やました甲乙鍼灸院のあれこれ

はりとお灸の鍼灸をこよなく愛し大いなる鍼灸の力を手に入れたいと日々孤軍奮闘中。

ほんとうは。。。

2012年07月31日 | 日記・エッセイ・コラム

 みんな、復興に協力したいんです。

  子どもたちを守りたいから、心傷めて 知恵をしぼってる。

 

  ほんとは 誰とも 争いたくない。

 

 と思ってる。

 。。

 

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

 

 

コメント

届きました。ビッグイシュー194.195号。

2012年07月24日 | 機関誌・ビッグイシュー

えちんの『甲乙鍼灸院』に『ビッグイシュー日本版195号』届きました。

前回の194号の報告が抜けてしまいました。ごめんなさい

  。 。

194号の特集は、「文月。被災地からの手紙」

岩手・福島・宮城の被災地の方々からの便りが掲載。

そしてえちんたち読者からの返事の便りを待っているとのこと。

みなさん、被災地の人たちに祈りだけでなく、

手紙も届けてみませんか。

Pa0_0000_3_2

悲しいかなえちんは筆不精です。

上手くお便りが書けません。

ただ、息の長い支援を届けようと思って

「子ども福島ネット」の切手寄付は、

少しづつですが、続けていきたいと思ってます。

その折に、ひと言ふた言、一筆箋にて同封します。

「忘れていません」「忘れません」の思いをこめて。

「忘れられていくのでは?」という恐怖感、孤独感は

自分ひとりの力ではなかなか抜け出せないように思います。

家族がそばにいても難しかったりします。

えちんもある時期そうでした。

色んな形で色んな方に支えられて

今のえちんがあります。

本当に感謝ばかりなのですが、

もう伝えるすべのない人もいます。

ペイ・フォワード(次に繋げる・伝える)

大切につなげていきたい。

201207_2

「子ども福島」からお礼とともに「たんがら通信」届きました。

今回は、夏の保養の記事です。

「おかとん」の夏の里山保養も21日から始まり、

無事鹿児島の両親の野菜も提供できた模様。(ほっと一安心)

ビッグイシュー195号の特集は

 「ウルトラライト・ライフ ~モノ捨て、野(フィールド)に出よう!~」

  。 。

もっとビッグイシューの詳細をお知りになりたい方は、

 ビッグイシューのHPへどうぞ~ →http://www.bigissue.jp/

 ホームレスの仕事をつくり自立を応援する雑誌です!

 1冊300円。そのうち160円が販売員さんの収益になります。

 梅田や難波など主要な駅の改札付近で販売員さんがいます。

 少しシャイな販売員さんやファンキーな販売員さんとお話ししながら、

 直接購入するのも楽しいですよ♪

 信頼できる情報を届けてくれる媒体が少なくなった昨今

 雑誌の内容も大手広告会社に依存していないので

 一般の雑誌より、信頼でき、興味のある内容が多いかと

 えちんは思います。一度いかがですか?

 二度、三度と リピーターになって、よろしくです

 
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

コメント

届きました!沖縄映画「ひまわり」

2012年07月22日 | 日記・エッセイ・コラム

えちんの『甲乙鍼灸院』に映画のチケットが届きました。

沖縄映画『ひまわり』のチケットです。

サブタイトルは、~沖縄は忘れない、あの日の空を~

 命と平和、そして、日本の未来を問う。 

 ジェット戦闘機は炎上しながら校舎へ激突した。

 繰り返される沖縄の悲劇  とチラシには、あります。

http://www.ggvp.net/himawari/index.html

このチケットは、映画観賞券でもありますが、

この映画の製作協力券のようです。

えちんの鍼灸院の患者さんですが、

この映画製作に興味をもたれ、協力されているようです。

一本筋が通った、強い信念をもたれた高齢のご婦人です。

そのご婦人の姿勢には、色んなことを学びます。

 。。

折しも、今ニュースや新聞の見出しになっている事柄と

リンクする内容なのではないでしょうか?

たぶん、大阪の上映館は、第七芸術シネ・ヌーボかと想像します。

えちんの好きな映画館です。楽しみにしております。

呼びかけ人:鳥越俊太郎氏、池辺晋一郎氏、佐々木愛さん、小森陽一氏。

Photo

公開は、来年の1月ごろになるとか。

チケット2枚頂きましたので、観に行きたい方は

 えちんにお声かけくださいませ♪

 
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

コメント

夏祭り

2012年07月16日 | さんぽ

いつものさんぽ。良い天気です。

ご近所の神社は、本日夏祭りらしい。

夏祭り、子どもの頃はよく行きました。

Pa0_0018

露店がたくさん出てました。

焼きそば。氷。くじ。etc…

なつかしいなぁ。。。

Pa0_0017 赤い提灯に胸弾む。

さんぽの帰りは、汗だくでした。

夜また覗けたら来たいと思います。

Pa0_0015_2_2

世に処しては、

 宜しく俗と同じべからず、

  また宜しく俗と異なるべからず。 『菜根譚』

   ~処世の術としては、世俗に迎合してばかりもいけないが、

      あまりにかけはなれてもいけない。~

 とある。 

 真実を見極める目を持ちたいと思っています。

 それは「鍼灸」を学ぶ理由のひとつかと。(えらそうにすみません

 。  。

えちんの患者さんから、お手紙が届いてました。

 沖縄映画「ひまわり」の映画のチケットでした。

 その報告は、また次回。

Photo

 にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

コメント

届きました。「鍼灸ジャーナルvol.27」

2012年07月09日 | 書籍(鍼灸関連含む)

えちんの『やました甲乙鍼灸院』では、

「鍼灸ジャーナル」を定期購読しています。

Pa0_0022

毎回楽しみにしている記事は、言うまでもなく

奈良のR先生の『北辰会・難病診療シリーズ』。

今回は、『蓮風打鍼の応用例Ⅱ』。

それと同時に鍼灸師、鍼灸業界、

いえいえ、医療業界が注目すべし記事は、

特別座談会

 『鍼灸医学は如何にあるべきか』

     ~医師から見た鍼と将来の展望~

 の記事ではないでしょうか。

    。。   。。   。。

 (社)北辰会が医師を招き、

 東洋医学と西洋医学の今後の連携の撮り方や課題について

 ディスカッションした貴重なシンポジウムの内容をご紹介。(記事から)

Pa0_0000

村井和先生の熱いトークは、いつもながらに胸に響きます。

限られた時間の中での座談会、まだまだ伝えたい内容は

みなさまたくさんあったのではないかと思います。

鍼灸治療のすごさを体感した西洋医学の先生方の

今後の展開がとても楽しみです。

次回第2弾も期待しています。

コメント