駿 府 は 96 か 町

駿府(すんぷ)は ちぃっと覇気がないけぇが,御所(ごせ)っぽくて いいじゃん(ごせっぽい≒平穏でせいせいしている様)

「丁目」は まさに一丁だった !(江戸城下の町割のプロトタイプ ・ 駿府碁盤割地区=現中心市街地)

3008年12月02日 10時11分39秒 | 碁盤の目地区
この記事を最上段に表示させるために投稿日を先付けにしてあります。 (実際の投稿日は2008年12月2日)

◇ 江戸の八百八町に対して駿府は九十六か町と言われています。
(武家地、寺社地は原則として町名は付けられていません。また、江戸時代末期の江戸は1600ほどの町があったといわれています。
  なお、「◯◯町◯丁目」で一つの町として機能しているので、「◯ 丁目」は番地のような町の下位区分ではなく町名の一部 ととらえるべきです。
 したがって、96か町というのは「◯◯町◯丁目」で1町と数えます。)

   駿府は今も一丁四方(約109m×109m)の慶長の町割りでできた碁盤割地区が中心市街地となっています。  
   その駿府城下の碁盤割地区の位置を分かりやすくするために、
現状(2008年12月現在)の建物・施設等を重ねてみました。
   当然のことながら当時とは道幅も違うこともあり、現施設等の本来の位置や広さとは違います。
     
▽ 上方向が駿府城
(現駿府城公園)、右手方向が現JR静岡駅(現在の静岡駅附近は安倍郡南安東村で駿府の市中ではなかった)です。

▽ 江戸期の町名は、原則として通り沿い(通りの両側が同じ町)の1丁ごとに町名が付けられていました。
     (現在の※住居表示制度よりも、はるかに分かりやすい)

▽ 家の向きは原則として横丁(図の緑)には向いていないで
 いわゆる「通り
(図の赤と黄色)」に向いていたため横丁には町名が付けられていません。
  横丁でも町に準じるような箇所では玄南横丁、中之店
(なかんたな)のように名前がついていたところもあります。

 ▽ 碁盤割地区では、整然と1丁
(約109m)ごとの街区になっていて、
 「◯ 丁目」 は文字通り1丁ごと でした。
    ( したがって、呉服町一丁目から六丁目まで歩けば、測らなくても約650m歩いたことになる。)
 現在、呉服町通りと平行の街路は、半丁ごとになっていますがこれは静岡大火
(1940年)のあと、街区の中間に設けられたものです。

 ▽ 中心部には江戸期の町名がかなり残っているようでも、この地図からその実態は大きく変えられてしまっていることが分かると思います。

   (町名が改正されたのは1940年の静岡大火後で、施行は1945年9月20日)

▽ 新谷町と旧紺屋町通りは、1930年に御幸通りが開通したとき御幸通りと接続する部分が直線から曲線状に付け替えられてしまったので
 現在その一角は碁盤の目状の街区が破壊されてしまっています。
(現伝馬町通りは江川町通りと直角に交わっていた。)

◆ この地域内で失われた町名は → こ ち ら


※ 住居表示制度
1962年から始められた住所・所在地を土地の地番(いわゆる番地)でなく
「街区符号+ハウス番号」とし、「〇〇町(又は〇〇✕丁目) ✕番 ✕号」と表示する制度
  なお、住居表示が実施されても従前の番地は廃止されるわけではなく
  土地の登記や固定資産税の課税には従来どおりの番地が使われます。


 参 考:江戸時代の駿府 新考(若尾俊平著 静岡谷島屋発行 絶版)ほか


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へにほんブログ村
  ↑ 静岡県情報の人気ランキング
コメント (4)

駿府城 外堀に 水辺デッキ設置工事が進行中

2019年12月01日 12時00分00秒 | 街かどのメヌエット
▽ 葵区・追手町・2番と駿府町・1番の間の外堀

▽ 完成予想図

▽ 位 置 (新静岡セノバ前 ~ 城代橋間)



市道追手町音羽町線
(しずおか焼津信用金庫裏から新静岡セノバ横を通り音羽町に至る道路)
の外堀沿いに面した部分に
にぎわい空間の創出を目的に
水辺デッキを設置する工事が進められています.

ここから県庁前附近の外堀は江戸期の原型をそのままとどめていると
思われるかもしれませんが
実は,1920年代に路面電車(静岡駅~安西)を通す際
道路の幅員を確保するため
(おおむね現在の歩道部分)埋め立てられて狭められています.

どうせ工事をするなら堀を元の幅に復元したうえで
デッキをつくってほしいものですが
100年も前のことを覚えていて
郷愁を感じる人など皆無なので
そんな主張をする人など誰もいないのも
仕方がないことなのでしょう.

 ↑ 静岡県情報の人気ランキング
コメント

イルミネーションの季節到来

2019年11月15日 22時00分00秒 | 街かどのメヌエット
▽ 葵区・呉服町二丁目 ほか








光陰矢の如しで早くも年末
ということで
葵区中心市街地のイルミネーションが
2019年11月15日夕に葵スクエアで点灯式が行われました.

ことしは例年より少々早いようですが
例年金曜日を開始日としている関係で
たまたまなのでしょう.

なお,葵スクエアに例年設置されていた
有料施設(数年前まではスケート場,昨年はメリーゴーラウンド)
本年は設置されないようです.
代ってHIKARIのタワー・HIKARIのパレットが設置されています.


 ↑ 静岡県情報の人気ランキング
コメント

七間町駐輪場の有料化

2019年10月10日 10時10分10秒 | 街かどのメヌエット
▽  街区ごとに歩道に設置されている七間町名店街駐輪場

▽ 料金の支払いは現金のほかJR系のICカードが使える,
 (但し,地元の静鉄のICカードは独自規格のため使えない.) 

 
かねてより公表されていた
七間町通りの駐輪場の有料化が実施されました.

この駐輪場は,七間町の商店街が買物客の利便に供するために設置したものですが
その意図に反して近隣の事業所等に勤務する通勤者が
朝から晩まで占拠して いる例が多く
必ずしも買物客のためになっていなかったようです.

そのため,2時間まで無料とし2時間を超えた場合は
越えた分について2時間ごとに110円(原付バイクは210円)の有料とすることで
長時間占拠の防止を図りつつ買物客の利便に配慮するという異なる条件を
クリアーさせることになったと思われます.

なお,東宝会館前の駐輪場のみ
3時間まで無料(以後1時間は110円,その後は2時間ごとに110円)としているのは
映画鑑賞時間を考慮してのことなのでしょう.

 ↑ 静岡県情報の人気ランキング
コメント

ケッヘル 5

2019年09月10日 21時10分00秒 | 街かどのメヌエット
▽ 葵区・ 紺屋町(こうやまち)



「K5」 と言っても6歳のモーツアルトが作曲した
「ピアノのためのメヌエット ヘ長調 K5」ではありません (笑)

静岡駅前の公共地下道のうち
紺屋町(こうやまち)地下街沿いに設けられた
出入口の番号です.

紺屋町地下街沿いの出入口のうち
小梳(おぐし)神社前の 「K5」 のの出入口が閉鎖されて
改修工事が実施されていましたが
今月(19年9月)初めから利用できるようになりました.

改修しなければならないほど老朽化していたようには
みえませんでしたが
素人には分からない理由があるのかもしれません.
ともあれ,きれいになったことはいいことだと
受け止めることにしましょう.

改修工事はこの「K5」だけだと思っていましたが
現在は隣接の「K4」「K6」 の出入口が閉鎖され
改修工事が行われています.


▽ 静岡駅を背にして右側が奇数,左側が偶数に付番されています.
 なお,かつて「K2」 だったところの階段は撤去され
 エスカレーターが設置されたためか付番されなくなったのですが
 階段でなくても番号があった方が分かりやすいと思われるのですが・・・・
 (左手が静岡駅方向)



 ↑ 静岡県情報の人気ランキング
コメント

「ちぐさ」が 呉六名店街から 撤退

2019年09月02日 12時00分00秒 | 街かどのメヌエット
▽  葵区・呉服町二丁目 (旧呉服町六丁目)・7番地の4




1939(S14)年創業の女性向けアクセサリーショップの店‘’ちぐさ‘’が
呉六名店街旧呉服町六丁目から移転してしまいました。

中心市街地の老舗の廃業や撤退は
最近では珍しくもないと思われるかもしれませんが
ハンガリー風の外観の街並みや休日の手回しオルガンの演奏など
隣接の呉服町名店街や紺屋町名店街とは一線を画した呉六名店街の
ユニークな街づくりの推進役だっただけに
かなりの驚きを覚えるとともに
今後のこの商店街の立ち行きが心配です。


▽ ハンガリー・カンデラ―ベル製の街路灯

▽ 呉六名店街の位置(右手が静岡駅方向)
 呉六名店街は,県地価調査では静岡県内一位の地価です.
 なお,相続税の路線価では調査地点がスクランブル交差点を挟んだ
 静岡駅寄りのブロックのため県内一位は紺屋町名店街となっています.
 


 ↑ 静岡県情報の人気ランキング
コメント

「Qu'il fait bon」静岡店 が一時休店

2019年08月28日 09時00分00秒 | 街かどのメヌエット
▽ 葵区・両替町二丁目・4番地の15 (青葉通り沿い)


新聞報道によるとフルーツのタルトで有名な
Qu'il fait bonの静岡店が一時休店するということです.

今では東京・大阪など10店舗を持つ全国的にも著名な洋菓子店ですが
発祥は静岡市で,91年に葵区七間町の横丁(「天ぷら名月」の向かい側附近)
開店しました.
当時はイートインのスペースがなかったため
その場で食べたいときは近くの青葉公園のベンチで食べられるように
トレイを貸してくれて公園で食べたりしたものでした.

それはともかく
かつては静岡市外の業者が進出したくても空き店舗がなく
なかなか進出困難だと言われた
静岡市の中心市街地ですが
ここ5~6年は空き店舗も珍しくなくなりました.

今回の休店は,設備等の老朽化のため
リニューアル検討(場合によっては現在地から近隣への移転)のためで
撤退ではないということですが
最近の中心市街地の空洞化を考えると
少々心配ではあります.

再開にあたっては駅ビルのような商業施設への移転ではなく
路面店での再開を期待したいものです.


 ↑ 静岡県情報の人気ランキング
コメント

駿府城 光のナイト

2019年08月16日 22時00分00秒 | 駿府城址
▽ 坤櫓 (ひつじさるやぐら)


▽ 天守台発掘現場



2019年8月16日(金)から 8月18日(日)まで
駿府城公園がOHPなどを使った光のパフォーマンスで
東御門,巽櫓時(たつみやぐら) 坤櫓(ひつじさるやぐら)などの
既存の施設ばかりか
現在発掘中の駿府城天守台跡などもライトアップされ
普段見るのとは別の表情を見ることができます.

 ↑ 静岡県情報の人気ランキング
コメント

下向きも わるくない

2019年06月04日 00時00分00秒 | 街かどのメヌエット
▽ 葵区・紺屋町(こうやまち)・ 7番地の13



6月の花と言えばアジサイばかりが注目されますが
熱帯の高地原産といわれるエンジェルトランペットも
大きな花をつけます.

上を向いて咲く花が多いなか
この、エンジェルトランペットは
うつ向く青年のごとく
下を向いて花を咲かせます.

大きな花ゆえ下向きでも
けなげ とまでは言えないまでも
下向きも わるくはないと 主張しているかのようです.
(実際のところは 重くて上を向けないのかも(笑)

 ↑ 静岡県情報の人気ランキング
コメント

名残りのサクラ そして 早くもツツジが満開

2019年04月20日 06時00分00秒 | 街かどのメヌエット
▽ 京都市・右京区宇多野法安寺町附近

今年は サクラの開花した以降の天候が不順だったためか
存外長い期間サクラを楽しめたようです.
例年だと当然に散ってしまっていると思われた4月10日に京都市を訪れた際にも
嵐電 (北野線 鳴滝駅~宇多野駅)のサクラトンネルを楽しむことができました.


▽ 京都市・右京区龍安寺御陵下町


モノトーンの龍安寺の枯山水庭園に
この時期だけ 見越し(塀の外から中へなので逆見越か?) のシダレザクラが
彩りをそえます.
なかなか開花の時期に訪れることができないのですが
今年はなんとか間にあいました.


▽ 静岡市・葵区・駿府城公園


こちらは駿府城公園内の遅咲きの八重桜
他のサクラがほとんど散ってしまった公園内で
咲き誇っていました.


▽ 駿府城二ノ丸・巽櫓 (たつみやぐら) と ツツジ


中堀沿いのツツジが
待ちきれなかったように
既に満開です.


 ↑ 静岡県情報の人気ランキング
コメント