エホバの証人の下半身事情

厳格な性道徳を実践すると主張するエホバの証人。ほんとはどうなの?全部暴露しちゃいます。うらみつらみも全部ね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

寅午

2006-05-24 21:29:36 | Weblog
最近、大学の授業で、乳幼児期の虐待の仕組みと、回復支援についての講義を聴いたんですね。そんな虐待の話を色々聞いているうちに、ふと、「エホバの証人」のムチについて思いを巡らしてしまったわけです。
反エホ系のサイトでは必ずと言っていいほど出てくる「ムチ」の問題。
最近も人気の反エホブログで「ムチ」のテーマにかなりの感情的なコメントがついていました。でもよく考えるとコメントを書いている人が実際にムチを経験したのはたぶん10年以上前、もしくは30年近く前の話だと思うんですよね。でもそのときの様子をありありと覚えており、その時の感情や、痛み、ムチ打つ人の表情、その声、セリフ、ムチに至った経緯、ムチ打たれた後の会話、日常においてのムチにつながる状況などを鮮明に覚えており、かつそのとき(10~30年前)の体験に基づいて今現在いろいろ語り、怒り、悲しんでいるわけです。
そのように考えるとこの「ムチ」の問題はかつてエホだった人に大きな心の傷を残しているかなり深刻な問題であると言えるでしょう。
「愛のムチ」という言葉があるように、ムチが愛情の裏返しだという主張はまあ受け入れられないわけではないんですけど、エホ信者のムチがもれなく「愛のムチ」かというと、それは全く違う!!!と言えるんですね。
親たちがムチを打つ動機に関しては「はる曲げ丼で滅ぼされないため」とか「エホバから預かっている子供をエホバの崇拝者にする義務があるため」とか「未信者を信者にするには子供の良い振る舞いが不可欠だから」とかまあ表向きはそんなもんでしょうが、ムチを打たれる方としてはそんなのどうでもいいわけで、いつも腑に落ちない理由で痛みに耐えているわけです。この理解できない理由で理不尽な苦痛を与えられるということがエホの「ムチ」が悪である主な理由だと思うんですね。
万引きをしたから親に殴られるとか、スカートめくりをしたから親に殴られるとか、エロ本を隠し持っていたのがばれて親に殴られるとかの理由であれば、後々それを思い出したとしても、「俺は虐待を受けた」と主張することはまず無いかとオモイマス。でもエホの場合は「不従順」という容疑で容赦なく「ムチ」打たれますし、理由も後付けで宗教的で子供には理解不能で、オトナでも理解不能な理由ですから、後に残るのは不信と怒りだけなんです。
虐待としつけはどう違うのか?というと1000組2000人の夫婦を対象にした子供の養育に関する調査によると、
「ついイライラして子供を叩いてしまう事がある」という質問にハイと答えた夫婦が50%以上いたそうです。
「ついイライラして子供を叩いて、止まらなくなった事がある」にハイと答えた夫婦は数%だったそうです。
虐待といえるのは後者の方ですね。元エホの我々が「ムチ」の記憶を呼び起こしたときに真っ先に思い起こすのが鬼のような形相で何かにとり憑かれたようにムチを振り下ろす親の顔ではないでしょうか?感情むき出しで、「不従順ですからムチです~~~!!!」と叫ぶ姿はまさに「ついイライラして子供を叩いて、止まらない」状態ですね。つまり虐待です。
虐待の恐ろしさは子供が本来親や、社会に対して持つべき「基本的信頼」を打ち壊すかもしくは信頼が形成されなくすることです。ですから虐待経験者は自己評価が恐ろしく低い人間になる場合が多いです。自分に自身が無かったり、生きている価値がないと考えたり、その反動で、空威張りをしてみたり、危険な行為に身を晒したり、いろいろです。
そんな虐待経験のあるものが風化せずに残り、人生に多大の影響を与えるようになったものを「トラウマ」と呼んでいます。「トラウマ」の特徴は風化しない記憶であるということだそうです。「ムチ」の状況を何十年たった今でもありありと思い出すことが出来ますし、その時の声の調子や目つきを覚えていますし、虐待具を見たときに言いようのない感情が沸きあがってくる事があります。
つまり「トラウマ」、詳しく言うと「反復性トラウマ」の症状が出ているといえるかもしれないわけです。
問題はこうしたネット上でムチ体験を発言している人の症状は軽い方だということなんですね、虐待経験を語れるようになっているということは回復の兆しとも言われています。まだ自分の経験を語れない人たち、ネットすら禁止されていて、どこで感情を表したらよいか分からない人たち、また、虐待を受けたことを忘れている人たち、虐待を受けたにもかかわらず受けていないと主張している人たち、これらはもっと危険だそうです。
最近は「ムチ」を経験していないエホ2世が闊歩しているみたいですから、「ムチ」の被害は少なくなっていくのかもしれませんし、エホ3世がどのように育っていくのかもわかりません。虐待の連鎖という問題がおきるのかどうかも時間が経ってみないとわかりませんね。
でもエホの親の持つ基本的な心の働きに関する問題が解決されない限り「ムチ」問題というか子供に対する身体的、心理的虐待は無くならないとオモイマス。その問題とは「子供を従順にさせる事が正しい」という信念です。力ずくでも従順にさせることが正しく、不従順、反抗は大きな罪であるとの認識が根っこにある限り問題は無くなりませんね。
エホの親がどんな動機で「ムチ」を打つのかについて面白い話がありますので詳しくはまたいつか
コメント (1)

拝啓 オナン様

2006-05-16 07:32:04 | Weblog
どうも!こんにちは、連休には遊びすぎて、なかなか仕事モードにはなりませんね。しかもこちらは今が桜が満開なので、なーんか落ち着かないです。
うーん!ツーリングいきてーなー!!!

さて前回のブログでは、エホの結婚観の歪みというものについて書いたのですが、やはり、その原因としてはエホ独特の宗教観、世界観と言うものがあると思います。20歳以上年上の女性と結婚しても「楽園に行けば若返るから歳の差なんて分からなくなるわ」とか、「永遠に生きるんだから20歳の差なんて差とはいえなくなるよ」とかもうイッちゃった意見を嬉々として話すもんですから、背筋が寒くなりますよホント。
でもそれがおかしな結婚をする人の本音かというとそうでもないような気がします。本音はもっとストレートで且つ口では言いにくいものかなーとオモイマス。つまりSEXしたいという欲求です。
エホの中ではSEX=結婚ですから、一般よりも結婚に求めるもののうちSEXの占める割合が大きいと思います。調査によると一般の「結婚することの利点」とは「精神的な安らぎの場が得られる」と言う項目が男女とも一位で、「性的な充足が得られる」と言う項目は男女とも極めて少ないわけなんですが、エホ内で同じ調査をするとどういう結果になるか非常に興味があります。ついでに、二位は「子供や家族をもてる」三位は「愛情を感じている人と暮らせる」四位は「社会的信用や対等な関係が得られる」というものです。まあエホがあんまり大事にしていないものですよね・・・
そんでもってエホの下半身に関する戒律を見ると、SEXではなく、射精=結婚と言わんばかりのものがあるな~と思うんですよね。つまりオナニー禁止令です。
エホ的に見るとオナニーもせずにひたすら我慢してやっと射精できるのが初夜というわけですよね、しかも若さの盛りを過ぎて云々というわけで20代の半ばか後半が適齢期、さもすれば30代になる人もいますし、生涯独身も悪く無いと言われていますから人生において能動的な射精はすべて罪深いことになりかねないですよね。
ち○ぽが元気無くなってからエホに入信したアホであればべつに射精しなくても一向に構わないんですが、幼少期に親がエホに入信して、その下で能動的な射精は罪であると教え込まれたエホ2世は悲劇ですね。宗教的に許される射精は結婚のみですからね、一回の射精にかなり高いハードルが掲げられています。そんな環境で、「お姉さんが教えてあ・げ・る」的な年上女性に憧れるのも無理ないような気がします
ではどんな理由でオナニーが禁止されているかと言うと、明確な根拠は無いわけで、しかも「オナニー」という言葉ですら反聖書的なわけです。「マスターベーション」と言う言葉が正しいということにエホ内ではなっていますよね。
創世記に出てくるユダの息子オナンはオナニーをして討たれたわけではない、結婚関係を冒涜したので討たれた、というわけですね。それで、「オナニズム」とは「中絶性交」と同義語です。それが後に生殖と関係ない射精として拡大解釈されて、「マスターベーション」の意味に転用されていったみたいですね。
まあエホの書物の中に「オナニーをしている人ははげ丸丼で滅ぼされ、永遠の死に処せられます」といったような、行為を明確に禁止したものは無いかと思いますし、実際に宗教裁判においても考慮に値しない問題ということになっています。
ただしかし、「清い良心を持つべき・・」とか「性的欲望を死んだモノとすべき云々・・・」とか「卑猥なコトが心に上ることさえあってはならない・・・」とかいうことで、実質禁止になっていますし、実際にこの問題で心を悩ませる若者も非常に多いと思います。
当のボクは自称「オナニスト」で「AVマニア」だったんですが、宗教的には役付きだったんで、若者からオナニーの相談を受け、答えに窮したコトがよくあります。「いれぶん兄弟は性欲が高まったときどのように抑えていますか?」とか「どうしたらオナニーやめれますか?」とか聞かれてましたね~
そんなわけで、こじつけ的にオナニーを禁止するのに、どうして明確に史実として載っている「オナニズム」つまり「中絶性交」を禁止しないのか不思議ですね。
エホ的に言うと「聖書にこれらの記録が残された事実を考えると、現代の私たちに意味があるにちがいありません。今の私たちは律法の下にはいませんが、原則を理解しなければなりません。エホバ神が中絶性交を忌み嫌っていると言う証拠は明らかです」みたいなアナウンスがあっても良いと思うんですけど、オナン様は無視されていますよね。「神様は生殖と関係のない性活動を嫌われます。オナンの例がそれを示しています。ですからオナニーは止めましょう」と言われればなるほどとオモイマスね。「生殖は神様の御手の業です。それに人が介入することは神に対する冒涜です。ですから中絶性交は罪です。オナニーも罪です。子供を作る意思も環境も整っていない若者が性交するのも罪です・・・」といえばこれが現実的かどうかというのは無視すれば、けっこう理にかなっていると思うんですよね。ストーリーがしっかりしているんでね、でもエホは「結婚は神聖なものです、でも子供を作るのはお勧めしませんよ。SEXは夫婦間で楽しみましょう、ちゃんと避妊しながらね。独身は良いことです、でもオナニーしちゃダメだよ。付き合ってるカップルもSEXしちゃダメだよ、でもじっくり長く付き合ってね。云々・・・」矛盾をはらんだ規則ばっかりですよね。みんなバカじゃないんだからエホの規則が現実離れしていることには気づいていますよ。だから若者が皆エホを辞めるんだよね
宗教はある程度浮世離れしていなきゃならんけど、エホの戒律って時代に中途半端に迎合していると思うんですよね。そのくせその戒律を厳しく適用しようとするからいろいろ批判されるんですよね。歴史や文化的背景を無視して戒律を一人歩きさせるから信者が減っていくんですよね。
下半身に関する戒律を厳しく適用したいと思うんだったらオナン様にもうちょっと光を当ててあげても良いんではないかとオモイマス。それとも「オナニズム」の禁止は何か都合悪いことでも・・・。
そんなことしたらみんな罪深くなりますよね、実はボクも昨夜オナニズムの罪を犯しました。アーメン
コメント (11)