やました甲乙鍼灸院のあれこれ

はりとお灸の鍼灸をこよなく愛し大いなる鍼灸の力を手に入れたいと日々孤軍奮闘中。

『ビッグイシュー 日本版185号』届きました!

2012年02月19日 | 書籍(鍼灸関連含む)

えちんの『甲乙鍼灸院』『ビッグイシュー日本版185号』が届きました!

雑誌のご紹介が遅れました。ごめんなさいね。

この寒空の中、ビッグイシューの販売員さんは、

体調管理大丈夫でしょうか?

185 185号の表紙は藤原紀香。

特集は、『社会的包摂の時代 ~貧困と社会的排除をこえて~』

「社会的包摂」とはなんぞやっ??!

横文字で、(失礼!)英語で

「ソーシャルインクルージョン」というらしい。

もっとわかりやすい言葉はないんですかしら。

これまでの「貧困の議論」は、

単にお金やモノの不足だけに注目してきたが、

「社会的包摂」とは、人々が社会の仕組みから切り離される

「関係の問題」まで視野を広げたもの。

「社会的排除」の問題があるかぎり、貧困や孤独死はなくならない。。。。

と記事はつづく。。。あとは本誌をご購入下さいませ~。1冊300円です。

その他の記事は

◎「脱原発世界大会YOKOHAMAから」

◎「英国、子どものためのホスピス」

  ロビンハウス。命の限り精いっぱい生きる場所。

などなど…

 

もっと詳細をお知りになりたい方は、

 ビッグイシューのHPへどうぞ~ →http://www.bigissue.jp/

 ホームレスの仕事をつくり自立を応援する雑誌です!

 梅田や難波など主要な駅の改札付近で販売員さんがいます。

 少しシャイな販売員さんやファンキーな販売員さんとお話ししながら、

 直接購入するのも楽しいですよ♪

 雑誌の内容も大手広告媒体に依存していないので(と思う)

 一般の雑誌よりかなり興味のある内容が多いかと

 えちんは思います。一度いかがですか?

 

コメント

今 えちんが読んでいる事典。

2012年02月18日 | 書籍(鍼灸関連含む)

Photo

最近、そばに置いて読んでいる事典です。

1998年に出版され、みなさんもご存じのあの

聖路加病院の日野原先生が監修されている書籍。

「がん事典」です。大判です。かなり分厚いです。

読み応えあります。10年以上も前に出版されていた事典です。

第一章:しなやかな心でがんと向き合うために

と始まります。

①受診から診断結果を聞くまで

②治療の開始から社会復帰まで

③がん患者を支える家族の問題

あとは、予防法、発見方法、治療法、部位別療養生活

について知りたいとき。と章は第五章まで続きます。

驚くほど詳細に掲載されています。

この知識を手術前に知っていたら、受ける当事者は、当事者の家族は

どのような選択をするでしょうか?

色々考えさせられる書籍です。

取り急ぎの感想で申し訳ありません。

    。。

とある養護施設の施設長は、えちんの隣りでつぶやいてました。

「この子どもたちの17歳に成長したときをイメージして、

 今を一緒に過ごし、色んなことを伝え、育てたい。」と。

    。。

鍼灸師としてのえちんは、5年後、10年後を見据え、

足元をかためていかなければいけないと。(えらそうにすみません

つくづく思います。えちんの足元はどうだろうか。(まだまだひよっこ鍼灸師です。)

ぶれずに進みたいと思います。はい。(これが大変なんだなぁ

奈良のR先生にも先日の治療の際にお言葉を頂きました。

「焦らずに、今目の前に道があるのだから」と。(胸が熱くなりました。)

「一条大道在眼前」ですね。

    。。

ただ、忘れてはいけないことは、忘れずにいたいと。

今、疎かにしてはいけないことは、

目をそむけずにきちんと向き合っていたい。

と思って過ごしています。

 

 

ただ今、【鍼狂人の独り言】ブログhttp://blog.livedoor.jp/fujimoto1005/ にて、

 「感冒その1・その2」(2/18・2/19)の弁証を丁寧に掲載して下さっていますよ♪

 ご興味のある方は、そちらのブログへGOO--

 

コメント

差し入れ、ありがとう♪

2012年02月16日 | 日記・エッセイ・コラム

先日、えちんの「甲乙鍼灸院」に患者さんから

子供服の差し入れ(寄贈品)をたくさん頂きました。有難うございます。

えちんが今、定期的に訪問させて頂いている

東大阪市の児童養護施設の子どもたちにと

先日、持参させて頂きました。

(えちんには重すぎたので半分だけの持参になりましたが

スタッフさんにも喜んでいただけました。ありがとう♪

子どもたちもカゼに負けず、元気いっぱいでした。

2012

小児鍼で通っていただいている子どもさんの服ですが

この服を眺めながら、こんな小さな服(靴)を着ていたんだなぁと。

なんだかえちんしみじみ感動でした。

子育て中のお母さん、お父さん、何かと大変かと思いますが

ひとりで背負わないで、色んな方々に相談して、日々過ごして下さい。

 

コメント

母 手作りの「大根の漬物」レシピ

2012年02月15日 | 食・レシピ

鹿児島の母から恒例の「大根のお漬物」&はっさく・椿が届きました♪

またもや大量にタッパーに入って届きました。

201202

今回は、簡単にレシピ紹介から。(やや甘めです。)

①、生の大根(6kg)まずは、皮をむく。

②、水を切り、30分日干し。

③、ザラメ:1kg  酢:2カップ  塩:1カップ  鷹の爪:適量(4つ位)

④、③を大きめのたるに入れ、大根を漬ける。押し板(重石)をする。

   これを2週間位漬ける。(プラス5日間でもOK!)

2012

母から一緒に送られてきたこの白い椿

えちんが鍼灸学生の入学式の日に挿し木した椿だとか。

(結構いいお年頃になってから学生になったんですけどねとほ。)

「ほら、あの時の椿がこんなにきれいにしっかり咲いたよぉ♪」と。うるうる。

泣かせてくれるじゃないかぁ。。母よ。感謝ばかりなり。

(えちんが本当に鍼灸師になれるって誰も思ってなかったからね~)

 

「甲乙鍼灸院」への鍼灸治療のご相談・初診予約は、

   ブログ右欄カテゴリーの【甲乙鍼灸院のご案内①②】をクリックし

  「甲乙鍼灸院のご案内①②」を一読頂いてから

   予約の連絡を頂けると有難いです。

 

コメント

患者さんの質問:「カゼには漢方が効く??」『葛根湯』編

2012年02月15日 | 患者さんの声

前々回からのブログに引き続き、

患者さんの質問:「カゼには漢方が効く??」、

今回は、「葛根湯(かっこんとう)」編です。

ずいぶん前にテレビのコマーシャルで確かやってましたね。

「ひき始めのカゼには、葛根湯~♪」と。

  。

そのフレーズを忘れず覚えておられる方が、

「カゼひいたなぁ」と感じた時によく「葛根湯(かっこんとう)」を

ご自分の判断で薬局で購入されていると小耳にはさみます。

もちろん、その方のその時の症状に適していたら、効果はあると思います。

Vs201102_012

今回も「中医臨床のための方剤学」から引用。。。

 「葛根湯(かっこんとう)」とは?。。。「傷寒論」に記載あり。

 

◎効能:解肌発汗・舒筋(じょきん)

「太陽病、項背強ばること几几、汗無く、

  悪風するは、葛根湯これを主る(つかさどる)」

「太陽と陽明の合病は、必ず自下利す、葛根湯これを主る。」

これは、桂枝加葛根湯に麻黄(まおう)を加えたものである。

と云々カンヌンとつづく。麻黄には、開表発汗の作用があると。

あとは、『中医臨床のための方剤学』をお読みくださいませ。

「麻黄湯」も「葛根湯」も「桂枝湯」もすべて解表剤で、

発汗をうながす作用のある方剤のようですね。

すでに大量に発汗している人には、向いてないということかと。

発汗を促すので、症状を悪化させてしまう恐れありです。

  。。

漢方薬を調合、処方されている方は、

こういう様々な症状によって、細かい分析(弁証)をして

日々漢方を処方されているわけです。

ここに揚げたのは、ほんのさわり程度、入口程度のお話です。

えちんの今回のブログ、少しは、参考になりましたでしょうか?

 

次回は、「母特製の大根のお漬物レシピ」登場~~♪

 

 

Vs201102_015

 

コメント