ぐ~たらEVERYDAY

役者・星野千寿子の日記♪
ネコの事・舞台の事・仕事の事・散歩の事
平凡な日常を愉快に楽しく!
目標・毎日更新!

死神・への3番

2019-10-21 17:15:06 | 大衆演劇
前日の都若丸劇団の舞踊ショー中に、座長が「明日のお芝居は『火の車』なのでね」とサラリと発表。
その瞬間、客席からは「わぁぁぁぁぁ!」と大歓声!
私だけは「えーーーーーっ!Σ(O□O|||)」とショックの雄叫び。
この『火の車』メッチャクチャ面白いんですよ!
自分の行けない日にこの演目タイトルが載らないことを祈りながら、毎日劇団ブログをチェックしてたんですよ。
「明日は厳しいよ〜、でも観たいよ〜」と嘆き、同伴者の大曲にこの芝居の面白さをアピールして帰り…
翌朝、急に彼女から「気になるので今から三吉に行きます」と連絡が!∑(゚д゚*ノ)ノ
なーーーーにーーーーーっ!?
日曜日の昼にひとりぼっちは行きにくいと思って諦めていたけど、他にも行く人があるならば、私も行かずして何とする!(知らんがな)
「じゃあ、私も行く!」
夜の仕事に備えて身体を休めていたものの、そこからマッハの速さで支度して家を飛び出し、電車の遅延や、日曜の大混雑の新宿駅・横浜駅を突破し、バタバタと観に行って参りました!

劇場に開演直前に着いてみれば、補助席の整理券が渡され、開演10分前までロビーで待機。
この日は、今月2回目の札止め『満員御礼』となりました。
でも補助席、座高が高くなって観やすかったな〜(*´ω`*)


第一部・お芝居『火の車』
大阪支部の死神「への3番」に扮する、ハロウィンのコスプレよりもレベルが低い(失礼だな)変な風貌の若丸座長。
この芝居は皆のアドリブ力が試されますね (;^_^A
若丸さんと剛さんの場面は、まるでコント。
延々と観ていられる。
笑いっぱなしだった2人の場面から一転、その後のゆかりさんのほんの短い場面で目からは涙の雨…(இωஇ)
今回も雅輝くんの斬られっぷり良かった〜
ラストで客席から退場する一行、通路が補助席で埋まってしまっていて、八方塞がりな感じで戸惑ってる様子すら楽しかった!(≧∇≦)

休憩中は、女性トイレに驚きの列!
私、客席が暗くなって舞踊ショーの幕開けのオープニングが鳴り響いてる中、ギリギリ間に合った感じでしたもん!

歌謡浪曲『赤穂城の内蔵之助』の若丸さん、圧巻でした!

ミックスジュースは、昼の部はあまり長引かせないようにしてるのかな?
それでも、客席をしっかり大爆笑させるナイスタイミングなオチ(?)でした!(*´艸`*)

ラストショー『ええじゃないか』
アンコールでは、客席に降りて来た若丸さんが補助席のお客さんとも漏れなくハイタッチしてくれて、このサービス精神がたまらないんですよね〜

『我々にはアカデミー賞のような物はないけれど、台風被害があっても「こんな時こそ笑顔を貰いに来たよ」わざわざ千葉から「元気を貰いに来たよ」とお客さんが言ってくれる事こそが自分たちの一番の励み』と若丸さん。

終演後は、早く帰らなくてはならない身のため、若丸座長の列には並ばず、今回は剛さんと♡



まぁ、わざわざ身を屈めてくれてる?
なのに、頭が見切れちゃう!
どんだけ高身長なの!
カッコイイ♡
いつも颯貴くんと見間違えてしまうくらい親子そっくりなんだけど、それって16歳の息子と変わらないくらい若く見えるって事よね?
ひかるさんも母とは思えないほど可愛くて若々しいし、とんでもない家族だわ!
帰りは、颯貴くんの表情豊かな舞踊の話で大曲と意気投合しました。

はー、観に行って良かった!
とりあえず『火の車』が観られて、もう心残りはありません。
悔いもありません。
この後のスケジュールは地獄だったけど。
私も「への3番」に助けてもらいたかった〜(*´艸`*)





1日1回、ポチッとクリック!
ご協力お願いします!


コメント   この記事についてブログを書く
« 後半戦もヒートアップ! | トップ | 終わらないアラジン愛 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿