哲学はなぜ間違うのか

why philosophy fails?

武力の効果について

2016年03月30日 | yyy51侵略する人々


武力が小さいにもかかわらず大きな侵略が実行されたり、逆に武力が大きくても侵略がほとんどできなかったりした例がいくらでもあります。歴史の文献にはその理由を分析したものもありますが、ほとんど具体的な歴史的事実を確認することに観点が置かれていて、武力の効果について一般化を追求している研究は見当たりません。







拝読ブログ:

「読書メモ『暴力批判論』」



拝読ブログ:

びっくりするほどディストピア!『暴走する正義』



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 侵略を可能にする武力 | トップ | その時代その武力は現実 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。