哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

イスラム帝国の拡大

2016年06月17日 | yyy51侵略する人々


イスラム帝国の拡大は、ローマ帝国の崩壊した後の中東、エジプト、北アフリカ領土(ローマ帝国の属領)など政治的空白地帯で順調に進みましたが、ビザンチン帝国(当時ギリシア、トルコ、バルカン、地中海諸島を支配)など大勢力が健在な地帯では停滞しています。当時のフランク王国も中央ヨーロッパ随一の大勢力であったので、アラブの略奪侵略システムで制覇するには相手が強すぎたということでしょう。フランク王国の覇権に影響されている南フランスでは、(フランクの武力が怖いので)アラブの進軍に協力する現地勢力は少なかった、と推測できます。







拝読ブログ:

オーランド銃乱射事件



拝読ブログ:

ラニはベルモントSに10番枠で挑む。放映予定の日時は? [スポーツの話]



ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イスラムvsヨーロッパの激突 | トップ | アラブ軍団の限界 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
今週の読書は経済書を中心に計8冊! (官庁エコノミストのブログ)
今週の読書は経済書と小説に新書も加えて、以下の8冊です。まだかなり多過ぎる気がしていますが、実は、この週末もかなり予約していた本が図書館に届いてしまいました。来週くらい...