やました甲乙鍼灸院のあれこれ

はりとお灸の鍼灸をこよなく愛し大いなる鍼灸の力を手に入れたいと日々孤軍奮闘中。

「たまつくりkafe」でのお茶会2回目。

2013年02月24日 | 茶話会・座談会・イベント

先日、「たまつくりkafe」(通称かふぇたま)での

『鍼灸師えちんのお茶会』第2回めも無事終了。
 
当初、参加者は1名のみとお聞きしておりましたが…
ふたをあけてみると。。。にぎやかで楽しいお茶会になりました。
お子ちゃま軍団?も、おもちゃルームで大喜びで遊んでおりました。
  。。
 
関西に自主避難されている母子さんや関西在住の母子さんと一緒に
まった~り、お茶飲みながら、はりやお灸のお話に関することを
あれこれお話しするだけの会なのですが…
  。。
 
ともすれば、自分だけが…と不安に陥ったり、孤立感に苛まれたりして
大切なお子さんや家族とのコミニュケーションの時間を
うまく過ごせない状況から抜け出せないママさんに
せめてこの空間でほっこりして欲しいと思います。
 
今現在の不安、先の見えない不安を
お互いに声に出し、言葉にすることによって
互いの意見(情報)をかわしあい、分かち合い
少しづつでも具体化(具現化)していくことができたら  と思います。
 
そんななまやさしいことを言ってる場合ではないと
お叱りを受けるかもしれませんが…
 
落ち込んでなかなか元気が出ないときは、笑顔がでないとき
無理せずに頭や心を休める時間も必要かと。
しっかり身体を立て直して、頭と心をスッキリさせて、
次に臨んでいけば良いかと。
。。
 
こういう時は、周囲の方がそっと見守り、寄り添って下さい。
そうやってがんばり続けて、煮詰まってしまった思考には、
東洋医学(鍼灸医学)の思想は、とても良いと思います。
 
鍼灸の奥深い世界に入る手前、ほんの入口のお話や
自分で掘り下げていくために知っておくと良いかなぁ的なお話を
この「えちんのお茶会」でできたらうれしいなぁと思ってます。
 
なかなか人前でお話しするのは、得意ではないので
すぐ緊張して、舞い上がって「あわわ、あわわ」のえちんですが…
温かい目で見守って下さいませ。よろしくです。
 
 
Pa0_0021

 
 
 
 
 
コメント

『ゆめ風基金』映画上映のご案内:「逃げ遅れる人々」

2013年02月23日 | 映画

今回は、映画上映のご案内です。

☆映画『逃げ遅れる人々~東日本大震災と障害者~』上映会。

『大阪市立啓発小学校』
大阪にこのような取り組みをしている小学校があったのね…

☆映画『逃げ遅れる人々』上映会。
◎日時 2013年3月3日(日)午後1時30分開場 2時開始

◎場所 大阪市立啓発小学校体育館
マップ:
http://www.ocec.ne.jp/es/keihatsu-es/accessframe.html

◎内容 映画「逃げ遅れる人々」上映 上映時間1時間17分
   阪神淡路大震災の被災障害者の話 地域の取り組み
◎主催 認定NPO法人ゆめ風基金/啓発連合振興町会 
    啓発社会福祉協議会/地域防災センター
◎お問い合わせ ゆめ風基金 TEL06-6324-7702/FAX06-6321-5662


http://www.ocec.ne.jp/es/keihatsu-es/index.html
 
上記の詳細が載っているブログ見つけました!(勝手にURL載せました。すみません!)
 
Photo
 
Photo_2
色んな機関紙やイベントの案内チラシが
えちんの『甲乙鍼灸院』に届いております。
なかなかブログで紹介できずで、すみません!

色んな書類の整理や打ち合わせで、ぱたぱたしておりました。

たいして忙しいわけではないのに段取りが悪いのでしょうね…
反省しかりのえちんです。とほ。
 
もちろん、鍼灸治療も忘れず、精進しております。はい。
 

 

コメント

届きました。最新刊!『ビッグイシュー日本版208号』

2013年02月10日 | 機関誌・ビッグイシュー

 前回の207号の紹介をアップしたあとすぐに

 208号がえちんの『甲乙鍼灸院』に届きました。

 毎回同じような文面紹介ですが…

208_3

 

『ビッグイシュー208号』の特集は、 

 わかもの包摂 若者就労支援の最前線

 スペシャルインタビュー:トム・クルーズ

 

もっとビッグイシューの詳細をお知りになりたい方は、

 ビッグイシューのHPへどうぞ~ →http://www.bigissue.jp/

 ホームレスの仕事をつくり自立を応援する雑誌です!

 1冊300円。そのうち160円が販売員さんの収益になります。

 梅田・難波・天満・南森町など主要な駅の改札付近で販売員さんがいます。

 少しシャイな販売員さんやファンキーな販売員さんとお話ししながら、

 直接購入するのも楽しいですよ♪

 震災後、マスコミで流れるようになった情報も

 ビッグイシューのバッグナンバーで

  取り上げていたりしているので

 バッグナンバーの購入も良いですよ♪

 

コメント

ひさびさ。『ビッグイシュー207号』

2013年02月04日 | 機関誌・ビッグイシュー

『ビッグイシュー207号』 ひさびさの『ビッグイシュー日本版』の紹介です。

ひさびさの報告ですが、毎号購読してます。ご心配なくです~。

Pa0_0033  

『ビッグイシュー207号』の特集は、

 「盲ろう者」二重障害の世界。

 スペシャルインタビュー:工藤 夕貴

Pa0_0030

もう一冊ご紹介を。

 ~自閉症の僕が生きていく風景~「風になる」著:東田直樹。

 2013.1/10より、ついに通信販売開始されました!

 販売者さんから直接購入もできるようです。

 その場合は、定価の半分(750円)が販売者の収入になるそうです。

よし!えちんはネットで購入しようと思っていたけど

 やっぱり町で販売員さんを見つけて購入しようとひそかに企んでおります。

 (ってここで告知したら、ひそかでも何でもないよね。

Pa0_0032

 

もっとビッグイシューの詳細をお知りになりたい方は、

 ビッグイシューのHPへどうぞ~ →http://www.bigissue.jp/

 ホームレスの仕事をつくり自立を応援する雑誌です!

 1冊300円。そのうち160円が販売員さんの収益になります。

 梅田・難波・天満・南森町など主要な駅の改札付近で販売員さんがいます。

 少しシャイな販売員さんやファンキーな販売員さんとお話ししながら、

 直接購入するのも楽しいですよ♪

 信頼できる情報を届けてくれる媒体が少なくなった昨今

 雑誌の内容も大手広告会社に依存していないので

 一般の雑誌より、信頼でき、興味のある内容が多いかと思います。

 

【ゆめ風ブログ】http://yumekaze21.blog39.fc2.com/

 

コメント

行って参りました!『関西へ避難した女たち~』@大阪国際交流センター

2013年02月03日 | 講演会・研修・セミナー

またもやブログに告知もせず、参加してきました報告です!

ごめんなさい~

Pa0_0022

このチラシは、先日、本町にある「レコッコレ」さんで

『カンタ・ティモーレ』の上映会があり、その時入手したものです。

日にちが急だったので、パタパタしているうちに

当日になってしまいました。

(『カンタ・ティモーレ』も良かったです♪感想はまた別の機会に。)

  。。  。。

「関西へ避難した女たち

    ~震災・原発事故から2年・報道されない避難者の今~」

◎2013年2月2日(土)15:00~

◎大阪国際交流センター 3階会議室

  (地下鉄谷町九丁目・近鉄上本町六丁目)

◎先着:30名

◎テーマ:1.「避難ママ支援事業について~女性と災害の視点から~」

                  講師:岸○真○

       2.「関西へ避難した女性たち」

                  講師:まるっと西日本 古○真○美

  ※「まるっと西日本」→http://maruttonishi.blog.fc2.com/

 

  今回も貴重なお話聞かせて頂きました。

  今回の避難者の方は、茨城県から震災後、母子避難されてきた女性でした。

  

  3.11の震災は、色んな意味でもまだまだ終息していません。

  (決して不安をあおるつもりはないのですが。)

  それを自覚しつつ、アンテナをはり、真実に目を向けることが大切かと。

  これから、この状況下で暮らして行くための大切なお話だったと思います。

  避難してきた方々の震災当時の状況は?そして現在は?

  補償の問題は?色んなお話を聞くことができます。

  危機管理(防災対策含め)は起こってからでは遅いのだと。

  これから私たち誰しもに起こりうることを予測し準備するには

  それを体験した方々の生の声が一番だと思います。

  飯館村や浪江町から避難された方、現在も留まって活動されている方のお話も

  以前、別の機会に拝聴しました。

  心身ともに辛い状況下で、精力的に講演活動をされています。

  その方々の生の声を聴く機会を逃さず、私たちができうることを

  探して動けたらと思います。(と言いつつ大したことできないですが…)

  垣根などいりません。(つくっている場合ではないと)分断など切なすぎます。

  それぞれの立場があり、背負っているものも千差万別のはず。

  先入観をもたず、ふつうに当事者の方々の声に耳を傾けてみませんか?

  関西のおばちゃんは、おせっかい焼きやから…

  色んな世話焼きしぃたいだけなん私?などなど(色々、自分の中で葛藤ありですが)

  当事者の方々が本当に望んでいる支援がちょっとでもでけたらええなぁと。

  思う日々の関西のおばちゃんのえちんです。

  (大きなことはできませんが…えらそうにすみません

  それがえちんの好きな鍼灸でできたらもっとうれしなぁと。

 

  Pa0_0025

えちんの鍼灸院に「まるっと西日本」さんのチラシ貼ってます。

  ご来院の際は、ご覧くださいませ。

  (個人情報の関係で避難者同士の繋がりを作るのも難しいようです。)

  この講演会の帰り、甲乙鍼灸院の患者さんで

   震災後すぐ、岡山に避難された女性に連絡とってみました。

   地域に馴染むのは時間がまだかかりそうですが、

   お元気そうなご様子にほっとしました。

 

 

 

コメント