ぐ~たらEVERYDAY

役者・星野千寿子の日記♪
ネコの事・舞台の事・仕事の事・散歩の事
平凡な日常を愉快に楽しく!
目標・毎日更新!

後半戦もヒートアップ!

2019-10-20 18:31:48 | 大衆演劇
さて、土曜日の混雑を覚悟の上で三吉演芸場に観に行ってまいりました『都若丸劇団』
開場30分前ですでに長蛇の列。
あっという間に埋まっていく自由席。
あれよあれよと大入りです。

19日・夜の部。

第一部・お芝居『千代田の嵐』
コレ、観るの3回目。
この間のお芝居もそうだし、若丸を観られる回数は少ないのに、結構同じ演目に当たってしまう…(;^_^A
でも、そこは都若丸!
3回目だろうと、いや3回目なのに、むしろパワーアップしてた!∑(゚∇゚*ノ)ノ
第一幕は、その日就任したばかりの1人の書院番士が上司や同僚にいじめ抜かれて、皆の前で自害してしまう、ほぼシリアスでやり切れない展開。
定式幕が閉まると、大曲が「え、コレ大丈夫なんですか?」と不安そう。
「大丈夫よ、これからが若丸の本領発揮よ。まだ座長が登場してないでしょ」
そう、この後の若丸座長が出てからが抱腹絶倒の嵐!(≧∇≦)
とことん憎々し気に演じる剛さんを、飄々としながらも確実に笑いで追い詰めて、懲らしめる若丸さん。
そして、座員たちにはまたもや試練が…!(*´艸`*)
観客に笑いの休憩を与えてくれません。
立ち回りは鮮やかかつスピーディーでレベル高し!
雅輝くんの斬られた後の演技は素晴らしかったよ!
若丸さんの哀しくも潔いラストシーンは、先程までの笑いの渦を一蹴し、息が止まるほど魅入ってしまいました。
何回同じの観ようが関係ないな!
もう参りました!(*´∇`*)

第二部・舞踊ショー。
お芝居でこれでもかという悪役を演じたせいでしょうか、開幕の影アナウンスを担当する剛さん、イメージを挽回するためか、なんとも爽やかでにこやかで明るいトーン!(*≧m≦*)

海吾くんの舞踊を初めて観られました。

星矢さんは、その名の通り、星の矢を放つかのようなキラキラの鋭い流し目!
あの目力はヤバーーーイ!(♡∇♡)
ホニャララ流星拳の如く、いっぺんに何人もの乙女がハート撃ち抜かれてますわ、私含めて!

セクシー担当(?)の剛さんに飛び交う黄色い声援。
ネタとはいえ、若丸座長が悔しがるのも頷けます。
でもそんな座長は、まるで観音様のような優美な女形と、曲の世界を力強く表現する男振りでしっかり自分に惹き寄せますからね〜.+:。(〃∇〃)゚.+:。

ミックスジュースコーナーは、なぜそんな隠し芸アイテムが用意されてんの!?とツッコミたくなるくらい、見事に構成が練られてる!

その後の紗助くんのソロ舞踊でも、座員総出で笑いを全力で仕掛け、全然始まらない!(;^_^A
紗助くんの曲は、彼に触れたら感電する流れなんだけど、彼にお花を渡した女性客の、座員ですら及ばないレベルの見事な感電っぷりには感動すら覚えました。
若丸ファンは、ノリが良過ぎ!(≧∇≦)b

ラストショー『海の家』〜アンコールを経て、またまた長蛇の列の若丸さんの送り出し記念撮影会へ。



座長も座員さんも皆が気持ち良く送り出してくれる。
これぞ人気の秘訣。
座長も、今月始めの頃は何故かおとなしかった三吉のお客さんの盛り上がり方がここに来ていい感じになって来たと嬉しそうに話していました。
後半戦も若丸旋風は衰え知らずで、むしろ勢力を拡大させながら突き進むことでしょう!(*^_^*)





1日1回、ポチッとクリック!
ご協力お願いします!




コメント   この記事についてブログを書く
« 気がつけば秋 | トップ | 死神・への3番 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿