ぐ~たらEVERYDAY

役者・星野千寿子の日記♪
ネコの事・舞台の事・仕事の事・散歩の事
平凡な日常を愉快に楽しく!
目標・毎日更新!

ちず散歩【成城仙川沿い編】

2016-03-31 21:29:48 | ちず散歩
桜の花見の穴場・仙川沿いを散歩してきました。
昨年初めて知ったんですが、すぐ近くの東宝撮影所が5日間限定で一ノ橋~三ノ橋の桜並木をライトアップしてくれるイベントがあって、さすがプロによるライティングという事で、昨年は月の綺麗な満開の夜にそれはそれは見事な夜桜を楽しむ事が出来たんです。
で、今年は友人を連れて4月1日に観に行く予定を立てていたら、何と!
今年のライトアップは26日~30日で終了してしまっているではありませぬか!Σ(OωO|||)
全然花咲いてなかったでしょうに~(T□T)
開花宣言されてから、なかなか見頃まで進まなかったから、東宝さんも誤算だったのでしょう。
でも、延長出来なかったのかなぁ。
撮影所で照明機材が必要なスケジュールだったのかなぁ。
とにかく悔しくて悔しくて、でも昼の桜なら今日辺りから見頃だろうと出掛けてみたわけです。

成城学園前駅から歩いて東宝撮影所を目指します。
結構歩きましたね~
向かう道すがら、桜はもちろん、様々な春の花が咲き乱れていて、目的地に着く前に充分散歩として楽しめちゃいました。



撮影所の壁面に大きく描かれた「ゴジラ」と「七人の侍」に出迎えられ、そこから仙川の遊歩道へ。



おぉ~!
このところの陽気で一気に咲きましたね~(*´ω`*)



これでも蕾がまだ多くて、5分咲きくらいかな。



風も穏やか。
そして上着を脱いでしまう程の暑さ!
これで、ますます開花が進むでしょう!(*^-^*)



水面に映る桜も絢爛!
カモの集団も気持ち良さそうに休んでいました。



遊歩道を行き交う人がみんな笑顔なのがいいね!(*^-^*)



川の柵にはゴジラのデザイン。



青空と桜、最高の花見散歩!O(≧∇≦)O



桜並木としての距離は短いんですが、夜桜も合わせて、ホントここは穴場中の穴場だと思います。



さて、ここから次は隣駅の方へ歩いて行くわけですが、昨年、迷子になって地元のマダムに「有り得ない」と笑われながら駅まで連れて行ってもらった経緯があって、二度と同じ過ちは繰り返したくないところ。
スマホの地図を凝視して、慎重に慎重に歩きます。
しばらく住宅街が続くので「こっちで合ってるんだ!」という確信を得られる目印が見当たらないんですよ。
もうドキドキです。



ウルトラマンが電線よりも低く飛んでる姿を頭上に見つけた時の達成感と言ったら…!(*´ο`*)~3
ここまで来れたら、もう大丈夫!
花見とは別のもう一つの目的地へいざ!(*^-^*)





1日1回、ポチッとクリック!
ご協力お願いします!
コメント

ホラーとSFとヒストリー

2016-03-30 19:20:31 | 写真展
出掛けてきたのはもう随分前ですが、ちょっとマニアックな写真展へ。



TODAYS GALLERY STUDIO
『変わる廃墟 VS 行ける工場夜景展』

元々はそれぞれ単独で展示されてたそうですが、今回は異色のコラボという事で、ちょっと興味を惹かれまして。
ギャラリーを二分して、まずは『廃墟』の写真から。



わわわわ~昼の撮影とはいえ、やっぱり不気味!(((゜д゜;)))
旅館のだだっ広い宴会場の真ん中に意味あり気に置かれた3つの座椅子とお膳。
何なの、何でなの~?



人形も手術台もブラウン管テレビもいちいちコワイ。
まさにホラー!(≧ω≦)
んんん~でも嫌いじゃない!(笑)



そんなオドロオドロした印象の廃墟も、見ようによっては美しく見えるから不思議。
朽ちて行く過程で植物に占拠され、命を感じないはずなのに命がそこに宿っていたり。
自然の中にうまく溶け込んでいたり。



使われなくなってどんどん古びて忘れられて行く遊園地の物悲しさだったり。
廃墟には絶対足を踏み入れたくはないけど、ちょっと見る目が変わったような気がします。

そして、もう一つの展示『工場の夜景』



ま、まばゆい!
まるで未来都市!
まさにSFの世界!



今にも宇宙戦艦ヤマトが発進していきそうな。
今にも白色彗星帝国が現れそうな。
今にもメガロポリスから銀河鉄道999が旅立っていきそうな。
(ヤバイ、世代がバレバレ)
幻想的で現実感がないくらいの美しさ。
工場の夜景見学ツアーが人気なのもわかる気がする。



ギャラリーは混雑していて、意外にも女性が多かったのにビックリ!
それも彼氏に付き合って仕方なくという感じでもなく、女性同士で来ていたり、とても興味を持ってそうに観てたり。
人知れず朽ち果てて行く廃墟と、夜も明るく照らし生産し続ける工場夜景。
対照的だけど、どちらにもある独特な存在感。
普段あまり触れる事のない世界を知って、思いの外楽しめてしまいました!(*^-^*)

そして、次回のこのギャラリーでの展示が…



いや~ん!
また行かなきゃ!O(≧∇≦)O

で、浅草橋ついでに(また!)隅田川まで歩いてみようという事に。
そんなに遠くないんですよね。



『蔵前橋』到着!



この橋の真っ黄色さって景観的にどうなんだろ!?(=ω=)



江戸時代には、ここから筑波山が見えてたんだなぁ!
何気にあちこちに江戸の歴史の名残を感じられる場所。
たいして歩かなかったけど、新宿の大混雑に慣れてると、こういう閑散とした場所がとっても新鮮で楽しいのである!(*^-^*)





1日1回、ポチッとクリック!
ご協力お願いします!
コメント

合言葉

2016-03-29 23:35:02 | 癒し・美容・オシャレ
「たまの贅沢に行けたら」なんて言っておいて、さらにはついこの間、箱根で温泉三昧しておいて、また行ってきちゃいました『テルマー湯』
気軽に行ける場所なんですもん!
結構気に入っちゃってます!(≧∇≦)b

このスパは、フロントである「合言葉」を言うと、料金が200円安くなるんですよ。
イタリア語なのかなぁ、ちょっと言いにくい言葉なんだけど、わざわざ意味まで調べてもいたので、フロントではスラ~ッと言えました。
隣では騒がしいオバちゃんグループがその合言葉を忘れちゃったらしく、さらにギャアギャアうるさかったけど(笑)
HPのどこかに載ってるので、行く時はチェックしてみてね!(*^-^*)



今回も日々の疲れをさっぱり洗い流して、心身共にリフレッシュ出来ました!(*´ω`*)





1日1回、ポチッとクリック!
ご協力お願いします!
コメント

ちず散歩【六義園編】

2016-03-28 20:52:18 | ちず散歩
桜の開花は早かったのに、急に寒くなって足踏み状態になってしまいましたね。
花見を今か今かと楽しみにしていたけど、しばしお預け。
でもでも!
ソメイヨシノでなければ、花見を楽しめるスポットもあるものです♪

久しぶりに六義園に出掛けてきました。
枝垂れ桜の名所ですね!
午前中から行ったのに、入口は長蛇の列!



まだまだ蕾が多いので、7分咲きくらいでしょうか。



青空の下、淡いピンク色が映えますね~(*´ω`*)



でも、満開ではないにしろ、以前観た印象よりスカスカしている気が…
もっと桜がもっさり咲いていたような記憶があるんだけど。



園内も軽く散策してみました。
池には多くの水鳥、岩場には日向ぼっこの亀たちが整列。



屋台では焼き団子の匂いに誘われて、つい買っちゃいました。
「花より団子」ならぬ「花も団子も」(*≧m≦*)



六義園のすぐ目の前にあるお蕎麦屋さん「小松庵」で昼食を。



出来たばかりなのかしら、真新しい店内がとっても上品でオシャレ。
お蕎麦も野菜天も絶品!(≧∇≦)b



さすがに枝垂れ桜のライトアップまでは粘れなかったけど、いい花見日和でした!(*^-^*)





1日1回、ポチッとクリック!
ご協力お願いします!
コメント

金明竹は風呂敷の紙入れにちゃんちゃんこ

2016-03-27 18:20:58 | ライブ・観劇
一週間前に稽古を見学したばかりの舞台を観てきました!(*^-^*)



深川とっくり座
『丹青の 金明竹は風呂敷の紙入れ』

稽古では冒頭部分を観損ねていたので、新鮮に楽しむ事が出来ました。
最近は女優陣だけではなく、男優陣も髷を結うようになって、やっぱりいいね!(≧∇≦)b
客席のあちこちから笑い声が沸き上っていました。



終演後は役者の皆さんと。
知ってる顔ばかりなので、ついつい長居してしまうんですが、今回はあるイベントのため、お客さんが帰った後も居残らせていただきました。

いつものように舞台上でキャストやスタッフさんの記念写真。



その後、座長・丹青さんに赤い「何か」がプレゼントされ、舞台裏へ連れていかれました(笑)



しばらくして戻って来た丹青さんの格好は…



はい!
もうすぐ3度目の成人式を迎える丹青さんへのお祝いサプライズだったのです。
いや~還暦とは思えないほど、まだまだ若々しい!

いつでも温かいメンバーが出迎えてくれるとっくり座さん、平均年齢がどんどん高くなっても、その温かさそのままに、これからも頑張ってくださ~い!(*´ω`*)





1日1回、ポチッとクリック!
ご協力お願いします!
コメント

ハエの存在感

2016-03-26 22:01:31 | ライブ・観劇
舞台を観てきました。



劇団あかぺら倶楽部
『蠅取り紙~山田家の5人兄妹~』

家族の絆を描いたハートフルな作品!(*´ω`*)
ちょっと話の展開や芝居が先読み出来ちゃう脚本・演出だったけど。

で、芝居中の暗転が明けた時、最前列のド真ん中で観ていた私の真ん前にいきなりハエが現れたのね。
しっかりと舞台に足をつけて、立体的にリアルに存在するハエが。
あまりに良く出来たハエの姿に「さすが、あかぺら、こんな小さな小道具も抜かりないわ!(≧∇≦)b」と感心し、このハエが後半どんな風にタイトル通りに芝居に関わっていくのか、メッチャ注目してて。
役者陣もうまくそのハエを踏まないように芝居してるし。
そしたら、クライマックスの頃にはそのハエは役者陣の激しい動きの風圧の中で翻弄され、たちまちそのハエの姿を無惨に変えていくことに…

え、えーーーーーーっ!
落ちてただけの黒い糸くずだったの!?Σ(OωO|||)

ただ一人、全く違う観点で芝居を楽しんでしまった私なのでした…!(;^_^A





1日1回、ポチッとクリック!
ご協力お願いします!
コメント (2)

ちず旅行【箱根編 Part2】

2016-03-25 22:13:26 | ちず旅行
箱根神社から宿泊ホテルまでは3分ほど。
それでも関所と神社の石段によるダメージで、わずかな上り坂が堪えます。
一日散々寄り道と遠回りをして、やっと到着~♪



『山のホテル』

以前、友人が泊まってとっても良かったらしいのです。
私も2年前の箱根旅行の時、吹雪の中、ホテル前でバスを待とうとしていたら「寒いから中でどうぞ」ってバスが来るまでロビーで休ませてくれた親切なホテル。
今回は宿泊客として来ましたぞーーーーーっ!(≧∇≦)b

フロントで手続きしていたら、元々はスタンダードルームを予約していたんだけど、ちょっとお値段を上乗せすれば、このホテルに一室だけの源泉掛け流しのお風呂付きプレミアムルームをご案内していただけるというオイシイ話が!Σ(゜∇゜*)
スタンダードですら結構なお値段なのに、そんな贅沢~と思ったけど、それでも通常の6割引くらいの安さで泊まれて、何より深夜でも入りたい放題の温泉付きの部屋が決め手となり、この際だからとことん贅沢しちゃうことにしました。

部屋に案内されて、もうビックリ!



ベッドが4つもあるよ!?Σ(゜д゜;)
いや、すべて4人分なんだけど、それを2人で使うって、どどどどうしたらいいの!?(笑)
しかもこの部屋、星野家より広いよ!?
トイレも洗面台も勿体ないほどの空間だよ!?
戸惑うばかりの貧乏性!(;^_^A
すべてがクラシカルで上品なデザイン。
もうこんなお部屋に泊まれるの、最初で最後かもしれない!O(≧∇≦)O

荷物を置いたら、小さなパノラマ展望室があるというので上がってみました。
か、階段が…!わずかな階段がキツイ!



うわぁ!
すでに夕陽は隠れちゃってたけど、うっすらと富士山も見えて、雄大なロケーションに感動!(*´∇`*)
このホテルは、ツツジやシャクナゲの季節がベストシーズンらしく、下に見える株はすべてツツジなんですよ。

部屋に戻ったら、さっそく掛け流し温泉のバスルームへ!



芦ノ湖を臨む窓からの眺めは抜群!
浴槽に入って満杯のお湯がすごい勢いで溢れちゃうたびに「もったいない!もったいない!」と叫ぶ貧乏性!(;^_^A
ふぁ~あぁ~何て気持ちがいいんでしょう!(*´ω`*)

充分温まったら、レストランでディナー。



フ、フランス料理ですよ。
あのシルバーの半球のフタをテーブルでパカッって開けてメイン料理が出て来るアレですよ。
自分の振る舞いがマナー的に合ってるのかどうなのかドキドキしちゃう貧乏性!(;^_^A
でも美味しかった~

大浴場「つつじの湯」にゆったり浸かって、また部屋付きのお風呂に入って、あとは部屋でまったり。
もうね、ベッドが4つもあるから寝ない方のベッドは強引に荷物置きに使う貧乏性!(;^_^A
部屋の半分くらいしか使えてないよ。
この広い空間を持て余しちゃってるよ。
夜中にもう1回、部屋の温泉に入るつもりだったけど、ベッドに入ったら朝まで爆睡しちゃいました~

で、朝。
窓からの景色は…



ぐはっ!Σ(OωO|||)
昨日とは打って変わって、雲だか靄だか霧だか、とにかく真っ白!
しまいにはチラホラ粉雪まで舞い始めました。

朝一で部屋の温泉に浸かって、朝食へ。



朝は洋食と和食と選べるんだけど、迷わず洋食にしました。
さらにプラス500円でスタンダードからプレミアムコースのメニューに変えられると聞いて、ここでも贅沢にプレミアムメニューを♪
白く煙ってはいたけど、芦ノ湖を眺めながらいただく料理の美味しい事!(*^-^*)
そうそう、ここの標高って700mを超えてるそうなので、スカイツリーのてっぺんより高い所にいるんだな~って思ったら、ちょっとビックリ!



それから大浴場で広々ゆったり過ごして、ラストにまた部屋の温泉を楽しんで!(どんだけ)
いつもは慌ただしいのに、このホテルはチェックアウトが12時なので、それはもうゆっくり過ごせました。



コーヒーとお菓子をいただきながらグダグダ出来る時間があるって最高!
晴れてたら、庭園も散策したかったなぁ!(*^-^*)

名残惜しくもチェックアウト。
思いがけずリッチな思いが出来て大満足!(*´ω`*)
それにしても、かつての三菱財閥のとてつもない財力に、ここでも驚かされました。

ホテルの送迎バスで「元箱根港」へ。
見てください、この日の芦ノ湖を!




まっちろーーーっ!Σ(OωO|||)



桟橋を写してなかったら、湖の境が全くわかりません!(|||◇|||)
どんどん辺りが真っ白に染まっていきます。
登山バスに乗ってる間も外は一面霧に包まれ「運転手さん、道が見えてるのかな」と不安になるくらい。
まさにサイレントヒルの世界です。
そしてメッチャ寒い!{{{(≧□≦)}}}
出発時のブログのタイトルに「春を先取り旅行」なんて載せちゃったけど、そんな要素まるっきりなかったよ!
真冬に逆戻りだよ!
完全防寒で来てて良かったよ!

バスで向かうは、宮の下の日帰り温泉施設「てのゆ」
前回の箱根旅行でも行ったところで、今回はリサーチが面倒だったので、もう最初からここに決めてました。
こんな日はもう温泉しかないっしょ♪



着いてすぐに昼食。



かなり具沢山の天重でした!(*^-^*)
で、内風呂と露天風呂に1時間程浸かって、早い時間に東京へ戻りました。



お天気が良かったら「彫刻の森美術館」に行きたかったけど、まぁこんな天気になっちゃったので、前日に行きたいとこ行っといて良かったです。
でも一度も傘を差さずに済んだのはラッキーだったかな!
ロマンスカーで東京に向かう頃になって空が明るくなっていく様に、いつもなら舌打ちの一つも出ちゃうものですが、今回は特に悔しさも湧いてこず。
だって、こんな贅沢な旅行、普段出来ないもの。
ただ、あれだけ温泉に浸かったんだから、そろそろ私、美肌になっても良さそうなんだけどね!?(=∇=)





1日1回、ポチッとクリック!
ご協力お願いします!
コメント (4)

ちず旅行【箱根編 Part1】

2016-03-24 23:12:19 | ちず旅行
箱根一泊旅行から帰ってきました。

ロマンスカーで向かう間、心配だったお天気も徐々に広がる青空に一安心!(*^-^*)
今回は「芦ノ湖畔の宿でのんびり過ごす」つもりだったくせに「宿に向かう途中で彫刻の森美術館に行こう」ってなって、でも私が「芦ノ湖の遊覧船にも乗ってみたい」と駄々をこねて、遊覧船に乗るとなると宿までかなり遠回りになるため、美術館に寄ってる時間がないとわかって美術館を断念。
これは意外とのんびり~という訳にはいかなそうだぞ!?(;^_^A

箱根湯本から登山電車で「強羅」へ。
続いて、ケーブルカーで「早雲山」へ。
ホントはここからロープウェイで一気に下りたいところだけど、今は箱根山の火山活動の影響で「大涌谷」経由のロープウェイは一部運行していないので、代行バスで「姥子」へ。
たぶんね~ロープウェイが全開通してたらね~「大涌谷」を見に寄っちゃってたね!(≧∇≦)>
この辺りから、山から噴出する火山ガスがあちこちで見られ、あの独特な硫黄臭も。
友人は「温泉場に来た~」という気分に浸れて硫黄の臭いが好きらしいんだけど、私はちょっと苦手。
所々が警戒区域の「立入禁止」になってて、ちょっとドキドキしちゃった。
「姥子」から「桃源台」へは、たった一駅だけどロープウェイで。
箱根湯本からここまで観光もせず、ただただ移動ですよ。
おかげで箱根に着いてからの初の写真撮影がコレです(笑)



「桃源台港」から遊覧船に乗るまで、結構な待ち時間。
ひたすら並んで待っていたんだけど「こんなに乗れるの!?」と思うくらい長蛇の列。
そしてビックリなのが、これだけ人が溢れてて、私達以外に日本語が聞こえてこない!?Σ(゜д゜;)
箱根ってこんなに外国人観光客が訪れるのね!?



今回乗った船は、最新型の豪華海賊船「ロワイヤルII号」
芦ノ湖を船で渡るのが初めてなので、子供のようにはしゃいでしまいました。



デッキは強い風でメチャクチャ寒かったけど、光が反射した湖面の美しさや景色の雄大さに大興奮!



船内には3Dアートもあって、大混雑の中、頑張って撮ってみました!(≧∇≦)b







あ、これから私達が泊まるホテルも見えてきた!(*´∇`*)



箱根町港で途中降りて、歩いてホテルまで行くつもりでいたけど、結局「箱根関所」に寄り道。



関所の完全復元に至る伝統技術の素晴らしさや渋墨塗された建物のカッコ良さを、順路を辿りながら楽しみました。
途中、絶景が見られるという遠見番所までの69段の上り階段を前に、余裕のポーズ!



この石段は、江戸時代から現存しているものだそうで。
さぁ、どんな絶景が待っているのかしら、ワクワク!(*^-^*)

…お!
おぉぅ!
この階段、一段がとても高いじゃないの!
太腿への負担が…!
これは予想外だわ!



な、なんですって!?
だって、江戸時代の人って現代人より背が低くて、足も短いんじゃないの!?
この石段の高さはそれに見合ってないでしょ、絶対!(|||□|||)



ナ、ナメんじゃないわよ、現代人を!
上り抜いてやるわよ…!
「ひぃーーーっ!」
「はぐぁーーっ!」
「うぁおっ!!!」
一段上がるたびに奇声を発する私。
友人に「ウルサイ!」と言われたけど、声でもあげなきゃやってられないわよーーーっ!(≧□≦)

やっとの思いで辿り着いた遠見番所(外)からの眺め。



あぁ、頑張った甲斐があったというものね…(*´ω`*)
気づけばもう夕暮れ。
激しい息切れが治まらないうちに下りへ。



マ、マジですか!?Σ( ̄□ ̄;)
ぬおぉぉぉ!
ホントだ!
足がカクカクガクガクして、こりゃキツイ!(≧д≦)
下り終えた時のダメージは相当でしたよ…!○| ̄|_
「関所資料館」もバッチリ見て「元箱根港」へ。
そんなにたいした距離じゃないと思ったけど、まぁとんでもなかったね。
その途中で見えた富士山のシルエット!



ちょっと諦めてたから、あまりの大きさに感動したよ。
元箱根港からは、ホテルまでの途中にある「箱根神社」に寄り道。
前回の箱根旅行では、吹雪に見舞われて散々な参拝だったから、今回改めて。



ぐほっ!
ま、また長い石段が…!Σ(OωO|||)



本殿にお参りして、隣の「九頭竜神社」にもお参りして。



だって、縁結びの神様なんだも~ん!(///∇///)



夕陽が山々に沈み行く時間になって、やっとホテルまでの道へ出ました。
おかしいなぁ、観光よりも宿でゆっくり…って言ってたくせに、こんなにいろいろ寄って、こんなに歩いて、すでにこんなに疲れてる(笑)
やっぱり欲張らずにはいられないんだなぁ!(;^_^A


というわけで、ホテルに着く前で一旦締めます。
…次回へ続く!





1日1回、ポチッとクリック!
ご協力お願いします!
コメント

春を先取り旅行

2016-03-23 10:58:11 | ちず旅行
今、箱根に向かってます!

つい一昨々日、オフ日が合致した事でいきなり旅行計画が持ち上がって、その場の勢いで宿を予約するという相変わらず行き当たりばったりなちず旅行!(≧∇≦)>
今回は、観光よりも宿でのんびりしようと、友人オススメのホテルを選びました。
とは言っても、ナンダカンダで欲張ってあちこち廻っちゃいそうな気もするけど。



あまりに急な旅行なので、今ロマンスカー内でスマホリサーチ中。
でも、明日は雨マークなんだよな…(|||□|||)
せっかく宿から富士山が見られるそうなのに、またフラれちゃうのかしら。

何はともあれ、楽しんできます!(*^-^*)




1日1回、ポチッとクリック!
ご協力お願いします!
コメント

桜開花 2016

2016-03-22 12:45:57 | 自然・動物・風景
とうとう東京の桜が開花しましたね。
私の地元の駅前の桜も一カ所だけ咲いていました。



これから日本全国、桜の宴で賑わいますね。
今年はどこにお花見に行こうかな。
満開が待ち遠しいです!(*´ω`*)




1日1回、ポチッとクリック!
ご協力お願いします!
コメント