紫陽花記

エッセー
小説
ショートストーリー

別館「銘茶処」

伊豆の旅

2019-05-31 09:26:08 | 野榛(ぬはり)エッセー集



   伊豆の旅       

1996/2 ぬはり短歌会誌上掲載

 俳句にも短歌にも興味のない時代のこと。
☆旅をしてリポートしよう☆などというキャッチフレーズの勉強会で伊豆に行った。『伊豆の踊子』の舞台になった所を歩き、その体験をリポートしようというものだ。講師一人に受講生二十名。東京駅から踊り子号で修善寺へ。そこからマイクロバスで湯ヶ島へ。

 マイクロバスに五十歳前後の男性が乗り込んでいた。ガイド役のその人は「宇田」と名乗った。宇田さんは、湯ヶ島の文学資料館々長でもあるが、白壁荘という旅館のご主人でもあり、井上靖の親戚筋の人間でもあるとの紹介を受けた。

 まずは、湯ヶ島という町はどんな町なのか、白壁荘の一階にあるホールで、三十分ほど宇田さんから説明を受けた後出かけた。

 白壁荘からほど近い場所でバスが停まった。有名な歌人の歌碑があるという。小高い丘の崖の淵に桜の古木があって、その奥に歌碑があった。

 うすべにに葉はいちはやく萌えいでて咲かむとすなり山桜花
                   若山牧水

 短歌なんて、読みもしないし詠むもしない時だから、何のことやら理解出来るはずもないのに、何故か胸がジーンとした。牧水の細やかな心と目。早春の桜の幼い葉に向けた思いが、人生にも通じる事のような気がして、短歌なんて何の事やら解らない者が感じ入ったみたいだ。バスで移動し始めた時にはすっかり忘れ去り、リポートを書く段になって思い出したほどだったが。

 天城隧道の入口に立った時、隧道の向こうから若者がやって来そうな気がした。履物の音が内耳で鳴り、大学帽の学生が現れる瞬間を待った。生活に疲れた中年女の脳裏は、しばしロマンの甘い香りで満たされた。

 杉木立のせせらぎを聞きながら歩いた。つづら折りの小道もいつか見た映像のままだ。二月という季節の天城は、限りなく淡い色調で包まれていた。雑木の枝先は、牧水の表現を借りれば「うすべにに萌えいでて」そのもの。なんとも柔らかな温かさであった。

 最期にはイノシシ村を覗き、湯ヶ島文学資料館に寄って、宇田館長のおごりでケーキとコーヒーを頂いた。資料館には、湯ヶ島に関わりのある文学者の資料が展示されていた。その数はかなりのものだ。

 宿は少し離れた場所の国民宿舎。
 夕食前にはリポートを提出しなければならない。一時間半の中、半分はリポートを書くにあたっての講義で、後の半分の時間で原稿用紙三枚に纏めた。牧水の詩をメモしてきたので書き入れることにした。理解の出来ないまま、それでも感じられるものとは一体なんなのだろう。僅か三十一文字の短い言葉の中に、自然の営みを詠みながら人生を語る。無知なる者の驚きと戸惑い。成人してから初めて、この時短歌というものに触れた。そしてすぐ忘れ去った。
 伊豆の旅は、勉強の名目での遊び一杯の旅だった。日頃の憂さを吹き飛ばすには大いに役立った。誘われるままに参加したリポートを書く旅は、ヨチヨチ歩きのリポートをなんとか纏めた旅でもあった。

 あれからずうと忘れていた短歌。なのに、作る側になった。技巧を凝らした難しい短歌より、素直なものがいいと最近思うようになった。短歌なんかに関係ない人にでも解るような、それでいて感動を与えられるようなもの。


石榴

2019-05-16 07:12:45 | 風に乗って(午後のひと時)
石榴


 清美は、井戸端の石榴の実を一つもぎ取った。蓋のされた井戸に突き出した息抜きのパイプに触れると、白くむくんだ祖父の顔が浮かんできた。
 清美が小学生になったばかりの年、家の周りに、数人の警察官の姿があった。
「今日、お母さんは何をしていたかね」
 祖父の死を告げた男が聞いた。
 祖父は奥の間に横たわり、白髪が濡れて枕を濡らしていた。
 母の話では、母が畑から帰ってくると、井戸の枠に祖父の袖無し半纏が畳んだまま掛かっていた。不審に思って井戸を覗いて見ると、水面に広がった白髪が揺らめいていた。驚いた母は釣瓶の竿に祖父の着物を引っ掛けて、引き上げたという。
 警察に届ける前の行動は、第一発見者の母の立場を悪くした。
 再三の事情徴収にも母の証言は変わらず、祖父の死は、単なる入水自殺となった。

 今年も石榴が色づいた。
 母もあの頃の祖父の年齢になりつつある。
 額に刻まれた皺は、長年の苦労を物語る。
 物静かな母の背に、清美は話しかけた。
「おじいさんの二十三回忌がくるわね」
「そうだね。可哀想なことをしたけど、仕方なかったのよ。我慢できなかったの」
「えっ、お母さん。今、なんて言ったの」
「いや、なんでもないわ。もう過ぎたことよ」
 清美の心に疑問となってくすぶり続けた思いがあった。風呂桶の水を抜く音と、青ざめた母の額に噴出していた汗と荒い息。
 早くに亡くなった祖母と父の代わりに、働き詰めた祖父と母の間に、言い争いの声を聞いたことは一度も無い。

「とある日のこと」令和の春

2019-05-02 08:07:30 | 「とある日のこと」2019年度

祝令和春の女子らの墨書かな 
(しゅくれいわはるのじょしらのぼくしょかな)

 令和元年・五月一日の午前、某駅に近い街の広場で人だかりがしていた。
「○○中央学院」という文字があって、お揃いの袴姿の女子学生の一団がいた。みな黄色の襷をかけている。
広場の一角にシートが敷かれ、その上に、約2m×4mほどの大きな紙が敷いてあった。以前、テレビ番組で見た光景を思い出し、書道部のパフォーマンスに違いないと思った。

 予定の南○○山駅まで行く途中の乗換駅の某駅。若者の多い駅周辺である。時間を見ながら、テレビ番組で紹介されていた、心臓を若返りさせる物質の多いアーモンドを探そうと思っていたので、そこに足を止めている時間がない。
 当てはなかったが、近くのビルの一階にあるコーヒー豆などの売っている店に入ってみた。クルミなど色々の木の実類が陳列されている。アーモンドだけの袋詰めがあった。取りあえず小袋を2個購入した。これで、心臓発作の心配が少しは軽減されるかもしれない。

 外に出ると、リズムの良い音楽が流れ、女学生たちのパフォーマンスが始まるところだった。数人ずつ交代しながら、大きな紙に大文字小文字で書いてゆく。
「令和」と中央に大きく書き、その周りに小文字で平成30年への感謝と令和への希望や願いが書き添えられた。
 観客が大きな拍手を送った。私も一緒に拍手を送った。何だか心が温かくなった。若い学生たちのパフォーマンスは、近年の殺伐とした事件や事故の痛みを和らげてくれた。
「令和」は平穏な良い時代になって欲しい。