資産運用 海外銀行口座 AsuPlus アス・プラス 長期投資ブログ

資産運用 長期投資 節税 ファイナンシャルプランナー 東京瑞穂町 AsuPlus アス・プラス 長期投資ブログ

日本は金融破たんするのか

2018年10月31日 05時06分22秒 | 海外銀行口座

資産運用 資産形成 節税 アドバイザー AsuPlus by 三立製作所
東京西多摩 瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

 HP: http://www.aspls.jp/  FB: http://www.facebook.com/3ritsu 

おはようございます。 

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

さて、
「外貨を持つ」ことに加え

「海外に銀行口座を持つ」理由はどのようなものでしょうか。


グローバル化されている世の中、

日本国内のみでなく海外で銀行口座を
持つ方も少なくありません。

 

その目的は

海外での滞在が多い方などは利便性を高めるために、


また

海外投資をしている方は外貨運用がメインになりますので
両替や送金手数料のことを考えてのことだと思います。

 

ここにもう一つ大きな目的のために
海外口座を開設している場合があります。


キーワードは毎度申し上げている
「リスク分散」です。


つまり、
日本国内にお金を保有しておくと「危険」だから
海外の銀行口座へ預けるのです。


少し極端な言い回しをしましたが、


もし日本の銀行が「破たんするかもしれない」としたら
全ての財産を日本の銀行に預けるでしょうか?


現在、その確率が高いのか低いのか
それはわかりません。


しかしながら、
ご存知の通り国債発行残高(借金)が膨れ上がりつつあり


少子高齢化による社会保障費という支出が大きくなっています。


そして、人口減少が始まっている日本では
大幅な成長が見込めず


事実、GDP成長率も僅かであり他国に比べると横ばいです。


過去、国家破たんしたロシア、アルゼンチンなどをみると
どうなってしまうのかはよくわかります。


こういったことは、突然やってきます。


「明日、破たんしますよ」
「来週から預金は引き出せませんよ」

とは誰も言ってくれません。


無理なく少しずつ、出来ることから準備をすることが大切です。

 

今更聞けない!?なぜ金持ちは海外に銀行口座をつくるのか!
http://world-conect.com/country-makebank

出典: セカイコネクト 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

充実した一日になりますように。本日もよろしくお願いいたします。

 

***
[PR]
海外銀行口座開設 高金利定期預金 のご案内
成長著しいフィリピンの銀行口座を日本にいながら開設可能
https://goo.gl/8yKKqk  (OWN公式)
https://goo.gl/V6BxrY  (OWN説明HP)

 金利10%超えの定期預金(5年満期)
 フィリピン政府の預金保護機構(PDIC)に加盟するフィリピン政府公認の銀行
 預金保険(ペイオフ)は1名義あたり約100万円まで保護
 OWNbank オウンバンク オウン銀行

***


資産運用 資産形成 節税なら東京西多摩  瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

HP: http://www.aspls.jp/   FB: http://www.facebook.com/3ritsu

 


外貨を持つ人の理由はこれ!

2018年10月30日 05時27分13秒 | 海外銀行口座

資産運用 資産形成 節税 アドバイザー AsuPlus by 三立製作所
東京西多摩 瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

 HP: http://www.aspls.jp/  FB: http://www.facebook.com/3ritsu 

おはようございます。 

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

さて、
「外貨預金」というと円以外の通貨への「投資」

というイメージが強いと思いますが、

やっていることは“両替”です。

海外へ旅行へ行くときには訪問国によって
円を米ドルやユーロに両替します。


例えば、
ある百貨店(A百貨店)で利用できるギフト券は
B百貨店で利用出来ませんが、

金券ショップなどでに交換することで
買い物ができるようになります。


ここで、
何らかの理由(経営の問題、倒産など)で
A百貨店で買い物が出来なくなってしまったら

A百貨店ギフト券は紙くずになってしまいます。

A百貨店で利用できるギフト券だけしか持ってなかったら
買い物に不自由してしまうかもしれません。

こうなってしまったら大変ですね。


この例は極端な例ですが、

通貨を発行している「国」の状況によって
通貨の価値は上がったり、下がったりします。


日本という国の将来はどうでしょうか?

米国という国の将来はどうでしょうか?

ユーロ圏の国々の将来はどうでしょうか?


未来を見通すことは難しいですが

こういった視点で「通貨」をバランス良く持つことが
将来のリスクを分散します。

 

日本に住んでいるのに「通貨分散」する必要があるの?
https://manetatsu.com/2017/07/97210/

出典: マネーの達人 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

充実した一日になりますように。本日もよろしくお願いいたします。

 

***
[PR]
海外銀行口座開設 高金利定期預金 のご案内
成長著しいフィリピンの銀行口座を日本にいながら開設可能
https://goo.gl/8yKKqk  (OWN公式)
https://goo.gl/V6BxrY  (OWN説明HP)

 金利10%超えの定期預金(5年満期)
 フィリピン政府の預金保護機構(PDIC)に加盟するフィリピン政府公認の銀行
 預金保険(ペイオフ)は1名義あたり約100万円まで保護
 OWNbank オウンバンク オウン銀行

***


資産運用 資産形成 節税なら東京西多摩  瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

HP: http://www.aspls.jp/   FB: http://www.facebook.com/3ritsu

 


海外銀行口座ってどうなの?

2018年10月29日 05時57分40秒 | 海外銀行口座

資産運用 資産形成 節税 アドバイザー AsuPlus by 三立製作所
東京西多摩 瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

 HP: http://www.aspls.jp/  FB: http://www.facebook.com/3ritsu 

おはようございます。 

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

さて、
「海外銀行口座」と聞いていかがでしょうか。

「日本に銀行があるのに必要あるのか」
「日本でも外貨預金できるから」
「日本の銀行が一番安全」

まだまだこのように考える方が多いと思います。


しかし、日本と違い
「預金金利が高い」
「外貨で保有できる(両替の必要ない)」

こういった意見は、
「海外での投資」を実践している方には当然ともいえます。


そして、
「海外銀行口座」を持つ大きな意味は「リスクの分散」です。

1つ目は「円」だけでなく「ドルなどの外貨」を持つことで
円の価値が大きく低下(円安)した場合に対するリスク分散

2つ目は日本の金融システムに不測の事態が起きた場合に対するのリスク分散

金融システムの不測の事態とは、
自分の銀行口座から預金を下ろせなくなってしまう事態のことです。

(※様々な理由でそのような事態が起きることが考えられますが、
一番やっかいなのは「預金封鎖」が実行された時です)

この様な時でも、海外銀行口座から預金を下ろすことが出来ます。


この続きはまた。

「海外銀行口座」開設への道~いま日本人であること、国外に資産を置くということ=俣野成敏
http://www.mag2.com/p/money/255088?l=pmz0975b1a

出典: MONEY VOICE

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

充実した一日になりますように。本日もよろしくお願いいたします。

 

***
[PR]
海外銀行口座開設 高金利定期預金 のご案内
成長著しいフィリピンの銀行口座を日本にいながら開設可能
https://goo.gl/8yKKqk  (OWN公式)
https://goo.gl/V6BxrY  (OWN説明HP)

 金利10%超えの定期預金(5年満期)
 フィリピン政府の預金保護機構(PDIC)に加盟するフィリピン政府公認の銀行
 預金保険(ペイオフ)は1名義あたり約100万円まで保護
 OWNbank オウンバンク オウン銀行

***


資産運用 資産形成 節税なら東京西多摩  瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

HP: http://www.aspls.jp/   FB: http://www.facebook.com/3ritsu

 


キャッシュレス化に追い風

2018年10月28日 07時14分15秒 | フィンテック

資産運用 資産形成 節税 アドバイザー AsuPlus by 三立製作所
東京西多摩 瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

 HP: http://www.aspls.jp/  FB: http://www.facebook.com/3ritsu 

おはようございます。 

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

さて
先日、キャッシュレスについての記事を書いたところですが

ついに給与の支払いを銀行を介在させず

支払えるようになると日経新聞に載りました。


給与の支払いは現金または銀行振込と

決まっているのですが、

現金を見ることなく買い物などの消費に回ることになります。


25日などの給与支払日にはATMに長い行列ができ

場合によっては取扱手数料を支払って引き出すのですが

今後、こういったことが少なくなっていくものと思われます。


ますます便利な世の中になっていきますね。


給与のデジタルマネー払い解禁 銀行独占に「風穴」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36896650V21C18A0EE9000/

出典: 日本経済新聞

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

充実した一日になりますように。本日もよろしくお願いいたします。

 

***
[PR]
海外銀行口座開設 高金利定期預金 のご案内
成長著しいフィリピンの銀行口座を日本にいながら開設可能
https://goo.gl/8yKKqk  (OWN公式)
https://goo.gl/V6BxrY  (OWN説明HP)

 金利10%超えの定期預金(5年満期)
 フィリピン政府の預金保護機構(PDIC)に加盟するフィリピン政府公認の銀行
 預金保険(ペイオフ)は1名義あたり約100万円まで保護
 OWNbank オウンバンク オウン銀行

***


資産運用 資産形成 節税なら東京西多摩  瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

HP: http://www.aspls.jp/   FB: http://www.facebook.com/3ritsu

 


複利の不思議

2018年10月26日 06時05分04秒 | 長期投資

資産運用 資産形成 節税 アドバイザー AsuPlus by 三立製作所
東京西多摩 瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

 HP: http://www.aspls.jp/  FB: http://www.facebook.com/3ritsu 

おはようございます。 

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

さて、
利息には「単利」と「複利」がありますが

今日は「複利」の凄さをお伝えしたいと思います。


まず簡単にそれぞれについてですが、

「単利」は元本だけに利息が付くもの

「複利」は元本に付いた利息を含めた総額に利息が付くもの

です。


図に示したように

時間が経てば経つほど「複利」の効果が顕著になってきます。

つまり

投資において「複利」を大きく生かすためには

長期投資が鉄則であり、

少しでも早く始めることが有効であります。

 

アメリカの話になるのですが、

ガソリンスタンドの店員だった男性が

亡くなる92歳のときまで約50年間

様々な米国株、約100銘柄をコツコツと買い続け

複利効果を最大限生かした結果

なんと約10億円まで膨れ上がったそうです。


時間を味方にしてコツコツと投資を続けることで

億を超えることを実現しています。


50年とは言わずとも

20年、30年と時間を掛けることで

1億円を超える資産を作る人は意外と多いのが現実です。


この「複利」効果を味方にして

将来の資産を築いていきましょう。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

充実した一日になりますように。本日もよろしくお願いいたします。

 

***
[PR]
海外銀行口座開設 高金利定期預金 のご案内
成長著しいフィリピンの銀行口座を日本にいながら開設可能
https://goo.gl/8yKKqk  (OWN公式)
https://goo.gl/V6BxrY  (OWN説明HP)

 金利10%超えの定期預金(5年満期)
 フィリピン政府の預金保護機構(PDIC)に加盟するフィリピン政府公認の銀行
 預金保険(ペイオフ)は1名義あたり約100万円まで保護
 OWNbank オウンバンク オウン銀行

***


資産運用 資産形成 節税なら東京西多摩  瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

HP: http://www.aspls.jp/   FB: http://www.facebook.com/3ritsu

 


キャッシュレス化に代表される急速に進む世の中

2018年10月24日 05時59分45秒 | フィンテック

資産運用 資産形成 節税 アドバイザー AsuPlus by 三立製作所
東京西多摩 瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

 HP: http://www.aspls.jp/  FB: http://www.facebook.com/3ritsu 

おはようございます。 

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

さて、
本日は少し別ジャンルのお話しです。

ほんの数年前「フィンテック」という言葉が出てきて

金融に関わることが急速に進化し始めました。


それが今や、お金に関する情報を電子化して

世の中から紙幣や硬貨を無くしてしまおう

としています。


手紙が電子化されて電子メールにとって代わり

郵便局が介在しなくとも低価格で

相手方にテキストデータが届けられるようになりました。


同じく、お金も銀行が介在しなくとも低価格で

相手方に電子データとして届けられる時代です。


銀行がすぐにも必要なくなるかと言えば

そうとは言えず

公共料金など引落しされる口座など

まだまだ銀行は必要であると思われます。


しかしながら、数年前では考えられなかったことが

次々と現実になってくる世の中、

先へ先へと考えを巡らしていかないと

置いてかれてしまいます。


ビル・ゲイツ「銀行は将来必要なくなる」
銀行の脅威になる「アマゾン」
http://president.jp/articles/-/24474

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

充実した一日になりますように。本日もよろしくお願いいたします。

 

***
[PR]
海外銀行口座開設 高金利定期預金 のご案内
成長著しいフィリピンの銀行口座を日本にいながら開設可能
https://goo.gl/8yKKqk  (OWN公式)
https://goo.gl/V6BxrY  (OWN説明HP)

 金利10%超えの定期預金(5年満期)
 フィリピン政府の預金保護機構(PDIC)に加盟するフィリピン政府公認の銀行
 預金保険(ペイオフ)は1名義あたり約100万円まで保護
 OWNbank オウンバンク オウン銀行

***


資産運用 資産形成 節税なら東京西多摩  瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

HP: http://www.aspls.jp/   FB: http://www.facebook.com/3ritsu

 


それでも円にこだわりますか?

2018年10月23日 06時01分19秒 | 資産運用

資産運用 資産形成 節税 アドバイザー AsuPlus by 三立製作所
東京西多摩 瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

 HP: http://www.aspls.jp/  FB: http://www.facebook.com/3ritsu 

おはようございます。 

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

さて、
日本で生活する私たちが日ごろ使用している「円」通貨ですが、

世界でどれくらいの割合で流通しているのでしょうか?


その一つの指標として

各国が保有する外貨準備の通貨割合があります。(グラフ参照)


「米ドル」は60%

「ユーロ」は20%

なんと「円」は全通貨の中でシェアが4%です。


ある日突然「円」が使用できなくなっても

世界で困る人はごくごく限られた人たちだけだと言えるかもしれません。

 

 

正直ここまで差があるとは思いませんでしたが

有事の際の支払いに信頼性ががあるのは

やはり基軸通貨である「米ドル」だということです。


客観的に見れば

隣人たちが資産の多くを「米ドル」「ユーロ」を持つ中で

自分だけ「円」で大半を占めている状態は

かなり勇気のいることで不安さえ出てきます。


これは私たちが、この様な割合で

各通貨を保有した方が良いということではありません。


日本で生活する以上

「日本円」を一定金額以上持ってないと不便ですよね。


ただ、100%すべてを「日本円」で持っていることは

グローバルな観点から見ると「特異」な状態で

あると言えるかもしれません。


お持ちの資産の60%と言わずとも

10~20%程度の「米ドル」を持っていても

何ら特別な状態ではないということが

お分かりいただけるのではないでしょうか。


長い目で見た場合、

日本の経済が弱くなっていく可能性が高いことを考えると

「円」が弱くなり「円安」に傾いていくということです。


持っている資産の一部を「米ドル」など外貨にしておくことで

「円」の価値低下のリスクに備えることが出来るのです。

 

日本に住んでいるのに「通貨分散」する必要があるの?
https://manetatsu.com/2017/07/97210/

出典:  マネーの達人

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

充実した一日になりますように。本日もよろしくお願いいたします。

 

***
[PR]
海外銀行口座開設 高金利定期預金 のご案内
成長著しいフィリピンの銀行口座を日本にいながら開設可能
https://goo.gl/8yKKqk  (OWN公式)
https://goo.gl/V6BxrY  (OWN説明HP)

 金利10%超えの定期預金(5年満期)
 フィリピン政府の預金保護機構(PDIC)に加盟するフィリピン政府公認の銀行
 預金保険(ペイオフ)は1名義あたり約100万円まで保護
 OWNbank オウンバンク オウン銀行

***


資産運用 資産形成 節税なら東京西多摩  瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

HP: http://www.aspls.jp/   FB: http://www.facebook.com/3ritsu

 


お金が働くことで収入を得る仕組みの構築を!

2018年10月22日 05時59分54秒 | 資産運用

資産運用 資産形成 節税 アドバイザー AsuPlus by 三立製作所
東京西多摩 瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

 HP: http://www.aspls.jp/  FB: http://www.facebook.com/3ritsu 

おはようございます。 

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

さて、
お金を得る方法、いわゆる「収入」は

一般的に「労働収入」があります。


終身雇用、年功序列が当たり前だった

かつての日本では「労働収入」だけで

まったく問題ありませんでした。


海外に比べ雇用が安定していたので

自分が動ける(働ける)うちは

毎月安定的に「お給料」という形でお金が入ってきました。


そのため日本人は「労働収入」以外の収入の方法について

まったくと言っていいほど無頓着です。


日本人の資産構成が「預貯金」に集中していることが

それを表しています。

※30年ほど前は預貯金の金利は高かったので
この資産構成でも、まだ良かったのですが・・・。


華やかな職業でもある芸能人やスポーツ選手は

活躍できる期間は会社員と比較すると短い傾向にあるため


賢い人はしっかりと「資産運用」をしていて

「労働収入」に頼らない方法を構築しています。

つまり、「自ら」が働いて収入を得る「労働収入」ではなく

「お金」が働くことで得る収入を構築しているということです。


資産運用も、いきなり大きな収入にすることは難しいですが

小さな一歩を踏み出すことが

いずれ大きな収入の柱となっていきます。


労働収入「だけ」に頼らない方法を構築してみませんか?

 

美人グラドル熊田曜子が赤裸々告白「私、お金で悩んでるんです…」投資のプロの答えは? 
http://www.mag2.com/p/money/317829

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

充実した一日になりますように。本日もよろしくお願いいたします。

 

***
[PR]
海外銀行口座開設 高金利定期預金 のご案内
成長著しいフィリピンの銀行口座を日本にいながら開設可能
https://goo.gl/8yKKqk  (OWN公式)
https://goo.gl/V6BxrY  (OWN説明HP)

 金利10%超えの定期預金(5年満期)
 フィリピン政府の預金保護機構(PDIC)に加盟するフィリピン政府公認の銀行
 預金保険(ペイオフ)は1名義あたり約100万円まで保護
 OWNbank オウンバンク オウン銀行

***


資産運用 資産形成 節税なら東京西多摩  瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

HP: http://www.aspls.jp/   FB: http://www.facebook.com/3ritsu

 


iDeCo(イデコ)をご紹介!

2018年10月19日 05時51分54秒 | 老後資産設計

資産運用 資産形成 節税 アドバイザー AsuPlus by 三立製作所
東京西多摩 瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

 HP: http://www.aspls.jp/  FB: http://www.facebook.com/3ritsu 

おはようございます。 

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

さて、
数日前にもお話ししましたが

年金受給額は

会社員でシングルなら月14万6,000円、

妻が専業主婦の元会社員夫婦は月21万1,000円、

自営業、フリーランスでシングルの人は6万5,000円

自営業の夫婦は月13万円

といった具合です。

正直ちょっと不安な数字ですよね。


これら公的年金と同じく「年金」と名の付く

通称iDeCo(イデコ)と呼ばれる確定拠出年金が

非常に頼りになりますのでご紹介します。


「年金」なので

様々な税制的優遇、つまり節税メリットがあります。

 →会社員で60歳まで約100万、自営業者は400万円もの節税


「年金」なのに

運用商品を自分で選ぶことが出来ます。

 →投資信託の長期運用で積立額の2倍、3倍も


「年金」なので

受給は60歳以降になります。

 →半強制的に老後資金を形成できる


iDeCo(イデコ)は、

証券会社、銀行、保険会社などの金融機関で始められますが、

ネット証券といわれる証券会社が手数料、手続き面でおススメです。


節税しながら将来のお金を用意していきましょう。


メリットだらけ!じぶん年金「iDeCo」のやさしいはじめ方
・老後破綻しないための~STEP7
https://media.rakuten-sec.net/articles/-/13431

出典: トウシル楽天証券

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

充実した一日になりますように。本日もよろしくお願いいたします。

 

***
[PR]
海外銀行口座開設 高金利定期預金 のご案内
成長著しいフィリピンの銀行口座を日本にいながら開設可能
https://goo.gl/8yKKqk  (OWN公式)
https://goo.gl/V6BxrY  (OWN説明HP)

 金利10%超えの定期預金(5年満期)
 フィリピン政府の預金保護機構(PDIC)に加盟するフィリピン政府公認の銀行
 預金保険(ペイオフ)は1名義あたり約100万円まで保護
 OWNbank オウンバンク オウン銀行

***


資産運用 資産形成 節税なら東京西多摩  瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

HP: http://www.aspls.jp/   FB: http://www.facebook.com/3ritsu

 


年金減少時代にどう対応するか

2018年10月18日 05時50分48秒 | 老後資産設計

資産運用 資産形成 節税 アドバイザー AsuPlus by 三立製作所
東京西多摩 瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

 HP: http://www.aspls.jp/  FB: http://www.facebook.com/3ritsu 

おはようございます。 

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

さて、
資産運用(投資)した場合と

普通預金などに置いておいた場合に

5年、10年と時間がたてばたつほど

差は歴然と開いてくることを昨日お話ししました。


欧米諸国は日本の様に公的年金が充実していないため

国民自ら自分の年金(じぶん年金)を

準備する必要があります。

それがまさしく、ここでいうところと「資産運用」を

することで準備しているのです。


つまり、この欧米式の資産運用をお勧めしています。

日本人が持つ「資産運用」のイメージは

「ギャンブルのようだ」

「リスクがある」

「一部の人がやること」

といったものが大半ですが、


欧米の国民の多くが(ほとんどと言ってもいいかもしれません)

このような資産運用をしているのです。

いまやコーヒー代、ランチ代程度の

わずかな金額から始めることが出来ますので

まずは実践してみることです。


年金減少世代の資産形成はiDeCoとNISAで。投資初心者も今すぐ始めるべき理由
・老後破綻しないための~STEP6
https://media.rakuten-sec.net/articles/-/13108

出典: トウシル楽天証券

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

充実した一日になりますように。本日もよろしくお願いいたします。

 

***
[PR]
海外銀行口座開設 高金利定期預金 のご案内
成長著しいフィリピンの銀行口座を日本にいながら開設可能
https://goo.gl/8yKKqk  (OWN公式)
https://goo.gl/V6BxrY  (OWN説明HP)

 金利10%超えの定期預金(5年満期)
 フィリピン政府の預金保護機構(PDIC)に加盟するフィリピン政府公認の銀行
 預金保険(ペイオフ)は1名義あたり約100万円まで保護
 OWNbank オウンバンク オウン銀行

***


資産運用 資産形成 節税なら東京西多摩  瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

HP: http://www.aspls.jp/   FB: http://www.facebook.com/3ritsu

 


投資と貯蓄のその後の差がありすぎる

2018年10月17日 05時30分10秒 | 老後資産設計

資産運用 資産形成 節税 アドバイザー AsuPlus by 三立製作所
東京西多摩 瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

 HP: http://www.aspls.jp/  FB: http://www.facebook.com/3ritsu 

おはようございます。 

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

さて、
人生100年時代といわれる昨今、

80代、90代まで働くわけにはいかず、

縮小傾向にある公的年金をカバーするために

自ら老後資金を少しでも多く用意する必要があります。


日ごろから取り組みやすい資産形成方法として

銀行等への定期積金などの貯蓄、

投資信託の積立て投資があります。


「貯蓄」および「積立て投資」を続けた場合の

シミュレーションをしてみましょう。


・毎月の積立額5万円

・貯蓄の利率は0.05% ←実勢よりやや高いです!

・投資信託の利回りは5% ←驚くほどの利回りではない!

・いづれも複利で運用

とします。


その結果、なんと

1年目で1万3818円、

10年目で175万2094円もの差が付きました。


その投資額は60万円(1年間)、

600万円(10年間)ですね。


どうですか?

10年という時間はかかりますが

600万円に対し175万円もの利益がでてくるのです。


毎月5万円とは言わず、

100円、500円といった小額から挑戦できます。


気軽に、かつ積極的に

資産運用を取り入れてきましょう!

 

毎月5万円を運用するとどうなる?「投資信託」「貯金」どっちの選択ショー
・老後破綻しないための~STEP4
https://zuuonline.com/archives/189040

出典: ZUU online

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

充実した一日になりますように。本日もよろしくお願いいたします。

 

***
[PR]
海外銀行口座開設 高金利定期預金 のご案内
成長著しいフィリピンの銀行口座を日本にいながら開設可能
https://goo.gl/8yKKqk  (OWN公式)
https://goo.gl/V6BxrY  (OWN説明HP)

 金利10%超えの定期預金(5年満期)
 フィリピン政府の預金保護機構(PDIC)に加盟するフィリピン政府公認の銀行
 預金保険(ペイオフ)は1名義あたり約100万円まで保護
 OWNbank オウンバンク オウン銀行

***


資産運用 資産形成 節税なら東京西多摩  瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

HP: http://www.aspls.jp/   FB: http://www.facebook.com/3ritsu

 


公的年金だけで老後生活をカバーできるか

2018年10月16日 06時16分51秒 | 老後資産設計

資産運用 資産形成 節税 アドバイザー AsuPlus by 三立製作所
東京西多摩 瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

 HP: http://www.aspls.jp/  FB: http://www.facebook.com/3ritsu 

おはようございます。 

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

さて、
当ブログでは将来のための資産づくり(資産形成)について

様々な情報を提供しておりますが、

お客様とお話をしていて

思いのほか将来について楽観的な印象です。

現在、親の世代が年金を受給している40代の方々は

老後を過ごす親を見ていると

特に楽観的に考えているようです。


約20年後に自ら年金を受給する年代になるわけですが、

継続的に受給年齢の引き上げが行われる傾向にあり

また受給金額も減少傾向にあります。


つまり、20年後の年金と現在の年金とは

まったく異なる状況になっていると考えた方が良さそうです。


公的年金の受給額は各個人の状況で様々ですが、

会社員として働いていた人でシングルなら月14万6,000円、

妻が専業主婦の元会社員夫婦は月21万1,000円、

自営業、フリーランスで働いていたシングルの人は6万5,000円

自営業で働いていた夫婦は月13万円といった具合です。


これら年金で不足する生活費などは

何らかの形で自ら用意する必要があります。

永続的に働き続け収入を確保することは困難であるため

現役を引退する頃である年金を受給する年齢までに

準備しておくことが理想です。

そのためには今すぐから

少しずつ対策を取っておくことをおすすめします。


今そこにある老後破綻。公的年金頼りの悲惨な現実
・老後破綻しないための~STEP2
https://zuuonline.com/archives/188953

出典: ZUU online

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

充実した一日になりますように。本日もよろしくお願いいたします。

 

***
[PR]
海外銀行口座開設 高金利定期預金 のご案内
成長著しいフィリピンの銀行口座を日本にいながら開設可能
https://goo.gl/8yKKqk  (OWN公式)
https://goo.gl/V6BxrY  (OWN説明HP)

 金利10%超えの定期預金(5年満期)
 フィリピン政府の預金保護機構(PDIC)に加盟するフィリピン政府公認の銀行
 預金保険(ペイオフ)は1名義あたり約100万円まで保護
 OWNbank オウンバンク オウン銀行

***


資産運用 資産形成 節税なら東京西多摩  瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

HP: http://www.aspls.jp/   FB: http://www.facebook.com/3ritsu

 


老後の資産設計でも新しい知識を積極的に身につけるべき

2018年10月15日 05時51分18秒 | 老後資産設計

資産運用 資産形成 節税 アドバイザー AsuPlus by 三立製作所
東京西多摩 瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

 HP: http://www.aspls.jp/  FB: http://www.facebook.com/3ritsu 

おはようございます。 

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

週末行ったある経済フォーラムで

竹中平蔵氏が講演で話をしていた言葉に


~~~~~

かつては、20年勉強し、40年働き、

そして10年から20年余生を送る

というパターンであったが


いまの様に変化の速い世の中において

社会人になってからも10年ごとに

セミナーにいったり、夜間の大学に通うなど、

それなりに勉強をするような時代が来ている

~~~~~

といったものがありました。

 

老後のための収入や資産構築といった

将来設計においても例外ではなく

人生100年時代といわれるなかで

80歳まで働くなんてことは

すべての人が出来るとは思えません。


世の中が変化すれば、自らのやるべきことも

変化させていかねばなりません。

そのためには新しい知識を積極的に身に付ける

姿勢が大切です。


とにかく不安しかない!人生100年時代、老後資金はどうするつもり?
・老後破綻しないための~STEP1
https://zuuonline.com/archives/188952

出典: ZUU online

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

充実した一日になりますように。本日もよろしくお願いいたします。

 

***
[PR]
海外銀行口座開設 高金利定期預金 のご案内
成長著しいフィリピンの銀行口座を日本にいながら開設可能
https://goo.gl/8yKKqk  (OWN公式)
https://goo.gl/V6BxrY  (OWN説明HP)

 金利10%超えの定期預金(5年満期)
 フィリピン政府の預金保護機構(PDIC)に加盟するフィリピン政府公認の銀行
 預金保険(ペイオフ)は1名義あたり約100万円まで保護
 OWNbank オウンバンク オウン銀行

***


資産運用 資産形成 節税なら東京西多摩  瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

HP: http://www.aspls.jp/   FB: http://www.facebook.com/3ritsu

 


年金の補完はiDeCo(イデコ)とNISA(ニーサ)で

2018年10月12日 05時31分19秒 | 資産形成

資産運用 資産形成 節税 アドバイザー AsuPlus by 三立製作所
東京西多摩 瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

 HP: http://www.aspls.jp/  FB: http://www.facebook.com/3ritsu 

おはようございます。 

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

さて、
昨日ブログで書いたことを話題にしている

記事を見つけました。


つまり、

国が用意している公的年金の限界が見えており

年金の一部は国民自ら用意するように

仕向けられているということです。


それらが近年よく耳にするようになった

「iDeCo(イデコ)」や「NISA」と

大きく関係しています。


税制優遇といった形でお膳立てされているのですが、

「資産運用は苦手」などと言って

これらをやらないのは

自らの老後をつまらないものになる確率を

高めていることになります。


「じっくり」と時間を掛けて

資産を大きく殖やしていきましょう

 

年金制度はもうグラグラ 積立NISAとiDeCoで老後の生活は自分で面倒をみる 
https://manetatsu.com/2018/10/147941/

出典: マネーの達人

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

充実した一日になりますように。本日もよろしくお願いいたします。

 

***
[PR]
海外銀行口座開設 高金利定期預金 のご案内
成長著しいフィリピンの銀行口座を日本にいながら開設可能
https://goo.gl/8yKKqk  (OWN公式)
https://goo.gl/V6BxrY  (OWN説明HP)

 金利10%超えの定期預金(5年満期)
 フィリピン政府の預金保護機構(PDIC)に加盟するフィリピン政府公認の銀行
 預金保険(ペイオフ)は1名義あたり約100万円まで保護
 OWNbank オウンバンク オウン銀行

***


資産運用 資産形成 節税なら東京西多摩  瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

HP: http://www.aspls.jp/   FB: http://www.facebook.com/3ritsu

 


まず「投資」をはじめてみる

2018年10月11日 06時24分46秒 | 長期投資

資産運用 資産形成 節税 アドバイザー AsuPlus by 三立製作所
東京西多摩 瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

 HP: http://www.aspls.jp/  FB: http://www.facebook.com/3ritsu 

おはようございます。 

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

さて、
まえに「投資」を国がバックアップし始めていることを

お話ししました。

預貯金では殖えないことは周知の事実であり

各国の資産構成をみると

日本人だけが預貯金にこだわっていることがわかります。

 

このことはグローバルスタンダードからは

大きく外れており

ごくごく一般的な投資では5~10%で殖やせるのに対し

預貯金は0.01%といった程度です。


また国が「投資」をバックアップする背景には

公的年金の限界の裏返しでもあると考えるべきで

「国民自ら将来を考えてくださいね」と言われているようなものです。


人生100年時代といわれるなか

公的年金制度だけでは貯蓄が底をつきかねません。


日本でも海外と同じく「投資」による老後資金の構築を

目指していくべき時代に突入いたしました。


その「投資」を始めるのに比較的安心できるのは

「投資信託」と呼ばれる金融商品です。

世間に遅れを取らないように、ぜひ挑戦してみましょう。


投資初心者にオススメ?投資信託の特徴とは
https://zuuonline.com/archives/187062

出典: ZUU online

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

充実した一日になりますように。本日もよろしくお願いいたします。

 

***
[PR]
海外銀行口座開設 高金利定期預金 のご案内
成長著しいフィリピンの銀行口座を日本にいながら開設可能
https://goo.gl/8yKKqk  (OWN公式)
https://goo.gl/V6BxrY  (OWN説明HP)

 金利10%超えの定期預金(5年満期)
 フィリピン政府の預金保護機構(PDIC)に加盟するフィリピン政府公認の銀行
 預金保険(ペイオフ)は1名義あたり約100万円まで保護
 OWNbank オウンバンク オウン銀行

***


資産運用 資産形成 節税なら東京西多摩  瑞穂町 AsuPlus by 三立製作所

HP: http://www.aspls.jp/   FB: http://www.facebook.com/3ritsu

 


スライドショー