エホバの証人の下半身事情

厳格な性道徳を実践すると主張するエホバの証人。ほんとはどうなの?全部暴露しちゃいます。うらみつらみも全部ね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今ある命がすべてですよ!?

2007-04-23 21:31:48 | Weblog
エホバの証人信者の行動の特徴が、今しか出来ないことをしないというもののように感じられる、と言うようなことを前回書いてみたんですが、この際「この終わりの日の今しか出来ない裁きをふれ告げる業に参加できることは人類史上稀に見る特権です」とか言って、開拓奉仕とやらをする人の意見は無視します

なぜなら、信仰の世界の話をとやかく言っても無駄だからです

信じてしまったものは仕方が無いんです。「鰯の頭も信心から」なのですね
エホバの証人のくだらない教義も信じている人にとってはありがたいものなのですし、信仰の世界の話って、証明のしようが無いんで、水掛け論なんですね。
ある偉い人が言っていた通り「不合理ゆえに我は信ず」るんですよ。
意味は、合理的な証明の出来ない事象、つまり不合理なことだからこそ、「信じる」という心の作用が必要であると言うわけです。そうして考えると、「信仰」という精神的な活動の前提として、合理性で割り切れない世界の話があるのですから、「信仰」に確かな根拠があるだとか、終わりの日の目に見える「証拠」があるだとか、と言う話は全く無意味になってくるわけです。よって、それに対する教義上の反論も無意味に思えるわけです。

とまあ、愚痴はここまでにして、エホバの証人信者の持つ時間感覚のズレと言うものは、今しか出来ないことをしないという行動様式に現れていると思えるんですが、その主な動機と言うか、隠れた背景として、ライフイベントに対する極度の恐れがあると考えます。例えば、入学と卒業、就職、結婚、親になること、子供の独立、親の死、本人あるいは配偶者の退職、配偶者の死。といったイベントに人はほぼ似たような年齢で体験するんですが、やはりそれには大きなストレスがかかるんですね。それで、そのイベントを意識的に避けようと考えるんではないかと思います。上記のイベントの中で意識的に避けれるものは、就職、結婚、親になること、子供の独立くらいでしょうか。まあ一言で言うと「大人になりたくない」んでしょうね

一般人の視点から、よくよくエホバの証人2世の夫婦を観察すると、妙なことに気付くと思います。

まるで、まだ付き合っているかのような初々しさがあるのです。

しかもその初々しさが何十年単位で続くときもあります

あえて、初々しいというさわやかな表現を使ったんですが、これは皮肉で、ぶっちゃけキモイんですね
「キスしていいかい?」「いやん、恥ずかしい」「おっぱい触ってもいいかい?」「いやん、恥ずかしい」とか・・・

確かに夫婦が愛情で結ばれて、いつまでも仲の良いことは褒められるんですが、その愛情の質は年齢と、立場によって変化するものだと思うんですね、例えば、若いときはスタイルに惚れたとしても、やがて子供を産み母親としての強さや、母性愛に理想の女性像を見るときに、ぶよぶよの腹も許せるときがあったり(うちのことじゃないよ・・・ということに・・・)若いときは自分の好きなことに湯水のように金をかけていたのが、子供が産まれると、すっかり節約家になって、子供のことにだけお金を使うようになって、良い父になろうと努力する姿に妻が惚れ直すとか(いれぶんのことではありません
つまりステージが変わると求められてくるものも変わるわけでして、そのステージごとに適切な役割を果たさなくてはならないんですね。それをそつなくこなせる人を大人と言うのだと思います

しかし、エホバの証人は、若い世代は親になることを拒み、親の世代は祖父母になることを拒むわけです。「永遠に生きる」と言う希望を持っているのは構わないんですが、もう既に永遠に生きているつもりでいるんですね。年をとると言う現実から目を背けるかのようにいつまでも若いつもりでいて、「子供はまだ要らない」と30代後半で言ったり、おばあちゃんと呼ばれるのがそんなに怖いのか知りませんが、若い夫婦に向かって「孫はいりませんからね!」と言ったり・・・。

これは、エホバの証人の教義が深く関係している話になってきますね

ちょっと眠い・・・

実は今日はボクの誕生日ですので、今は一人でビール飲んでます。
えっ?ナンデ一人なの???
実は嫁に逃げられまして・・・









うそ




息子が入院しまして、付き添ってます。

なんか酔いが回ってきましたので、中途半端ですが今日はこの辺で、

エホバの証人の時間感覚のズレはまだ続きますよ~~~~~~
コメント (5)

今ある命がすべてですか?

2007-04-02 22:40:17 | 愚痴系
今ある命がすべてですか?と訊かれたらあなたはなんと答えますか???




と、公開講演風の書き出しをしてしまったんですが、その公開講演の筋書きは脱会と同時にとっとと庭で燃やしてしまったので、ネタに出来たのにちょっと惜しいことをしたな、と後悔がちょびっと

人生を設計する上で、寿命があと何年あるかを予想するのはとっても大事ですよね。今を犠牲にして将来すごいことをしてやる、今はその下積みなんだ~。と思えるか、将来はどうでもいいし、今考えたってしょうがないから今は好きなことをやるんだ!と考えるかは、自由だ~~~♪♪♪(犬井ヒロシ風)

それで、その例の公開講演のつかみでは「一度しかない人生だから精一杯楽しもう」と言う考えは危険だと書いてあったと思います。「食べたり飲んだりしよう、明日は死ぬのだから」という享楽的で刹那的な生き方はふさわしくない???らしいです

まあボクがそんな宗教家ぶって説教していたのはまだ22,3のいろんな意味でギラギラというかムラムラしているときだったんで、全く説得力が無く、今聞いたとしたら殴りたくなるほど無責任で、座布団でも投げつけたくなるような話だったでしょう
でも、講演後に例えがすばらしかったとか、感動したとか、いろいろ褒めちぎられた記憶があるんですが、今思えばお世辞か、社交辞令か、話を全く聞いていなかったかのどちらかでしょう

「楽園」に行けばやりたいこと何でも出来るからいいや、とか、ナニか不都合が生じても「それは楽園待ちね~」とか、なんとか・・・。「楽園」と言う言葉を用いれば問題を先送りできると思っている人がエホバの証人信者に非常に多いとオモイマセン???
しかも、それに意義を唱えようものなら「信仰が足りない」と断罪されるんですね

それで、エホバの証人の信者に共通する行動の仕方の特徴は、今しか出来ないことをしないということのように感じられます。理由は、通常の日本人が持っているであろう時間の感覚がズレている、もしくは欠損している、からではないかとオモイマス

例えば子作り

男性であれば、子作りはいつでも出来るんですが、女性であれば自然な形での子作りには年齢の壁がありますよね。某女子プロレスラーみたいに46歳で初分娩できる例は結構珍しいですよね。実際に30代中盤で「高齢出産」と言われますしね。

エホバの証人信者はこの点、イタズラに婚期を遅く設定したり、結婚していても子作りをたしなめたりすることで、気がつくと出産適齢期を過ぎており、かなりリスクの高い出産に挑まなければならなくなったり、出産を諦めざるを得なかったり、という悔しい思いをする例が少なくないとオモイマス。

まあ、結婚しない、とか、結婚できないと言うのは個人差が大きい話なので、こんなアホブロガーごときにとやかく言われたくないと思いますが、ボクが気になるのは、結婚していても子供を作らない人たちなんですね、特にその理由が宗教的な理由のときです。「夫婦で開拓奉仕をするため」とか「この終わりの日に子育てに時間を取られるのは賢明ではない」とか「邪悪な世の中で子供を神の奉仕者として育てるのは苦労が多い」とか、まあ色々な理由をつけますよね

そんな中で、一番気の毒だと思った例があるんですね。

ある行政団体の偉い人がいたんですがその人には一人娘がいたんですね。不運なことに妻とその娘はエホで、しかもエホ2世の婚約者も作ってしまったんですね。2世君も悪いやつではないんですが、やっぱりエホ2世独特の非常識さを持ち合わせていたため、肝心なところで信用ならなかったんですね。例えば結婚式にはその行政団体側の人を一人も呼ばないとかね、父にしてみれば一人娘の結婚を職場みんなに祝福して欲しいだろうし、しかも偉い人ですから付き合いも広いはずなんですけど、結果としてはだれも娘の結婚のことは知らなかったみたいです。

そして、

当然結婚して一年もすると、「孫の顔が見たいな~~~」とかその親が言って来る訳です。

一人娘の一人っ子で,しかも遅くにできた娘ですからね、当然親は孫の期待をするでしょう。

その娘自体は子作りにはまんざらでもなかったみたいでしてね、親の期待を当然のものとして受け入れていた節があるんですが、非常に残念なことに相手のオトコが典型的なエホバの証人2世君だったんですね

「この体制で、子供を育てるのは苦労が多すぎる」だそうです

まあ、夫婦で開拓奉仕をしていて、それでいて旦那の稼ぎだけで暮らしていたわけですし、その稼業というのが新聞配達ですからね。

そりゃ苦労が多いわな・・・(納得)

そんなわけで、その夫婦は子作りを諦めたんですが、親が孫の顔を見るのを諦めたかまでは確認していません。

そうこう言っているうちに、結婚10年くらい経って、その2世君はある病に倒れたんですね、今はリハビリの毎日だそうです。今は宗教的な理由関係無しに文字通りに「子供を育てるのは苦労が多く」なってしまいました

今しか出来ないことをしない結果として、取り返しのつかないことになってしまった典型例だと勝手に思っています

この事例に関する解説と、エホバの証人信者の持つ時間感覚のズレがどのような深刻な問題を引き起こしているのかについては追々語りたいと思います




コメント (8)