましたら、板前さんは全て
京都で修業積んだ方だそうです。
やっぱり・・・。

で、鰻もあるというので、
「焼き方は、関西風ですか?」

突っ込んだ質問しすぎたようで(笑)関東風だそうです。
鰻には、結構拘るんですよね。
関東に来て、一番びっくりしたのが鰻だったからです。

という訳で、大阪友人に電話し、京都へ遊びにいく計画しました。
勿論、企画は友人に丸投げしましたが。笑

BY代表

この記事をはてなブックマークに追加