エホバの証人の下半身事情

厳格な性道徳を実践すると主張するエホバの証人。ほんとはどうなの?全部暴露しちゃいます。うらみつらみも全部ね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

この時期多忙

2006-03-26 09:48:45 | Weblog
またまたご無沙汰していました
色々ありまして、仕事が忙しく、今日は2週間ぶりの休みです。
ボクは前から言っているように自営業ですので、色々取引先があります。
そのうちのひとつの会社から優先的に仕事をもらっていた同業者が切られてしまい、その分仕事がどっとこっちに押し寄せてきたわけです。
「他人の不幸は蜜の味」というわけでこれからはウハウハですかね?その方は別に仕事が悪くて切られたわけでは無いんですね、どちらかというとボクよりも納期は守るし、良い仕事してましたよ。
それで何が問題だったかといいますと、「生意気」だったんですね。口の利き方や電話の受け答え、同業者に対する態度、すべてが「生意気」でした。特に元請の社長に対する態度は目に余るものがありましたよ。
そんなわけで今彼は無期限の春休み中です。
そんな彼を見て、今だったら彼の家にエホが布教に行けば話し聞くかもな~、って思いましたよ。30代後半独身、彼女との関係微妙、ほぼ失業中、住宅ローン多、両親無し、哲学に関心あり、社会常識に無頓着。エホになる条件がそろっていますよね。彼にこそ楽園が必要なんじゃないですか?
ボクは昔から人が何故エホに入信するかに非常に関心がありまして、現役の頃はいろんな人に「何故エホに入信したんですか?」と聞きまくっていました。傍から見たら迷惑な野郎だったでしょう。
それで中年男性に話を聞くと結構似たような話が出てきます。というのは青い表紙の「創造の本」を読んで神がいるという確信を持てたから・・・。らしいです。
80年代後半から最近までにエホに入信した大卒会社員か公務員、自営業者などは結構この手の話をされる方が多いです。
一方、70年代から80年代に入信した人や、最近入信した人でも高校中退肉体労働者とか、リストラされてアルバイトしながらエホに惹かれている独身中年男性とかは「創造の本」を読んで云々とは決して言わないですね。
そういう人はもともとオカルトに興味があったとか、世の中の悪に心を痛めていて、神が解決してくださる(自分がイジメられていた故に・・・)の言葉に引かれた等の理由を口にするコトが多いと思います。
でも双方に共通するのは社会生活においてターニングポイントに差し掛かったときにエホに入信しているということです。
ですから、エホ信者である以上どちらにしても世の中でうまくいかなかった人たちの掃き溜めのような気がしますので、いくら偉そうなことを言ったり、「世は汚れています」と言ったり、「私たちのような清い民だけが生き残ります」と言ったとしてもなんだか滑稽なだけなんですよね。
そういうわけでいろいろ考えたんですが、エホの問題点は「布教」することではないですかね?
そもそも個人でナニか考えたり信じたりするのは自由ですし、同じ信仰を持つ人たちが集まるのも自由ですよ。
でもその信仰を人様に言って歩くのは制約を受けるべきだと思うんですよね。
誰もお前の信心なんか聞きたくないですし、エホのちっぽけな信心で伝統ある日本の心を評価されたくないですしね。そもそも社会に適合できなかった人が集まりあって傷舐めあって妄想膨らまして、健全な社会を悪く言っているだけですから、気の毒でしょうがないです。
そうやって人様の心の中に土足で踏み込むから、エホ自身も客観的な評価の対象になるんですよね。どうせエホの教義なんか客観的な検証に耐えるものではないんですから、おとなしくしていればいいのにね。
「世は汚れています」なんていうから「お前はどうなのよ!」って言われるんですよね。
「そんなこと世の人でもしないよ!」なんていうから「お前らはもっと悪いぜ!」って言い返されるんですよね。
エホの奴らは自分の社会的な評判と言うものに全く無頓着ですよね。
ホントにバカにつける薬は無いです。
あの同業者が今もしエホに入信したりしても、この業界の人は誰も話なんか聞かないだろうな~。せいぜい「お前は早く楽園イケや!!!」って言われるだけだろうな~。
うちの親も以前の仲間たちも社会からそのように見られているのはなんか切ないですけど、そう見られるのももっともです。
ボクはそういわれないようにおとなしくしてよっと!
コメント (4)

ぶたと犬

2006-03-12 23:39:59 | Weblog
どうもご無沙汰していました。今までナニをしていたかというと、ウイルス性胃腸炎でのた打ち回ったり、確定申告したり、XXしたり・・・とまあ忙しかったわけです

最近思うのは、ナニかエホ問題に関して数字の曖昧さがあるのではないかな~?ということなんですね。一年でどれだけの人が脱会したか、または復帰したか、という数字が曖昧ですし、現役エホは「エホは驚くほど増加しています」と言いますが、一般人は「最近エホの数は減ったわよね~」というわけですし、ナニが本当だか分からないですよね。
ボクのおばあちゃんは84歳で浄土真宗ですが、記念式というやつだけは毎年行っているんですね。そのおばあちゃんいわく「最近は昔みたいに人集まらないね」と言っていました
まあ排斥とか断絶とかのエホ的な内部処分の場合は数字がわりとはっきりしているんですが、脱会という表現にはその他いわゆる「自然消滅」という手段も関係しているわけでして、エホ的には「不活発者」というカテゴリーに属する人たちですが、エホの統計的にはエホメンバーですが、実態は背教者もあり、協力者もあり、無関心者もあり、精神病ゆえの無活動者もあり・・と混沌としているわけですよね

ボクの見る限り脱会者のうち「排斥」という内部処分を受けた人の半数以上が実はエホに復帰しているんですね。または復帰に向けて精力的に努力しているんですね。ましてやこんな反エホ丸出しのアホブログ書く奴や狂ったような反対者になる奴なんか結構少数派なんじゃないかと思うんですよね
でも育った環境などを見ると、復帰する人も反エホになる人もほとんど同じ環境の場合が多いんですよね、兄弟とか姉妹でも行動に差異がある場合が多いです

いろいろ考えて、いろいろ観察したんですが、「復帰」する人は意外と現実的な人が多いと思うんですよ。
ボクが脱会して半年くらいたったときこんな噂がエホの中にまわったそうです。「elevenは復帰するんでしょ?なにしろお金無くなって、親に援助してもらうために復帰するらしいよ」
ははは!たしかにボクはお金持ちじゃないですが、エホにならなくともお金はどこからでも引っ張れますからね~。お金に困ったことは無いです
でもですね、先の噂をよく見ると現役エホの不安が現れていると思いません?
つまりエホを辞めると親からの援助が打ち切られて生活に困窮する、とか聖霊の助けで万事うまくいっていたのにそれが無くなって歯車が狂いだして生活に困窮するとか、要するにお金のためにエホやってるってことを暗に認めているみたいじゃない?
ですから復帰する方々も同様の超現実的な見方を持っているんではないかとオモイマス。
前の「県民性」シリーズの舞台となった某市でSEX事案で排斥になった19歳の女性がいるんですが、その人に話しを聞く機会があったのでそれを基に考えて見ます。
その子は16で浸礼をうけエホになったんですが、その後まもなくSEXをしだしたみたいです。親元にいましたので、ずっと良い子を演じていたんですね。18で高校を卒業して彼女は専門学校へ行くんですが、その頃から親元を離れて一人暮らしを始めるわけです。その家にオトコを連れ込むところを長老様に目撃されて御用となって、恥ずかしいことを全部話させられて排斥となったわけです。
ところが一年もしないうちに彼女は復帰したんですね。動機は?というと「専門学校卒業して就職を探しても見つからなかった、でもエホバに祈ったところすぐ見つかり就職できたから」ということです。
ふ~~~んそれってライスクリスチャンってことだよね?たぶん復帰しなくても就職できたと思うよ。まあこれはボクの耳に入ってきたことのみの情報ですので、本心を推し量ることは出来ないのですが、その情報のみを基に推測するとかなり社会認識が甘いといわざるを得ないですね。
ちなみにボクの話ですが、ボクはエホの頃から自営業なんですが、エホの時とエホを辞めてからとでは年収が1.5倍になっているんですよね。しかも当時と今とでは仕事の単価が30%ほど安くなった中での話ですからね。単価が当時のままであれば倍の年収があったはずなんですよね。理由は火曜と木曜に早く帰らなくてよくなったこと、日曜も営業できるようになったこと、伝道の日を取り分けなくてよくなったこと、年賀状などの社会儀礼を出来るようになったこと、などでしょうか。
ボクが思うに収入に関して言えばエホは100害あって一利なしです。
ボクに関して言えば、復帰するということは聖書の「犬は自分の吐いたものに戻り、豚は洗われてもまた泥の中で転げまわる」という言葉が当てはまりますね。
これはどうしょうもなく愚かなことの例えですよね。ボクはぶたや犬は好きですけど、彼らと同じと言われるとムカつきますね。
でも復帰する奴はボクから見たらぶたと犬ですから・・・ふふふ!
コメント (8)

うそも方便?2

2006-03-03 12:33:32 | Weblog
今日は仕事は暇なので確定申告でもしようかな~と思っていたんですが、ぜんぜんやる気がおきないのでブログでも書いちゃいます

前回はエホ2世はほぼウソつきの集団であるというような趣旨のことを書いたのですが、当のボクも辞める直前まではそのウソつきの代表でしたからあんまりきついことは言えないですね

でもボクはいつも「ウソつきの自分」に良心が疼いてましたし、何とか改善しなければいけないというナニか急かされたような気持ちをいつも持っていました

そんな中で自然とウソをついている人を見分ける眼力が身についていったような気がしています。まあ「蛇の道は蛇」というやつですね。ウソというか本心ではないことを話している人とか、行き当たりばったりで言い訳している人とかは臭いで分かりますよね

ボクは人の話を聞くときに2つのポイントを見ています。
①語る人の立ち位置
②話のストーリー性
この二つがしっかりしている話はたぶん本当の話なんだろうと思います

そういう視点でエホの話を聞くと面白いことになります。
よくエホは「理性による神聖な奉仕」を捧げなければいけないとか言って自分たちの信仰には客観的な合理性があると主張しますよね、つまり証拠を見て確信したうえで理性的に信じるに至ったので、決して洗脳とかマインドコントロールではない!とみんなが口をそろえて判を押したように言います。
それで、そのエホが神の組織であるという証拠はナンですか?と聞くとまあ色々な答えが出てきます。「世界的な一致が見られることとか聖書を正しく理解していることとか予言の正確さとか・・・・云々」というのが代表的な答えだと思うんですが、まあその答えなんていうものは脱会者から見れば突っ込みどころ満載で、思わずにやけてしまうものばかりなんですね。
そんで「一致してないよ、例えば・・・とか聖書理解はここのところが矛盾しているとかエホの予言は・・・とかでしょ」というとまあ大体の人は「お前には信仰が無いから理解できないんだ!!」「聖霊の助けが無い限り霊に関することは理解できません」とおっしゃいます。
まあアホ過ぎて突っ込むのバカバカしいですが、客観的な証拠があると主張するから質問しただけなのに、結局は「霊の助けが必要です」となって主観的な要因に帰着してしまうんですね
ですから①的に見ると立ち位置がブレていますよね、エホバの証人という一宗教団体を信仰するのはなぜか?という質問に対して、宗教団体会員としての答えと一人のキリスト者としての答えとが混在していますからね。
②的に見てもストーリーが貧弱なのでこちらの突っ込みの早い時期に自分の主張と相反することを言ってしまってますからもう気の毒ですね。エホの話はもともと反論を想定していないみたいで、ストーリー性があまり無く、みなさん極端に突っ込みを嫌われますよね
そういう視点で人の話をきくとなかなか面白いですよ。国会の証人喚問なんか笑いながら見れますね

でもまあウソも方便という言葉もあるように、社会で周りから不当に搾取されること無く自分らしく生きたいと願うのであれば、ある程度のウソは止むを得ないと思います。小さな子供が知らない人から「今日お母さんは何時に帰ってくるの?」と聞かれ「4時に帰ってくるの、それまではあたし一人でお留守番」とバカ正直に答えたならもうその子は悪夢へのカウントダウンが始まっているわけで、多分残念な結果になるでしょう。ですから自分を守るためのウソは今は必ず必要なんですね。
確定申告だってね~・・・おっと!これ以上話すと税務署が・・・

ある町にですね、仲のよい2人のエホ女性がいたんですね。開拓者学校というやつで二人は知り合って意気投合して友達になったみたいです。でも2人ともなんというかケバい感じで夜のススキノ(東北以北最大の歓楽街)にいるような風貌でした。そして実際ホステスとして働いていたんですね、夜の仕事が終わったらそのままホストクラブで遊んで帰り、朝はちゃんと伝道に出て、午後は別の仕事というような生活をしていました。当たり前というかもはや必然ですけど、そのうち二人ともオトコが出来てですね、まあやることもやるようになるんですね、そりゃあ飲み屋の女ですからね、男もそれなりを期待するでしょう。
そのうち一人(A)は良心に呵責を感じてエホ活動は休止します。もう一人(B)はオトコと同棲していたにもかかわらずエホ活動を続けていました。しかも開拓者の身分はそのままです。その子は長老様の一人娘だったんですよね、親のことを考えると辞めれないと言っていました。
どっちが良心に正直か?といったらAだと思うんですけど、どっちが賢いか?といったら微妙ですし、どっちが狡猾か?といったらBだと思うんですよね。ただし、前提として「宗教家は正直者で無ければならない」という条件がついた上での意見ですけどね。
前提を「エホはウソつきの集まりである」とすればBはまさに模範的なエホ2世になりますし、Aはバカ正直な愚か者になるわけでして、親の気持ちも考えない親不孝モノですよ。Bは自分の欲望に正直ですし、親の気持ちも考える親孝行娘ですね
とまあ話をいじりすぎるとどこまでがホントでどこからがウソか分からなくなるんですけど、やはり原点は「自分の良心に忠実であること」となるんではないですかね?
ボクは人に道徳を語る宗教家たるもの正直者でなければならないと思いますし、それが出来ないのであれば潔く辞めるべきだと思うんですよね、自分の良心の声を無視してまで宗教にすがる必要は無いですし、良心を殺すのは精神衛生上よくないですからね。

エホの良心って一体どうなっているんでしょうか???
コメント (8)

うそも方便?

2006-03-02 13:03:40 | Weblog
導入部は北海道新聞のコラムのパクリです。ごめんなさい
世の中に正直者しかいなかったら、ナニが起こるか?行動学によると正解は「ウソつきの繁殖にもっとも適した環境が生じる」というものだそうです。
韓国の黄教授のES細胞の研究がウソだというので、騒ぎが生じたんですが、上のような見方をすれば科学論文がウソではないという常識があるわけで、不祥事が時々あったほうが科学論文の審査が厳正になるんだそうです。

この文を読んでボクは色々考えたんですね。
自分はエホの何が嫌だったのか?エホを辞めるために多くの犠牲を払ったのはなぜか?
一言で言うと「うそ」が嫌だったんですね
信じていないのに信じているとウソを言わなければならない立場、
ホントはエッチなことに関心あるのに興味ないとウソを言わなければいけない立場
ホントは毎日オナニーしているのに「肉の欲望を死んだものとしています」とウソを言わなければいけない立場
いがみ合い罵り合っているのに「愛に溢れた一致した民」とウソを言わなければならない立場
ふしだらなことを行なっている人を知っているのに「高い道徳基準を守る清い民」とウソをいわなければいけない立場
ほとんどの信者が精神的に病んでいる姿を見ているのに「世界で一番幸福な民」とウソを言わなければならない立場
長老様が大嘘つきなのを気付いていながら「霊によって任命された監督に従いましょう」と心にも無いことを言わなければならない立場
親の怒りに任せたムチに傷つきながらも「親の熱心さのおかげでこうして真理にとどまるコトが出来ました、ムチ打ってくれたことに感謝しています」と大ウソをいわなければならない立場
まあ挙げればきりが無いのですが、とにかく本心と違うことをしなければならない暗黙の圧力にさらされていました。
上の文章に「立場」という言葉が多く出てきますが、「お前は何者よ!」といわれると思いますので簡単に言いますと、ボクは20で「奉仕の僕」になり公開講演や牧羊訪問を行なういわゆる「模範的な」奉仕の僕でした。もちろん開拓者でしたよ。必要の大きな会衆に派遣されたこともあります。
そんな立場の中でジレンマに心を食われていったのかもしれません

ボクは2歳の頃からエホ環境にいましたから、当然ピンクの表紙の「偉大な教えて」の本とか黄色の表紙の「わたしの聖書物語の本」などでありがたいお話を寝る前に聞かされていたわけです。
その中には当然のごとく「ウソは神様が嫌われることなのでいけません」という訓話があります。例えばイスラエルのアカンの話とかアナニヤとサッピラの話とかイブにサタン扮する蛇がうそをついた話とかいろいろで、「うそをついたら死にますよ!」という強烈なメッセージを伝えていたと思います。
素直なボクは「ウソはぜったいいけないんだ」と思い、ちょっとしたウソでも敏感になっていきます。

ボクが小学生低学年のころですね、同年代の子供がそれなりにいまして、集会後ににぎやかに遊んでいたんですね。そこでボクは生まれて初めてあからさまなウソに直面してうろたえたことを覚えています。

当時の集会場は民家でした。トイレは男子便所(小便器)と女子便所がそれぞれありました。民家ですからトイレのカギが厳重ではなく、簡単に外から開けれたんですね。それで用を足すときは扉の外に見張りを置くのが習慣となっていました。
ある日曜日の集会後、ボクと兄貴とM君が遊んでおり、M君がおしっこをしたいと言うのでボクと兄が見張りをすることになりました。
そこへあのチ○ポ長老の娘(5歳くらい)が現れて「ナニしてるの?」と聞くので「M君がおしっこしているからあっちいってて」とボクは言いました。するとその娘はいきなりボクらを押しのけてトイレのドアを開けようとします。あっという間の出来事でその娘はM君の放尿シーンをまじまじと眺めて「あっ!おしっこしてる」と言って喜んでいました。
義憤に駆られたボクらは早速母親のところに行って「N美(チ○ポ長老の娘)がM君のおしっこしているとこ覗いたよ~!!!不道徳してるよ!!!」と言いつけました。うちの母はチ○ポ長老のことをよく思っていなかったので早速チ○ポ長老に抗議に行ってくれました
そうするとそのチ○ポ長老は娘を呼び寄せ「これこれのことは本当かい?」と訊ねました。N美の答えはなんと!!!「ちがうよ!覗いたのはelevenで、あたしがおしっこしているとこelevenたちが覗いたんだよ!!!」と言ったのです
それで母はチ○ポ長老に「elevenはウソをついています。しっかり子供の訓練をして下さい」ときつく言われてしまいました
これで家帰った後のムチは必至です。ボクは「じゃあM君に聞きいてみれば」といったのでM君に事情を聞くと真実が明らかになったのでムチは免れたのですが、人前で平気でウソをつく奴が身近にいるということに大ショックを受けたのを覚えています。しかも長老の娘がですよ!当事者を前にしてよくもまあ平気な顔して作り話を出来るもんだと本当にびっくりしました。なんせ30年近くたった今でも覚えているくらいですからね

ボクが思うにですね、いわゆるエホ1世の人は疑うことの知らない純粋な人が多いと思うんですよね、ですから先のコラムの引用によると「正直者しかいない環境はウソつきの繁殖にもっとも適した環境になる」ということが当てはまり、平気でウソをつく2世の繁殖に適した環境になっているのではないかと思うわけです。
前出の5歳から大ウソを平気でついていたN美はいまだに現役ですし、そのウソに動揺したボクは脱会しているのですから、その行動学的所見もあながち間違いでは無いと思います。
この件に関しては言いたいコトがいっぱいありますのでまだまだ続きます
コメント (9)