哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

ケチの美しさについて end

2016年02月02日 | yyy49ケチの美しさについて


オッカムのかみそり、と呼ばれる哲学手法は、究極のケチをもって真実とみなす。ケチが美しいとするならば、あるいは、最も美しく作られたありさまがこの世の正体だ、ということかもしれません。■








(49 ケチの美しさについて  end)








拝読ブログ:

ダーウィンの遺産:進化学者の系譜



拝読ブログ:

今週の読書は圧巻だったアトキンソン教授の『21世紀の不平等』ほか計5冊!



ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分を棚に上げて | トップ | スペシャリストの悲しみ begin »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
今週の読書は圧巻だったアトキンソン教授の『21世紀の不平等』ほか計5冊! (官庁エコノミストのブログ)
今週の読書はフィクションの小説はなく、経済書を中心に専門書・教養書を合わせて以下の5冊です。5冊も読めばハズレはありますが、アトキンソン教授の『21世紀の不平等』が圧巻でしたし、ビッグデータをひも解いた『ソーシャル物理学』もとても示唆に富む本でした。 まず...