Chiakiの徒然日記

放送前・公式発表前の作品(エピソード)に関するネタバレコメントはお控えください。

体育館は蒸し風呂

2007年07月30日 | 日々のあれこれ
参議院選挙、キチンと行って来た。
何もいちばん暑い時間帯に行かんでも…という時間帯に行ったんだけど、
汗をダラダラさせながら受付をしている職員さんたちを見ていると、
なんだか気の毒になってきた。

「扇風機だけ?」
と思わず漏らした母の声を耳ざとく聞き取った若い男性の職員さんが、
熊本城築城400年のロゴが入ったポロシャツの胸元をパタパタさせて
風を送り込みながら「暑かです」と苦笑い。

小学校の体育館だから、当然空調設備なんて整っていない。
5台ぐらいの扇風機がフル稼働していたが、それでも外気温35度を超える猛暑日には、何の慰めにもならない。

そもそも国会が延長なんかされなければ、こんな暑い中選挙なんてなかったんだよな~。
当初予定されていた選挙日の22日はたしか、30度前後だったはずだから、
ここまでは暑くなかったはず…。

投票所でお仕事だった皆さん、お疲れ様でした!!

コメント

「全国的」には含まれないのね

2007年07月29日 | 時事・ニュース
昨日の天気予報での言葉が気になった。
「寒気が下がってきて、全国的に気温は下がるでしょう」

でも、この「全国的」という言葉には九州全域は含まれないらしい。
だって、今日も予想気温35度でっせ。
当たらなくてもいい予想ほど当たるというのがねぇ…。

ま、昼間の気温はいいとして、連続熱帯夜はどうにかならんもんかねぇ。
寝る時間になっても部屋の室温が30度を超えてるので、
寝苦しいったらありゃしない。
クーラーフル稼働で寝ているけど、タイマーが切れるとすぐ室温上昇…。

あ~夕立でも来ないかな。

コメント

号外出すほどのことか?

2007年07月28日 | 時事・ニュース
昨日、ウォーキングの帰りにコンビニに立ち寄った。
スポーツドリンクとウーロン茶を買って出ようとしたところ、カウンターに号外が置いてあるのに気づいた。
手にとって見たわけではないが、見出しに「出場」の文字が見えた。
この日は、高校野球の県大会決勝が行われ、八代東高校が甲子園出場を決めたばかりだった。
夕刊に間に合わない時間だったため、号外が出たのだろうが…。

そもそも、号外を出すような出来事か!?

父が生前よく言っていた言葉を思い出す。
「編集って、号外出したがるんだよね~」
ちなみに父がいたのは販売。こちらは、号外は嫌だったらしい。
もちろん、世間を騒がすような一大事件なら号外も当然だし、それについては父も何も言っていなかった。

たかが高校野球の県大会優勝ぐらいで、号外が出るというのも凄いな。
だったら、他の高校スポーツでも優勝が決まったら号外出せよ。
他の高校スポーツだったら、たとえ全国大会で優勝したって号外にはならない。
こういう高校野球の特別視が、この春に騒がれた一連の問題につながっているような気がする。

コメント

いちばん好きなのは…

2007年07月26日 | テレビ視聴・感想
東映チャンネルで放映されている「トランスフォーマーV」を見ている。
大好きな声優さんがレギュラーで出ているから(笑)
というより、この作品を見てその声優さんを好きになった。

掛川裕彦さん。

どういうわけか、この人の声だけは聞き分けられるという特技を持っている。
他の人は、クレジットを見ないと分からないこともしばしば…(^^;)

30分の番組内で、4つの役をこなしているのを見たときはビックリした。
それなのに、メインの役で単独のセリフがなかったせいか、エンディングに名前のクレジットがなかったのは寂しかった…。

今週放送分に至っては、1回目の分がメインの役・ブレイバーの出番なし、
2回目の分が、ブレイバーのセリフなし…。

なんだか残念。
でも、ヨクリュウやジャルガーの声が聞けたから良しとしよう。
次週放送分の2回目は、ブレイバーのセリフが多いはずだから、楽しみに待つとしよう。
何だかんだ言っても、いちばん好きなのは、掛川さんのブレイバーの声だということに気づかされたのでした(笑)

コメント

看板、邪魔!!

2007年07月25日 | 日々のあれこれ
参議院選挙が近づいてきた。
ウォーキングのコースにある木々に大量のポスターがくくりつけてある。
すぐ近くに警察があるにも関らず、撤去されないところを見ると、
おそらくきちんと許可は取ってあるのだろう。

だけど!!

はっきり言って、邪魔!!

車道にはみ出すわけにはいかないから、歩道にはみ出してきているので、
危ないったらありゃしない。

歩きながら首相の顔のドアップなんて見たくないよ~。
野党の党首の皆さんのアップも見たくないよ~。

コメント

いったい、何日遅れ?

2007年07月22日 | 日々のあれこれ
熊本では、書籍類は発売日にはまず手に入らない。
子どもの頃からずっと同じ。
だいたい3日遅れ。
宅配便ですら、関東地域へは2日で届くと言うのに…。
(実は、営業所へ午前11時までに持ち込めば、翌日午後には届くという裏技もある)

この原則をもとに、5月1日発売の雑誌を4日に買いに行った。
しかし店頭に置いてない。
おかしいな~と思いつつ、店頭の検索機で調べてみると、既に店頭には並んでいて、前日閉店時の在庫は「○」。
つまり在庫は「余裕あり」。
念のため、店員さんに聞いてみたら、何と前日に店頭に並べたというではないか!
前日といえば、発売日から2日遅れ。

お~い、一体、熊本は何日遅れで手に入るんだよ~~。
2日遅れだったり3日遅れだったり、バラバラだと無駄足踏むよ~~。
しかも、たった1日で売り切れたりした日にゃ…。

フランスに旅行に行った際、フランスでも日本の雑誌が手に入ると言うので、ガイドさんに聞いてみた。
「どのくらいの遅れで手に入るんですか?」
すると、返ってきた言葉は…。
「今は輸送も発達してるからね、発売日当日か、遅くても翌日かな」

外国の方が早いじゃん…。
熊本ではだいたい3日遅れだと言ったら、メチャクチャ驚いていた。
発売日当日とまでは言わないから、せめて翌日くらいには手に入るようにがんばってくれないかなぁ…。

コメント

嫌なもの見ちゃった

2007年07月20日 | 日々のあれこれ
事故の現場。

すでに発生していて、現場を通りかかったとか、そんなんじゃなくて。

事故発生の瞬間。

あ~、事故ってこうやって起こるのか~と思った。

追突の瞬間なら見たことあったけど、衝突の瞬間なんて見たことなかったから、かなり動転してしまった。

その後の運転が「超」安全運転になったのは、当然のことだろう…。

現場は見通しの良い交差点。

右折待ちの車が2~3台止まっていた。
対向車線は右折専用レーンを入れると4車線。
運良く、全ての車線で車列が途切れ、右折待ちの車が一斉に右折して行った。
ここまではどうってことない、よく見る光景。
だが、本当に一瞬の出来事だった。
ヒュンという、風を切るような音がしたかと思った次の瞬間、
パーン!!
と激しい音。
はっと前を見ると、後ろが派手に壊れたセダンが止まっていた。
視線を右にやると、ぶつかったと思われる四輪駆動車が路肩に止まっていた。
セダンから運転手が降りてきたが、四輪駆動車からは誰も降りてこない。
この先が気になったが、私の進む信号が変わったため、その場を離れた。

もちろん、「事故が起きるかも」なんて思って前を見てはいない。
ただ漫然と、信号が赤から青に変わるのを待ちながら、目の前を走っていく
車列を眺めていた。
だから、この事故、どちらが悪いと決め付けることはできない。
セダンが強引すぎた、とも言えるし、四輪駆動車がスピードを出しすぎていたとも言える(前方不注意もあるかも)。

事故の瞬間は、本当に「あっ」という間。
ほんの何秒かの時間を惜しんだばかりに、何分という時間が費やされる。
やはり車を運転するときは、数分の余裕というものを持っておいた方がよさそうだ…。

コメント

我慢大会…?

2007年07月19日 | 日々のあれこれ
梅雨明けも近くなってきて、本格的に暑くなってきている。
今日の予想最高気温は33℃。
昨日が31℃だったらしいから、昨日より2℃も上がることに…。

基本的に外気温33℃くらいでは、冷房は入れない。
というより、入れなくても過ごせる。

もうダメ!限界!!
となって初めて冷房を入れるのだが、そういう日の最高気温をテレビで確認すると、
34℃以上ということが多い。

去年なんか、連日34℃以上という日が続き、ある日32℃という文字を見たときはホッとしたものだ。

さあ、今日は冷房の必要はあるかなぁ?

コメント

台風一過

2007年07月15日 | 日々のあれこれ
…で青空!!
とは行かないところが、梅雨明けしていない証拠か…。

いつもは玄関でくつろいでいる愛犬が、私たちの側から離れようとしなかったので、相当怖かったんだろうと思う。
蹴飛ばされようが、踏みつけられようが、抗議の声も上げずにしっかり側にいた。
ま、さすがにソファの足元にいるから、蹴飛ばされたり踏みつけられたりすることに気づいたようで、
テーブルの下に避難してたけど(笑)

まぁ、宮崎の方へ逸れてくれたおかげで、勢力の割には雨風ともにそれほどでもなかったのが幸いだった。
被害を受けた皆さんには悪いけど、「良かった良かった」という状態。

本格的に太陽を拝めるのは一体いつになるやら…。

コメント

時代に取り残されてる…のか?

2007年07月13日 | 日々のあれこれ
最近、「これどういう意味?」と首を傾げることが多くなってきた気がする。
巷で流行っているツッコミという解説がついていても、「???」状態。
どういう状況でそういうツッコミが出てくるのかが分からないので、
何が面白いのかもさっぱり分からない。

原因は分かっている。

民放番組を見ないから。

毎週見ている民放の番組は4本。
しかも「ゲキレン」と「電王」と「ケロロ軍曹」と「サザエさん」(笑)
だって、見たいと思う番組ないんだもん…。

我が家の夜はNHKしかついていないことが多い。
「ニュース7」→「クローズアップ現代」(金土日はそれに変わる番組)
→20時代の番組→「ニュース845くまもと」→「ニュース9」でフィニッシュ。
22時以降は見ない。たまに見てもやっぱりNHK。

そりゃ、たまには民放のバラエティを見ることもあるけど、本当にたまに。
お笑いタレントが大挙して出てくるようなものは一切と言っていいくらい見ない。

だから、「???」となるような状況が生まれるんだろうなぁとは思う。
だけどはっきり言って、肌に合わないんだよなぁ…。
こうして時代に取り残されていく…のかなあ。

コメント

ついに死者まで…

2007年07月12日 | 時事・ニュース
今回の豪雨災害。
被害の割に犠牲者がいない、と思っていたら。

その矢先に、避難所生活を送っていた女性が死亡。
元々、高血圧や不整脈といった持病を抱えていたらしいから、長引く避難所生活で、
ストレスが溜まりに溜まって、血圧なんかも上がっていたんだろうなぁと推測する。
前日の夜に問診や健康チェックがあったみたいだけど、お医者さんたちの前だとピシッとなるお年寄りって多いからねぇ。
お医者さんたちも辛いだろうなぁ、見抜けなかったこと…。

そして、昨日は水防活動中の市の職員が死亡。
足を滑らせたか、踏み外したかと言われているけれど、現場の映像を見る限り、後者の様な気がする。
欄干のない橋、橋の上でも足首まで冠水していた水、そして夜明け前。
どこに橋があるのか分からなくなったって不思議じゃない。
雨自体は、もう収まりつつあっただけに、やるせない気持ちで一杯だ。

台風の動きも気になる。
太平洋上を行くような感じも受けるが、まだ分からない。
これ以上犠牲者が出ないことを祈るばかりだ。

コメント

今年も嫌な季節が…

2007年07月10日 | 日々のあれこれ
台風4号が発生したそうな。
今週末にかけて、九州に接近する恐れ…って、もうそんな季節なのね。

まだ発達途中の台風だから、どのくらいの勢力にまでなるのか分からないし、
どういうコースを辿るのかも分からないけれど、直撃コースだけは外れて欲しいというのが本音。
特に、熊本の場合、7月に入ってからの豪雨で災害が起きている地域もあるから、なおさらそう思う。
できたら、来ないで~~。

コメント

伯母への苦情(笑)

2007年07月08日 | 日々のあれこれ
伯母さん!
「私は、他人の携帯のことなんて、全然分かりません!しかも他社なんてなおさら!」
いやぁ、着いた初日に国際携帯のやり方が分からない、と私に泣きついてこられて参った参った。
「Fomaカードって何?」
なんて聞かれたって、そんなの私が知るか~~!
私は、J-phone→vodafone→Softbankと、ずっと同じ会社(というと語弊があるが)を使い続けている。
しかも、未だに2G(ステーションがないから3Gにする気ゼロ!)。

結局、日本で使っていた携帯の電池パックの下に埋め込まれている、「Fomaカード」なるものを取り出して、
レンタルした国際携帯電話に差し込みなおすということまでは分かったのだが。
自分の理解できないことは、理解しようとしない伯母様にかなり手を焼いた。
メールのやり方が分からないとか、着いて1時間くらいの間にぐったりとしてしまった。

他人の携帯の機能まで熟知するのは面倒なので、母親にも私と全くの同機種(色違い)を持たせている。
そんな私が、他社の携帯のことなんて分かるわけないでしょう…。

帰国するときも同様のやり取りがあり、今度は匙を投げた。
正直うんざりしていたから…。
ホテルの部屋で国際携帯電話を使えなくしてしまった伯母へ、
日本で留守番役をしていた叔母から雷が落ちた。
なんだかスッとした気がした(笑)

コメント

停電!?

2007年07月07日 | 旅行
現地時間の6月22日午前7時半過ぎ、私たちはホテルで最後の朝食を取っていた。
もう帰国するだけということで、荷物の整理もあらかた終わっていた。
どういう流れだったか、訪問販売の話になり、私が広島に住んでいた頃に、
セールスマンから玄関のドアを蹴飛ばされたという話をした、その瞬間だった。
向いの席に誰も座っていなかったので、空を蹴飛ばしたのだが、その瞬間、電気が消えた。
「え?!」
あまりのタイミングの良さ(悪さ?)にビックリ。
食堂では、何組かの人たちも食事を取っていたのだが、誰も慌てず騒がず。
従業員の皆さんも、小走りに駆け回っていた。
食事を終え、紅茶やコーヒーを飲んでいた私たちは、薄暗い食堂を後にし、部屋に帰ることにした。
ここで、大問題に直面。
エレベーターが動かない!(停電だから当然)
頭の中が一瞬、真っ白になった。
食堂は地下1階。
私たちの部屋は6階(日本式に数えると7階)。
これを階段で上がらなければならない。
しかも螺旋階段を!!
ひぇ~~と思いながら階段を上がり始めた。
螺旋階段だから、当然グルグル、グルグル、グルグル…。
一体、今何階にいるのかの見当も付かない。
一度扉を開けて確認したら、まだ4階(日本式に言えば5階)。
またグルグル、グルグル、グルグル…。
ようやく自室にたどり着いた時は、眼が回っていた。

一息入れた私たちを襲ったのは、次なる強敵だった。
この停電、いつ復旧するの!?
20キロ弱のスーツケースが2個に、機内持ち込み用のリュックなど荷物は多い。
これをまたあの螺旋階段を使って下ろすのか!?
一向に電気が復旧しないのと、ガイドさんに連絡がつかないため、
日本に連絡し、フランス語が話せる人とホテルとで交渉してもらい、
荷物を下ろすのを手伝ってもらうことになった。
何で最後の最後に…と思いつつ、重いスーツケースを螺旋階段で下ろす。
また眼が回る…。

チェックアウトの精算もできないため、クレジットカードの番号を伝えるだけとなった。
(本当に精算できたのだろうか…?)
まさか、旅の最終日にこんなハプニングが待っていようとは予想だにできなかった。
貴重な体験となったし、フランスという国がいかにノンビリした国かということが良く分かった。
なにしろ、停電から2時間経っても復旧していないのだから…。
しかも停電していたのは、半径数十メートルのほんの僅かな範囲。

一体、原因は何だったんだろう??

コメント

ディナ~(^-^)

2007年07月06日 | 旅行
せっかく、正装用の服も持ってきたのに、着ないまま帰国するなんて勿体無い!!
ということで、急遽行くことになったレストラン。
パリ市内に唯一聳え立つモンパルナスタワーの56階。
お一人様85ユーロ(約14000円)!
午前中に行った代理店で、「この券を渡さないと日本語のメニューは出てきません」と言われていたのに…!
出てきたのは英語のメニュー。
「Japanese,please」
と言ってみたら、
「No,Japanese」
と返ってきた。話が違う~~~!!
ま、フランス語に比べたら英語はまだ読めるし、ウエイターの方も読み上げてくれたので、何とかイメージはつかめた。

オードブルはエスカルゴ、メインディッシュは肉料理、デザートはチョコレートタルトとバニラアイスに決めた。
母と伯母はデザートだけ違って、料理は同じものだった。

いきなり出鼻をくじかれた思いはしたが、気持ちを切り替えて食事を楽しむことに。
19時とはいえ、まだまだ日は高い。
私が座った席の真正面に太陽が来て、かなりまぶしかったが、絶景には変えられない。
目の前にエッフェル塔がそびえていて、その周りに従うように建物が控えているという構図。
何でこんな高い建物を…という思いは、その建物の中にいる以上消え去っている。

待つこと数分で。オードブルのエスカルゴが運ばれてきた。
美味でした。
朝食以外では、初めてまともに美味しい料理にありつけた気がする。
続いてやって来た肉料理も、やわらかくて美味しかった。
「やっぱり、お金は出さなんとよ」
なんていう会話も弾む。
肉料理の次に出されたサラダは、私にはちょっと味や香りが強すぎて、全部は食べられなかった。
デザートも堪能し、母たちはエスプレッソ、私は紅茶でゆっくりと窓外の景色を楽しんだ。
夜景も綺麗なんだろうけど、21時頃ではまだまだ外は明るいため、夜景を楽しむことはできなかった。

ガイドさんも誘わなきゃいけなかったかな~なんて話も出ていたのだが、
翌日、彼の「タワーに上がっていくだけで、もうガクガクでした~」という言葉で一安心。
彼は高所恐怖症だったのだ。たとえ誘ったとしても、断られていただろう。

これで旅行の全行程が終了した。
後は無事に帰国するだけ…。だったはずなんだが、その帰国する日にとんでもないことが起きるのでした…。

コメント