エホバの証人の下半身事情

厳格な性道徳を実践すると主張するエホバの証人。ほんとはどうなの?全部暴露しちゃいます。うらみつらみも全部ね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

もやもや

2008-11-16 22:55:22 | Weblog
エホ問題を色々観察して、色々体験して、色々な話を聞いて、色々考えて・・・

でもやっぱり乗り越えなければいけない壁というか、悔しいけれど認めなければいけない現実というか、何と言うか・・・

自分にとって、大きな疑問があるんですけど、

それは、「病んでいるからエホバの証人になるのか、それともエホバの証人になるから病むのか?」・・・

が先か?鶏が先か?というような発生論的な問いですけどね

まあ、決してボクが今病んでいるとか、過去に病んだとか、そういうことでは決して無いですよwww

ボクは相変わらず好調です

あくまで観察の中で自然に沸き起こった問いですからね。

エホになった故に病んだのであればエホを辞めれば問題はある程度解決するでしょう。しかし、病んでいるが故にエホになったのであれば、エホを辞めても問題は解決しないでしょう。

「病む」とか「問題」とか抽象的な話をしていますので、それぞれの意味の解釈については読者にお任せします。

でも、こういった話を突き詰めるとエホ問題が浮き彫りにされてくると思うんですよね。

ぶっちゃけ、エホであっても無くても人生を苦労する人もいれば、エホのみが人生の障害であって、それを除去すれば普通に暮らせる人がいるわけで、もし後者であればその人は早急にエホを脱会すべきなんですね。しかし前者であれば、もしかしたらエホである方がその人のためである場合があるんですね。

その違いって何でしょうか???

同じ環境で育った兄弟でもその違いが顕かな時があります。

こんなことを考えながら以降のブログを書いていこうかな。

下半身を切り口にエホ問題を考えてきたわけですが、また新たな切り口でエホ問題を考えていけたらなとオモイます


放置していた間コメントありがとうございます。本日しっかり目を通しました
コメント (48)